アジアバドミントン選手権大会

アジアバドミントン選手権大会 (Badminton Asia Championships、Asian Badminton Championships) はアジアバドミントン連盟(BAC)により開催されているバドミントンの国際大会。1962年第1回大会が開催され、1991年からは毎年開催されている。

開催地編集

開催地 開催国
1962 I クアラルンプール   マレーシア
1965 II ラクナウ   インド
1969 III マニラ   フィリピン
1971 IV ジャカルタ   インドネシア
1976 V ハイデラバード   インド
1983 VI コルカタ   インド
1985 VII クアラルンプール   マレーシア
1987 VIII スマラン   インドネシア
1988 IX バンダールランプン   インドネシア
1989 X 上海   中国
1991 XI クアラルンプール   マレーシア
1992 XII クアラルンプール   マレーシア
1993 XIII 香港   香港
1994 XIV 上海   中国
1995 XV 北京   中国
1996 XVI スラバヤ   インドネシア
1997 XVII クアラルンプール   マレーシア
1998 XVIII バンコク   タイ
1999 XIX クアラルンプール   マレーシア
2000 XX ジャカルタ   インドネシア
開催地 開催国
2001 XXI マニラ   フィリピン
2002 XXII バンコク   タイ
2003 XXIII ジャカルタ   インドネシア
2004 XXIV クアラルンプール   マレーシア
2005 XXV ハイデラバード   インド
2006 XXVI ジョホールバル   マレーシア
2007 XXVII ジョホールバル   マレーシア
2008 XXVIII ジョホールバル   マレーシア
2009 XXIX 水原   韓国
2010 XXX ニューデリー   インド
2011 XXXI 成都   中国
2012 XXXII 青島   中国
2013 XXXIII 台北   中華民国
2014 XXXIV 金泉   韓国
2015 XXXV 武漢   中国
2016 XXXVI 武漢   中国
2017 XXXVII 武漢   中国
2018 XXXVIII 武漢   中国
2019 XXXIX 武漢   中国
2020 XL マニラ   フィリピン

優勝者編集

個人戦編集

男子シングルス 女子シングルス 男子ダブルス 女子ダブルス 混合ダブルス
2019   桃田賢斗   山口茜   遠藤大由
  渡辺勇大
  陳清晨
  賈一凡
  王懿律
  黄東萍
2018   桃田賢斗   戴資穎   李俊慧
  劉雨辰
  福島由紀
  廣田彩花
  王懿律
  黄東萍
2017   諶龍   戴資穎   李俊慧
  劉雨辰
  高橋礼華
  松友美佐紀
  魯愷
  黄雅瓊
2016   リー・チョンウェイ   王儀涵   李龍大
  柳延星
  高橋礼華
  松友美佐紀
  張楠
  趙芸蕾
2015   林丹   ラチャノック・インタノン   李龍大
  柳延星
  馬晋
  唐淵渟
  タトウィ・アーマド
  リリヤナ・ナトシール
2014   林丹   成池鉉   申白喆
  柳延星
  駱贏
  駱羽
  李晋熙
  周凱華
2013   杜鵬宇   王儀涵   高成炫
  李龍大
  王暁理
  于洋
  高成炫
  金荷娜
2012   陳金   李雪芮   金基正
  金沙朗
  田卿
  趙芸蕾
  張楠
  趙芸蕾
2011   林丹   王儀涵   蔡贇
  傅海峰
  王暁理
  于洋
  張楠
  趙芸蕾
2010   林丹   李雪芮   曹建雨
  柳延星
  潘攀
  田卿
  チャン・ペンスン
  ゴー・リューイン
2009   鮑春来   朱琳   マルキス・キド
  ヘンドラ・セティアワン
  馬晋
  王暁理
  李龍大
  李孝貞
2008   朴成奐   蒋燕皎   鄭在成
  李龍大
  楊維
  張潔雯
  フランディ・リンペレ
  ビタ・マリッサ
2007   タウフィック・ヒダヤット   蒋燕皎   チューン・タンフック
  リー・ワンワー
  楊維
  趙婷婷
  何漢斌
  于洋
2006   リー・チョンウェイ   王晨中国語版   チューン・タンフック
  リー・ワンワー
  于洋
  杜婧
  ノバ・ウィディアント
  リリヤナ・ナトシール
2005   ソニー・ドゥイ・クンコロ   王晨中国語版   マルキス・キド
  ヘンドラ・セティアワン
  李孝貞
  李敬元
  スッケー・プラパカモル
  サラリー・ トゥントーンカム
2004   タウフィック・ヒダヤット   全在娟   シギット・ブディアルト
  Trikus Haryanto
  李孝貞
  李敬元
  金東文
  羅景民
2003   ソニー・ドゥイ・クンコロ   王晨中国語版   李東秀
  柳鏞成
  羅景民
  李敬元
  ノバ・ウィディアント
  ビタ・マリッサ
2002   ソニー・ドゥイ・クンコロ   周蜜   河泰權
  金東文
  張潔雯
  楊維
  張軍
  高崚
2001   夏煊澤   張寧   バンバン・スプリアント
  Trikus Haryanto
  高崚
  黄穂
  金東文
  羅景民
2000   タウフィック・ヒダヤット   謝杏芳   レキシー・マイナキー
  トニー・グナワン
  李孝貞
  林敬珍
  Bambang Suprianto
  Minarti Timur
1999   陳宏   葉釗穎   河泰權
  金東文
  葛菲
  顧俊
  金東文
  羅景民
1998   陳剛   葉釗穎   Kang Kyung-jin
  河泰權
  葛菲
  顧俊
  金東文
  羅景民
1997   孫俊   Yao Yan   Denny Kantono
  Antonius Ariantho
  Liu Zhong
  Huang Nanyan
  Zhang Jun
  Liu Lu
1996   ジェファー・ロソビン   龔智超   Ade Sutrisna
  チャンドラ・ウィジャヤ
  Eliza Nathanael
  Finarsih
  Trikus Heryanto
  Lili Tampi
1995   朴星宇   葉釗穎   Cheah Soon Kit
  Yap Kim Hock
  葛菲
  顧俊
  Liu Jianjun
  葛菲
1994   フー・コッキョン   葉釗穎   Chen Kang
  Chen Hongyong
  葛菲
  顧俊
  Chen Xingdong
  Sun Man
1992   ラシッド・シデク   葉釗穎   Razif Sidek
  Jalani Sidek
  Wu Yuhong
  Pan Li
  Joko Mardianto
  Sri Untari
1991   ラシッド・シデク   Yuliani Santoso   朴柱奉
  金文秀
  黄恵英
  Chung So-young
  朴柱奉
  Chung Myung-hee

団体戦編集

男子団体は1962年から1993年まで行われていた。2016年にアジアバドミントン連盟(BAC)は、トマス杯ユーバー杯のアジア予選を兼ねた新たな男子団体と女子団体の選手権を創設することを決定した。[1] 他に新たな男女混合方式である、アジア混合団体選手権が2017年に開始された。[2]

男子団体
1993   インドネシア
1989   中国
1987   中国
1985   中国
1983   中国
1976   インドネシア
1971   インドネシア
1969   インドネシア
1965   マレーシア
1962   マラヤ連邦

アジア団体選手権編集

開催地 開催国 男子団体 女子団体
2018 アロースター   マレーシア   インドネシア   日本
2016 ハイデラバード   インド   インドネシア   中国

アジア混合団体選手権編集

開催地 開催国 混合団体
2017 ホーチミン   ベトナム   日本

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Hyderabad to host Asia Team Badminton”. The Hans India. 2017年2月21日閲覧。
  2. ^ 14 Teams for the Inaugural Robot Badminton Asia Mixed Team Championships”. Badminton Asia. 2017年2月21日閲覧。

外部リンク編集