メインメニューを開く

広東住血線虫症

消化器や髄膜、視神経を侵す寄生虫による疾患
広東住血線虫から転送)
メス成虫の拡大画像

広東住血線虫症(カントンじゅうけつせんちゅうしょう、英:angiostrongyliasis)とは広東住血線虫(Angiostrongylus cantonensis)の幼虫寄生を原因とする人獣共通感染症

広東住血線虫の終宿主ネズミであり、ネズミから排出された第1期幼虫が中間宿主であるナメクジ類に摂取されると、その体内で第3期幼虫まで発育する。このナメクジ類がネズミに摂取されると第3期幼虫は中枢神経に移動し、第5期幼虫まで発育する。第5期幼虫は肺動脈へと移動して成虫となる。中間宿主が待機宿主に摂取されると第3期幼虫のまま寄生する。

1933年ネズミの血管から見出され命名され、1945年台湾での人体症例が報告された[1]アフリカマイマイに起因すると考えられる発症例の報告もある[2]

疫学編集

太平洋諸島、極東、東南アジア諸国、オーストラリア、アフリカ、インド、インド洋の島々、カリブ海の島々、北米などに広く分布する[2]。日本では、2000年に沖縄県で死者が出ているほか、オーストラリアでは、当時19歳だった男子学生が、友人たちとの悪ふざけでナメクジを食べたことが原因で広東住血線虫症にかかり、8年間の闘病の末に2018年11月2日に死亡した事例がある[3]

アメリカ合衆国ハワイ州では、2018年に10例、2019年5月までに5例と患者数は拡大傾向にある[4]

臨床像編集

ヒトでは中間宿主や待機宿主に汚染された食品の摂取により寄生が成立する。感染から発症までは 12-28日程度とされ[1]、ヒトの体内に侵入した第3期幼虫の多くは中枢神経へと移動し、出血肉芽腫形成、好酸球性脳脊髄膜炎などを引き起こす[2]。第3期幼虫が中枢神経へ移動する理由としては、免疫システムからの回避、成長に必要な脳由来酵素の獲得、槍型吸虫やロイコクロリディウムのような宿主のコントロールといった仮説が挙げられる。

診断編集

虫体抗原を用いて、ELISA法や免疫電気泳動法による血清や髄液中からの抗体検出が行われる。

治療編集

特効薬は無い。好酸球性脳脊髄膜炎に対する対症療法が行われる[2]。プレドニゾロン、グルココルチコステロイドを併用したメベンダゾールの投与が行われる[2]

鑑別疾患編集

重要な鑑別疾患は、有棘顎口虫症嚢虫症肺吸虫症住血吸虫症[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本における広東住血線虫ならびにその感染者の発生状況 国立感染症研究所 病原微生物検出情報 Vol.14 (1993/10[164])
  2. ^ a b c d e f 広東住血線虫症とは 国立感染症研究所 IDWR 2004年第25号
  3. ^ ナメクジ食べて体が麻痺、8年闘病の男性が死亡。人間の脳に感染する「広東住血線虫症」とは?”. HUFFPOST NEWS (2018年11月6日). 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ 観光客など3人が寄生虫に感染、ハワイ島で今年5人目”. CNN (2019年5月28日). 2019年6月10日閲覧。

参考文献編集

  • 高島郁夫、熊谷進編 『獣公衆衛生学 第3版』 文永堂出版 2004年 ISBN 4830031980

関連項目編集

外部リンク編集