廣田彩花

日本の女性バドミントン選手

廣田 彩花(ひろた さやか、Sayaka Hirota1994年8月1日 - )は、日本の女子バドミントン選手である。所属はアメリカンベイプ岐阜。ダブルスでペアを組んでいるのは福島由紀で、メディアでは「フクヒロペア」と報道されることが多い。

廣田 彩花
基本情報
生年月日 (1994-08-01) 1994年8月1日(27歳)
性別 女性
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県玉名郡菊水町
(現・和水町
身長 170㎝
選手情報
主な戦績
世界ランク(最高) 1位
経歴
所属 アメリカンベイプ岐阜
獲得メダル
女子バドミントン
世界選手権
2017 グラスゴー 女子ダブルス
2018 南京 女子ダブルス
2019 バーゼル 女子ダブルス
スディルマンカップ
2019 南寧 混合団体
ユーバー杯
2018 バンコク 女子団体
アジア大会
2018 ジャカルタ 女子団体
2018 ジャカルタ 女子ダブルス
アジア選手権
2018 武漢 女子ダブルス
2019 武漢 女子ダブルス
アジア団体選手権
2018 アロースター 女子団体
2020 マニラ 女子団体
2019年5月13日現在

人物編集

熊本県玉名郡菊水町(現・和水町)出身。和水町立菊水中学校玉名女子高等学校卒業。高校の同級生に3時のヒロインゆめっちがいる。

家族がバドミントンをやっていたことから、小学校入学前より自身もその影響を受け、地元のジュニアチームでバドミントンを始める[1]。小学校6年次には第15回全国小学生バドミントン選手権大会(2007年1月)に熊本県代表として出場している[2]

2010年、玉名女子高等学校普通科総合コースに進学[3]。高校2年次(2011年)の全国高等学校総合体育大会青森県弘前市)では熊本県代表として出場、女子シングルスではベスト8に進出するも、後に自身のパートナーとしてダブルスのコンビを組むことになる1学年上の福島由紀青森山田高等学校)と対戦して敗北を喫している[4]

2013年、高校生として最後の公式大会となった3月の熊本県総合バドミントン選手権女子シングルスでは、実業団のルネサス テクノロジの選手3人を決勝トーナメントで次々と下して優勝を果たす[5]。同年4月にルネサス テクノロジに入社し、地元熊本を本拠とした同社のバドミントン部所属選手となる。

2014年、第69回国民体育大会バドミントン競技ではルネサスのチームメートである福島由紀、伊東可奈英語版と共に熊本県代表として出場、大会優勝を果たした[1][6]

2015年、ルネサス本社の経営合理化の一環として同社のバドミントン部が再春館製薬所に譲渡されたことにより[7][8]。同年には日本B代表として福島とのコンビでグランプリ大会シリーズのスコットランドオープン英語版に女子ダブルスに出場し、国際大会での優勝を飾る[9]

2016年には福島とのコンビでニュージーランドオープン英語版女子ダブルスに出場して優勝し[10]、年末の全日本総合バドミントン選手権大会では権藤公平英語版トナミ運輸)とのコンビで混合ダブルス英語版に出場、嘉村健士米元小春北都銀行)組を相手に敗れて準優勝となった[11]

2017年、福島とのコンビでバドミントンスーパーシリーズのマレーシア・オープン女子ダブルスに出場し、黄雅瓊英語版湯金華英語版組(中華人民共和国)に2-1で勝利し、スーパーシリーズ大会初制覇を飾った[12]。そして同年の世界選手権では福島とのコンビで補欠繰り上がりという形で女子ダブルスに出場し、トーナメントを勝ち上がって日本選手として1977年の第1回世界選手権以来40年ぶりとなる決勝戦へ進出、陳清晨中国語版賈一凡中国語版(中華人民共和国)組を相手にセットカウント1-2で敗れたものの、40年ぶりにこの種目のメダルを獲得した[13]

2021年6月18日の代表合宿の際に右膝前十字靭帯断裂の重傷を負った。手術を要する怪我であったが、不幸中の幸いで半月板内側側副靭帯外側側副靭帯等の損傷や骨挫傷がなかったことから、オリンピックへ出場するために手術を回避した。治療とリハビリにより、2週間は練習ができなかった[14]2020年東京オリンピックバドミントン女子ダブルスに福島とペアを組んで、右膝にサポーターを巻いて出場し、1次リーグを2勝1敗で決勝トーナメントに進出した[15]。準々決勝で中国の陳清晨英語版賈一凡英語版組にセットカウント1-2で逆転負けし準決勝進出はならなかった[16]。試合後には対戦相手からの気遣いに感謝し、コート上で涙を流した[17]

オリンピックでの競技終了後の2021年8月6日に右膝の手術を受け、成功したことをパートナーの福島が自身のTwitterで報告した[18]

脚注編集

  1. ^ a b “広報なごみ 2014年12月号 バドミントンで、国民体育大会優勝! ~和水町出身の廣田彩花さん~” (日本語) (!PDF) (プレスリリース), 熊本県玉名郡和水町, (2014年11月28日), p. 4, http://www.town.nagomi.lg.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=700&sub_id=1&flid=3163 2017年9月4日閲覧。 
  2. ^ 第15回全国小学生バドミントン選手権大会 (PDF) 日本バドミントン協会
  3. ^ ~廣田彩花さんバドミントン世界選手権で銀メダル~ 玉名女子高等学校公式サイト
  4. ^ 平成23年年度全国高等学校総合体育大会バドミントン競技大会 (PDF) 日本バドミントン協会
  5. ^ 【バドミントン】県総合選手権 女子単は廣田、男子は○○がV 熊本日日新聞 2013年3月11日
  6. ^ 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体」 優勝報告会 熊本県体育協会
  7. ^ ルネサスバドミントン部移管のお知らせ ルネサス エレクトロニクス株式会社 2014年08月07日
  8. ^ バドミントンの強豪ルネサス、再春館製薬所に部を譲渡 日本経済新聞 2014年8月7日、チームごと全体移籍の形で新たに結成されたくまもと再春館製薬所バドミントンチームのメンバーとなる
  9. ^ 福島由紀&廣田彩花がグランプリ大会で優勝! スコットランドOP 大会結果 Badminton SPIRIT 2015年11月24日
  10. ^ 福島、広田組が優勝 ニュージーランド・オープン/バドミントン サンケイスポーツ 2016年3月27日
  11. ^ 第70回 全日本総合選手権大会 12月4日(日)決勝 日本バドミントン協会
  12. ^ 福島、広田組が初制覇!準決勝ではタカマツ破る/バドミントン サンケイスポーツ 2017年4月9日
  13. ^ 福島由紀&広田彩花“フクヒロ・ペア”繰り上がり出場から女子複銀メダル スポーツ報知 2017年8月28日
  14. ^ 前十字じん帯断裂の廣田 大会直後に手術へ”. 日テレNEWS24 (2021年7月27日). 2021年8月8日閲覧。
  15. ^ 世界ランク1位・フクヒロ、要手術の膝痛抱えながらも連勝で決勝T進出<バドミントン女子ダブルス>”. 東京新聞 (2021年7月25日). 2021年8月8日閲覧。
  16. ^ “バド女子の福島、広田組が準々決勝敗退”. 岩手日報. https://www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/2021/7/29/727994 2021年7月29日閲覧。 
  17. ^ バドミントンで心温まる交流 敗れたフクヒロ「うれしかった」中国ペアの気遣いに感謝”. 西日本スポーツ (2021年7月29日). 2021年8月8日閲覧。
  18. ^ 福島由紀 オフィシャル [@FUKUSHIMAYUKI3] (2021年8月9日). "お疲れ様!リハビリ頑張って" (ツイート). Twitterより2021年8月15日閲覧

外部リンク編集