建内記

建内記』(けんないき)は、室町時代の公卿万里小路時房の日記。「けんだいき」とも読まれる。書名は時房の法号である「建聖院」と、時房の極官である内大臣に由来。後世の人が時房の日記を「建聖院内府記」と呼び、この呼称が略されて「建内記」の呼称が定着した。「満済准后日記」「薩戒記」「看聞日記」と並び、室町時代中期の日記を代表する。

記述は1414年応永21年)から1455年康正元年)まで及ぶが、現在する記述は断片的である。1429年永享元年)から1449年宝徳元年)の20年分の記述が、最も欠落が少なく、現存状態が良好とされる。筆者時房は南都伝奏勧修寺氏長者などを担当し、幕府とも密接な関係にあった。そのため、伝奏、氏長者としての仕事や、幕府、公武関係の動向に関する記述が豊富。将軍足利義教が横死した嘉吉の乱嘉吉の徳政一揆の経緯についても詳らかに記述する。また万里小路家が保有する荘園が年貢滞納のために武士、商人、僧侶らに代官請に移行しなければならなくなった経緯など、社会経済に関する記述が多い。これは公家の日記の中でも特色とされ、室町中期の社会経済史研究に有益な情報を提供する。

時房の死後、日記は実子の冬房甘露寺家から養子に入った春房、さらに勧修寺家から養子に入った賢房の手に渡り、賢房の実父である勧修寺教秀の所有するところとなっていた。中御門宣胤1489年延徳元年)の日記から、この時教秀が『建内記』を所有していたことが確認される。

その後、どのようにして伝来したのかは不明。伝来する過程で散逸、欠落もあった。最終的には伏見宮菊亭家の手に渡ったらしく、伏見本は宮内庁書陵部に、菊亭本は京都大学付属図書館に所蔵されている。

参考文献編集