建御名方彦神別命

建御名方彦神別命(たけみなかたひこかみわけのみこと)は、民間伝承諏訪信仰)の

建御名方彦神別命

神祇 国津神
全名 建御名方彦神別命
別名 彦神別命、健御名方彦神別命、武水別命
建御名方神または健志名乃命
八坂刀売神または妻科姫命
配偶者 多津若姫命多留比売命
庭津女神馬背神八須良雄命知努命沙南豆良姫命武彦根命
神社 健御名方富命彦神別神社など
関連氏族 千野氏諏訪氏洲羽国造
テンプレートを表示
鳥居
額「健御名方富命彦神別神社」は有栖川宮幟仁親王の筆。

概要編集

延喜式』神名帳に記載される信濃国水内郡式内社名神大社)・健御名方富命彦神別神社の祭神とされ、建御名方神の長子と伝わる[1]

文献では、持統天皇5年(691年)に天皇の命で信濃国に「水内神」を祀らせたとする記述[2]があり、これが文献上初見とされる。『延喜式』神名帳に「水内神」の記載はないが、上記の通り健御名方富命彦神別神社が水内郡唯一の大社であることから、この「水内神」は健御名方富命彦神別神社を指すと考えられている。

一般に建御名方神と八坂刀売神御子神とされるが、『諸系譜』第十三冊では武水別命の別名とされ、健志名乃命[注釈 1]妻科姫命妻科神社祭神)の子とされる[4]

明確に建御名方彦神別命を祀る神社は健御名方冨命彦神別神社 (長野市信州新町)だけであるが、健御名方富命彦神別神社 (飯山市)では御子神6柱を祀っている。

系譜編集

建御名方神八坂刀売神を娶って生んだ子で、御子神に庭津女神馬背神八須良雄命知努命沙南豆良姫命(一説に佐那都良雄命)、武彦根命がいる。

また伊豆早雄命の子・健志名乃命妻科姫命を娶って生んだ御子神で、多津若姫命多留比売命を娶り、子に別水彦命がいるとされる。

後裔氏族編集

別水彦命の後裔は諏訪氏洲羽国造)、木蘇国造守矢氏になったとされ[5]、また智弩神(智努命)の後裔は千野氏になったとされる[注釈 2]

祀る神社編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 式外社の蓼科神と別神か[3]
  2. ^ 千野川明神 昭和四十年十一月十八日建立 齋神 智弩神 春祭三月二十六日・秋祭十月十五日 神系 建御名方命 御名方彦神別命 智弩神 茅野村ノ遠祖ニシテ茅(千)野氏ノ苗字懸明神ナリ...[6]

出典編集

  1. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、14頁。
  2. ^ 『日本書紀』持統天皇5年8月23日条。
  3. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、24頁。
  4. ^ 中田憲信「諏訪氏」『諸系譜』第十三冊
  5. ^ 中田憲信「諏訪氏」『諸系譜』第十三冊
  6. ^ 茅野光英寄進「千野川明神跡(石碑)」、昭和40年。

関連項目編集