武美名別命
時代 上古弥生時代
生誕 不明
死没 不明
別名 武水別大神、武水別命、彦別命、健御名方彦神別命
氏族 諏訪氏洲羽国造祖)
父母 父:健志名乃命、母:妻科媛命、一説:諏訪神建御名方刀美命
兄弟 庭津女命麻背命八須良雄命武彦根命智弩命沙南豆良雄命
多津若媛命多留媛命
武美名別彦命または別水彦命または武彦根命
特記
事項
従二位武水別神社樋知大神社祭神
テンプレートを表示

武美名別命(たけみなわけのみこと)は、古代日本の人物で諏訪氏の遠祖。

概要編集

延喜式』巻9・10の神名帳に記載される東山道信濃国更級郡の「武水別神社」に比定される式内社論社・武水別神社の祭神として知られる武水別大神(たけみずわけのおおかみ)と同神であると考えられる。『修補諏訪氏系図』においては建御名方神の3世孫・健志名乃命の子とされ、兄弟に彦別命がいると伝わる[1]

一方同じ武水別神社論社の樋知大神社の社伝では、諏訪神建御名方刀美命の第二子[注釈 1]と伝わる。また『諸系譜』では建御名方彦神別命の別名で、健志名乃命の子、別水彦命の父とされる[2]

元は聖山の上に鎮座し、後世に現在の鎮座地に遷祀したとされる。聖山は水源が豊富であり、その南流は松本平へ注ぎ、北流は善光寺平へと注がれ、両地の田畑を潤したため、水別神として祀られたものであり、『古事記』に伝わる水分神とは別神とされる[3]

なお仲国造の祖である、神八井耳命の5世孫・健借間命(たけかしまのみこと)の子にも武水別命がいる。

貞観八年に従二位を賜る[4]

系譜編集

『諸系譜』第十三冊所載の「諏訪氏」系図や『諸系譜』第二十八冊所載の「神氏」系図の一つでは建御名方神の三世孫、『修補諏訪氏系図』では建御名方神の四世孫とされ、いずれも父は健志名乃命とされる。一方『諸系譜』第六冊所載の「神氏」系図や、上記系図とは別の同二十八冊所載の「神氏」系図では建御名方神の子としており[5][6] 、樋知大神社でも建御名方神の第二子とされる。

子を武美名別彦命とする系図[7]や別水彦命とする系図[8][9]、武彦根命とする系図[10]がある。

『修補諏訪氏系図』に従えば歴代としては「建御名方神伊豆早雄命箭津安賀多命健志名乃命武美名別命 ー 武美名別彦命」となる[11]

後裔に洲羽国造(後の諏訪氏)、木蘇国造がいる。

祀る神社編集

参考文献編集

文献編集

  1. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、23、24頁。
  2. ^ 中田憲信「諏訪氏」『諸系譜』第十三冊。
  3. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、43頁。
  4. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、24頁。
  5. ^ 中田憲信「神氏」『諸系譜』第六冊。
  6. ^ 中田憲信「神氏」『諸系譜』第二十八冊。
  7. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、23、24頁。
  8. ^ 中田憲信「諏訪氏」『諸系譜』第十三冊。
  9. ^ 中田憲信「神氏」『諸系譜』第二十八冊。
  10. ^ 中田憲信「神氏」『諸系譜』第二十八冊。
  11. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、15、23、24頁。

脚注編集

  1. ^ 通常は出早雄命とされる。

関連項目編集