メインメニューを開く
 
広橋頼資
時代 鎌倉時代前期
生誕 寿永元年(1182年
死没 嘉禎2年2月30日1236年4月7日
別名 正字:賴資
官位 従二位権中納言
主君 後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
氏族 藤原北家真夏日野家広橋家
父母 父:藤原兼光、母:院慶の娘
兄弟 日野資実藤原長親藤原宣実藤原有兼頼資藤原基長、良兼、覚証、後鳥羽院按察使典侍、宣陽門院左衛門督、姉小路公宣室、葉室宗行室、葉室長宗室、源信定室、一条高能
正室:源兼資の娘
経光信光世尊寺経朝、頼誉、頼源、兼恵、頼尊、皇后宮内侍
養子:頼円頼舜
テンプレートを表示

広橋 頼資(ひろはし よりすけ)は、鎌倉時代前期の公卿藤原北家真夏流(日野家)、権中納言藤原兼光の五男。民部卿藤原光範の後を継いだとされる。広橋家の祖。四辻・勘解由小路とも称する。

経歴編集

儒学に明るく、近衛家に近い立場を取った。元仁元年12月17日(1225年1月27日)に参議に任ぜられ、翌年に権中納言に昇る。嘉禎元年11月7日(1235年12月18日)に出家して翌年に薨去した。熊野信仰に厚く、承元4年(1210年)・建保4年(1216年)・寛喜元年(1229年)の参詣などは日記『頼資卿記』に詳細に残されているほか、公私合わせて20回以上の熊野参詣が知られている。

系譜編集

  • 父:藤原兼光
  • 母:法印院慶または院尚の娘
  • 妻:従五位下源兼資の娘
  • 生母不明の子女
    • 男子:世尊寺経朝(1215-1276) - 世尊寺行能の養子。
    • 男子:頼誉(?-1280)
    • 男子:頼源
    • 男子:兼恵(?-?)
    • 男子:頼尊
    • 女子:皇后宮内侍
    • 養子:頼円(?-?)
    • 養子:頼舜 - 実は頼全の子。
先代:
  -  
広橋家当主
初代
次代:
広橋経光