メインメニューを開く

日本赤十字看護大学(にっぽんせきじゅうじかんごだいがく、英語: Japanese Red Cross College of Nursing)は、東京都渋谷区広尾四丁目1番3号に本部を置く日本私立大学である。1986年に設置された。大学の略称は日看大(にっかんだい)。

日本赤十字看護大学
日本赤十字看護大学(広尾キャンパス)
日本赤十字看護大学(広尾キャンパス)
大学設置 1986年
創立 1890年
学校種別 私立
設置者 学校法人日本赤十字学園
本部所在地 東京都渋谷区広尾四丁目1番3号
北緯35度39分13秒 東経139度43分8.2秒 / 北緯35.65361度 東経139.718944度 / 35.65361; 139.718944座標: 北緯35度39分13秒 東経139度43分8.2秒 / 北緯35.65361度 東経139.718944度 / 35.65361; 139.718944
学部 看護学部、さいたま看護学部(2020年4月開設)
研究科 看護学研究科
ウェブサイト 日本赤十字看護大学公式サイト
テンプレートを表示
赤十字の標章

目次

概観編集

大学全体編集

日本赤十字看護大学(にっぽんせきじゅうじかんごだいがく)は、日本赤十字社の関連団体である学校法人日本赤十字学園が設置、運営する看護学部のみを有する4年制大学である。前身は日本赤十字中央女子短期大学1986年に4年制大学に昇格した。

2005年4月には日本赤十字武蔵野短期大学と統合し、キャンパスが広尾武蔵野の2ヶ所になった。現在は武蔵野赤十字病院施設整備事業(改築工事)のため、2020(令和2)年度までは武蔵野キャンパスの一部を休止している。[1]2019年現在、広尾キャンパスが学生の主たる拠点となっている。

2019年7月には文部科学省の認可を受け、2020年4月よりさいたま看護学部を埼玉県さいたま市中央区に開設することになった。[2]

建学の精神編集

建学の精神は赤十字の「人道」にあるとしている。いかなる場合においても一人ひとりの尊厳を守り、人々が有する平和と健康に生きる権利を、看護を通し広く社会に、さらには国際的な分野においても実現するために、看護学に関する専門分野の教育、研究を行うことを目指す、としている。

沿革編集

大学のあゆみ編集

他大学等との協定編集

基礎データ編集

キャンパス編集

広尾キャンパス編集

  • 所在地:東京都渋谷区広尾4丁目1番3号
  • 設置学部・学科:看護学部、看護学研究科(大学院)
  • 近隣・併設施設:日本赤十字社医療センター、日本赤十字社医療センター附属乳児院、日本赤十字社総合福祉センター等が同じ敷地内にある

武蔵野キャンパス編集

  • 所在地:東京都武蔵野市境南町1丁目26番地33号
  • 近隣・併設施設:武蔵野赤十字病院が同じ敷地内にある
  • 備考:現在は実習等の拠点となっている

大宮キャンパス(2020年4月開設)編集

  • 所在地:埼玉県さいたま市中央区上落合8丁目7番19号
  • 設置学部・学科:さいたま看護学部
  • 近隣・併設施設:さいたま赤十字病院が徒歩圏内(約1km)にある

教育および研究編集

組織編集

学部編集

大学院編集

  • 看護学研究科
    • 看護学専攻(修士課程)
    • 国際保健助産学専攻(修士課程)
    • 看護学専攻(博士後期課程)
    • 共同災害看護学専攻(DNGL)(5年一貫制博士課程)
附属機関
  • 看護実践・教育・研究フロンティアセンター

研究編集

学生生活編集

学内奨学金編集

  • 日本赤十字看護大学伊藤・有馬記念基金
    • 学生奨学金(給付)
    • 学生外国留学奨励金(給付)
  • 日本赤十字看護大学同窓会奨学金
    • 保護者会奨学金(給付)
    • 海外留学奨学金(給付)
  • 日本赤十字社奨学金制度
  • (財)日本赤十字社看護師同方会奨学資金

出身者編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集