メインメニューを開く

広尾 晃(ひろお こう、1959年[1]9月29日[2] - )は、野球を専門とする日本のスポーツライター。本名は手束 卓 (てづか たかし)[3]。従兄はスポーツライターの手束仁

ひろお こう
広尾 晃
生誕 手束 卓
(1959-09-29) 1959年9月29日(60歳)
大阪府大阪市
住居 奈良県生駒市
国籍 日本の旗 日本
職業 スポーツライター
活動期間 2012年-
代表作 『プロ野球なんでもランキング 「記録」と「数字」で野球を読み解く』
公式サイト 野球の記録で話したい

来歴編集

大阪府大阪市出身[1]。小学生の頃からプロ野球試合の記録をノートに取るようになり、祖母の家の近くに近畿大学硬式野球部の寮があったことから、学生時代の有藤道世藤原満を知っていた[4]ダイエーに売却されるまで、南海ホークスのファンであった[4]明星高等学校に進学し、自校の出場する全国高等学校野球選手権大阪大会の試合も観戦していた[4]。1学年上にはのちにプロ野球・大洋に入団する山口忠良がいた。浪人生となった1978年秋、母校の野球部員の不祥事関与が発覚。これをきっかけに高校野球やアマチュア野球に不信感を抱く[5]。1983年、立命館大学を卒業[6]

落語が好きだったことから大学時代は落語に没頭し、一般企業への就職を考えることはなかった[7]。大学卒業後、2代目露の五郎の紹介により[7]上方落語協会に入会、マネージャーをしながら雑誌に寄稿していた[6][4]3代目桂春団治の弟子が所属していたことから、南海応援団の活動に参加した経験も持つ。上方落語協会への入会は落語の評論を書くためであったが、落語家の「ダメな部分」を目の当たりにし2年で退職、コピーライターに転職する[7]。1990年~1992年頃にはフットワークをクライアントととして担当[8]。1992年頃にはシーガイアの開発チームにも所属した[9]。1996年頃には大阪府立体育会館における大相撲春場所の懸賞金支払いを担当した[10]。 その後食品流通関係の企業、旅行会社の雑誌編集長を経てIT企業の広告担当取締役となる[6]

この間、自分で架空の野球選手やチームを創作しその記録を書くという趣味から、選手のキャリアSTATSに関心を持つようになり、実在選手の記録調査に熱中する[11]。2006年、産経新聞社のニュースサイト「イザ!」でブログを開始。2009年1月にブログ「MLBをだらだら愛す」を、同年12月に「野球の記録で話したい」をスタートさせ、2011年11月にライブドアに移転[3]、「ブログ奨学金受給対象ブログ」に選ばれる[12]。52歳の時にフリーのライターとなる[6]。2017年時点でブログは「月間で最大100万PVを超」えると報じられている[6]

2012年、livedoor ニュースにてロンドンオリンピックを題材としたコラム「広尾晃の"ハマるぞ!五輪の穴"」を連載するも、8月2日掲載のコラムにおいて、サッカー女子日本代表監督の佐々木則夫南アフリカ戦の試合後記者会見で「引き分け狙い」を表明したことに対し「八百長」と批判[13]。この記事が批判を浴び「炎上」状態となり、謝罪に追い込まれる[14][15]

2017年には埼玉西武ライオンズに招かれ、試合開始前にトークショーを開催した[6]

2012年のインタビューでは「野球は二番目か三番目の趣味」と述べており[11]、寺院巡りの著書も刊行している。

2017年現在は奈良県生駒市に在住[6][16]

ペンネーム「広尾晃」は、小学校時代から使用しており[3]、雑誌「上方芸能」や「落語界」への寄稿時も用いていた。スポーツライターとしての活動も「手束仁との混同を避けるため」という理由で広尾名義で行っている。一方でコピーライターとしての活動は本名で行っていた[17]

コピーライター時代の主な実績編集

いずれも「手束卓」名義。

著書編集

  • 『プロ野球なんでもランキング 「記録」と「数字」で野球を読み解く』イースト・プレス<知的発見!BOOKS>、2013年
  • 『プロ野球解説者を解説する』イースト・プレス、2014年
  • 『もし、あの野球選手がこうなっていたら ~データで読み解くプロ野球「たられば」の世界』オークラ出版、2014年
  • 『巨人軍の巨人 馬場正平』イースト・プレス、2015年
  • 『ふつうのお寺の歩き方』メディアイランド、2015年
  • 『野球崩壊 深刻化する「野球離れ」を食い止めろ』イースト・プレス、2016年
  • 『奈良 徹底的に寺歩き 84ヶ寺をめぐるルート・ガイド』啓文社書房、2017年

脚注編集

  1. ^ a b 著者プロフィール 広尾晃 - Sports Graphic Numberコラム
  2. ^ スポーツ報知 記事 - 野球の記録で話したい
  3. ^ a b c 野球の記録で話したいのプロフィール欄より
  4. ^ a b c d 南海グリーンの青少年時代|広尾晃さんインタビューvol.1 - livedoor News(2012年4月23日)
  5. ^ 高校野球の私的な思い出|野球史 - 野球の記録で話したい 2012年3月17日
  6. ^ a b c d e f g “異色ライター野球離れを嘆く ブログで発信 高知に注目”. 高知新聞. (2017年11月10日). オリジナルの2018年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180821160412/https://www.kochinews.co.jp/article/136727/ 2018年8月21日閲覧。 
  7. ^ a b c 膨れ上がった落語界を勝手に心配する|噺板 - ブログ「59'S 日々是口実」(2014年4月16日)
  8. ^ 「日本会社社会」とプレイヤーズファーストは相いれない - 野球の記録で話したい(2018年8月31日)
  9. ^ 新球団ができるとは、どういうことなのか?改めておさえておく - 野球の記録で話したい(2017年10月14日)
  10. ^ 昔の常識、今の非常識 - 野球の記録で話したい(2016年12月27日)
  11. ^ a b 「野球の記録」へのこだわり|広尾晃さんインタビューvol.2 - livedoor News(2012年4月25日)
  12. ^ これからも「野球の記録で話し」続けたい|広尾晃さんインタビューvol.3 - livedoor News(2012年4月26日)
  13. ^ 「なでしこジャパン」は八百長まがいをしたのだ。 - 広尾晃の"ハマるぞ!五輪の穴"(ライブドアニュース、2012年8月2日)
  14. ^ 私の記事について - (ブログ「59'S 日々是口実」2012年8月3日)
  15. ^ 私の記事について 2 - (ブログ「59'S 日々是口実」2012年8月3日)
  16. ^ “奈良の隠れた名刹紹介 生駒のライター・広尾さんがガイド本”. 産経新聞. (2017年4月7日). https://www.sankei.com/region/news/170407/rgn1704070036-n1.html 2018年12月18日閲覧。 
  17. ^ 不本意な更新 - 野球の記録で話したい 2016年5月20日
  18. ^ その他 - 滋賀のおいしいコレクション - 滋賀県農政水産部 食のブランド推進課
  19. ^ 日生学園入学案内 - 神谷利男デザイン株式会社
  20. ^ マグロ経済学 まぐろ缶 - 神谷利男デザイン株式会社

外部リンク編集