メインメニューを開く
 
広橋経光
時代 鎌倉時代中期
生誕 建保元年(1213年
死没 文永11年4月15日1274年5月22日
別名 勘解由小路経光
官位 正二位民部卿権中納言
主君 後鳥羽上皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇亀山天皇後宇多天皇
氏族 広橋家
父母 父:広橋頼資、母:源兼資[1]の娘
兄弟 経光信光世尊寺経朝、頼誉、頼源、兼恵、頼尊、皇后宮内侍
養兄弟:頼円頼舜
藤原親実の娘
兼頼兼仲
テンプレートを表示

広橋 経光(ひろはし つねみつ)は、鎌倉時代中期の公卿勘解由小路 経光とも。権中納言広橋頼資の長男。官位正二位民部卿、権中納言。勘解由小路と号す。日記『民経記』の著者。

経歴編集

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

建保6年(1218年)11月16日、春宮蔵人に補される[2]承久3年(1221年)1月9日、穀倉院学問料。4月20日、蔵人に補される[3]。同年7月9日、蔵人を止められる[4]。承久4年(1222年)1月6日、文章得業生となる[5]。貞応2年1月27日、因幡少掾を兼ねる。2月7日、献策。式部大輔忠倫が問を行った。同月9日に判がある。3月1日、叙爵される。4月7日、治部少輔に任ぜられる。嘉禄2年(1226年)7月7日、昇殿を許される。安貞2年(1227年)4月20日、従五位上に昇叙。9月16日、蔵人に補される。寛喜元年(1229年)10月5日、正五位下に昇叙[6]。寛喜3年(1230年)10月28日、春宮権大進を兼ねる。貞永元年(1232年)10月4日、蔵人に補される[7]

天福元年(1233年)1月28日、右少弁に任ぜられる[8]。治部少輔を止め、蔵人は元の如し。12月15日、右衛門権佐を兼ねる。蔵人と右少弁は元の如し。天福2年(1234年)4月2日、三職(蔵人、右少弁、右衛門権佐)を辞した。嘉禎2年(1236年)2月30日、父・頼資が薨去し喪に服す。5月6日に復任し、12月19日には左少弁に任ぜられる。嘉禎3年(1237年)1月24日、権右中弁に転任し従四位下に昇叙。嘉禎4年(1238年)閏2月27日、右中弁に転任。3月29日には従四位上に昇叙[9]。4月6日、造東大寺長官に補され、同月20日には左中弁に転任。同月29日には卒分等勾当となす。5月23日には左宮城使となす。7月20日には右大弁に転任。造東大寺長官と左宮城使は元の如し。延応元年(1239年)1月24日、阿波権守を兼ねる。同月27日には正四位下に昇叙。11月6日に蔵人頭に補される。

仁治2年(1241年)2月1日、参議に任ぜられ、同日中に左大弁に転任。また同月8日には勘解由長官を兼ねる。10月13日に従三位に叙される。仁治4年(1243年)2月2日、讃岐権守を兼ねる。寛仁2年(1244年)1月5日、正三位に昇叙。宝治元年(1247年)12月8日、権中納言に任ぜられる。宝治2年(1248年)10月29日、権中納言を辞し従二位に昇叙。建長7年(1255年)1月5日、正二位に昇叙。

文応元年(1260年)9月8日、民部卿に任ぜられる[10]文永11年(1274年)4月15日、正二位民部卿に在任のまま薨去。

『民経記』の記者編集

経光が残した日記『民経記』は鎌倉時代の重要資料として知られている。経光15歳の時からの自筆原本が残っていることでも知られるが、藤川功和によると勅撰和歌集、特に『続古今和歌集』成立に関して詳細な記述が伝わっている[11]九条基家が父良経の先例にならって『続古今和歌集』の仮名序を書くよう命が下ったことなど、経光が文学的な側面に詳しかったと藤川は明らかにしている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 従五位下
  2. ^ 懐成親王立坊の日。
  3. ^ 春宮受禅による。
  4. ^ 承久の乱により廃帝のため。
  5. ^ この時、上臈の範氏と俊賢を越えた。
  6. ^ 北白川院御給。
  7. ^ 先帝の蔵人だが、春宮権大進を止めて補される。
  8. ^ 父頼資が権中納言を辞しての挙任である。
  9. ^ 春日大社への行幸時奉仕による賞。
  10. ^ 以後、薨去するまで民部卿の任にあった。
  11. ^ 藤川功和、「藤原経光と『民経記』」

参考文献編集

  • 公卿補任』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※ 仁治2年(1241年)に経光が参議となった時以降の記事。
  • 尊卑分脈』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※「藤原経光」の項。
  • 藤川功和、「藤原経光と『民経記』」、広島大学大学院文学研究科論集 第64巻
  • 本郷和人、『中世朝廷訴訟の研究』、東京大学出版会