メインメニューを開く

廬原国造(いおはらのくにみやつこ・いおはらこくぞう)は駿河国西部を支配した国造。五百原国造とも。

廬原国造
No image available.svg
本姓 廬原
廬原朝臣
家祖 稚武彦命
孝霊天皇皇子
種別 皇別海神族とも)
出身地 大和国
主な根拠地 駿河国廬原郡
著名な人物 廬原臣
支流、分家 吉備氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

先代旧事本紀』「国造本紀」に廬原国造とあり、他に庵原国造とも表記される。

祖先編集

氏族編集

廬原氏(いおはらうじ、)で、五百原君とも表記した。後に朝臣を賜った者もいる。

本拠編集

国造の本拠は不明。ただし清水区には庵原町などの地名が現存しており、周囲に廬原地域最高級の古墳がある。

支配領域編集

国造の支配領域は当時廬原国と呼ばれていた地域。後の廬原郡駿河国の一部。現在の静岡市清水区を中心として、富士川大井川に挟まれた範囲とされる。

氏神編集

不明。

編集

子孫編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社
  • 『神道大辞典』(臨川書店
  • 『日本史総覧』(新人物往来社