メインメニューを開く
 
広幡豊忠
時代 江戸時代前期-中期
生誕 寛文6年6月26日1666年7月27日
死没 元文2年8月1日1737年8月26日
官位 従一位内大臣
主君 霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 久我家広幡家
父母 父:久我通名、母:西園寺公満の娘
養父:広幡忠幸
兄弟 広幡豊忠広益櫛笥隆兼室、三条公兼室、長松院牧野忠寿[1]伊達村胤
家女房
忠誠忠章忠成長忠小倉宣季室、正親町実連
テンプレートを表示

広幡 豊忠(ひろはた とよただ)は、江戸時代前期から中期の公卿。官位は従一位内大臣

経歴編集

1669年(寛文9年)に久我家から広幡家に養子入りした。先祖の久我晴通近衛家からの養子であり、豊忠は近衛家の血筋を引いていた。養父の広幡忠幸は八条宮智仁親王を父に持つ旧皇族である。そのため広幡家は新家ながら清華家の格式を与えられている家柄であった。1670年(寛文10年)に叙爵し、以降清華家の当主として速いスピードで昇進し、左近衛少将や左近衛中将を経て、1683年(天和3年)には霊元天皇中宮鷹司房子中宮権亮に任命されるとともに従三位となり、公卿に列する。さらにその後権中納言踏歌節会外弁をへて、1692年(元禄5年)に権大納言に就任。1704年(宝永元年)に辞するまでの12年にわたって務めあげた。その後の1710年(宝永7年)にももう一度権大納言に任ぜられ、1720年(享保5年)までの10年にわたって務めた。この間の1719年(享保4年)には右近衛大将、右馬寮御監にも任じられる。1723年(享保8年)2月4日内大臣に就任したが、同月8日に辞職。1726年(享保11年)に従一位に叙された。

1737年(元文2年)、死去。跡を継いだ子の忠誠、忠章、忠成はいずれも早世し、末子の長忠が第6代当主となった。

玄孫の正親町雅子孝明天皇の生母である。

注釈編集

  1. ^ 柳営日次記』では広幡豊忠の娘、『寛政重修諸家譜』では久我通名の娘、『牧野家家譜』では広幡豊忠の妹と史料により、記載表現に相違がある。
先代:
広幡忠幸
広幡家
第2代
次代:
広幡忠誠