廣田 和民(ひろた やすたみ、1922年大正11年)5月5日 - 2008年平成20年)5月10日)は、元日本陸軍軍人。最終階級は陸軍主計少佐

経歴編集

北海道旭川市出身。父の転勤の関係で旭川市で出生するが、その後地元栃木県宇都宮市で育つ。士族。祖父は宇都宮藩士。父と二代ともに帝国陸軍士官

旧制栃木県立宇都宮中学(現宇都宮高校)を経て陸軍経理学校に進学。ラバウルフィリピンインドシナ各地を転々とし、ボルネオ島にて終戦。終戦時階級は陸軍主計少佐。

終戦直後、オーストラリア軍に投降、同軍収容所にて捕虜生活を送り、翌年1946年(昭和21年)に復員