メインメニューを開く

式場の微笑』(しきじょうのびしょう)は、松本清張短編小説。『オール讀物』1975年9月号に掲載され、1977年9月に短編集『馬を売る女』収録の1作として、文藝春秋より刊行された。

1975年にテレビドラマ化されている。

あらすじ編集

資格マニアの杉子は、英語・珠算など様々な資格を取得していた。和服の着付も勉強し、あと少しで上位資格が取れそうになっていたが、他方、結婚からは縁遠くなっていた。同級生の浜井祥一郎から、結婚披露宴の案内状を受けた杉子は、宴席に集まる女性の和服姿が自分の参考になるかと考え、披露宴に足を運ぶ。

ロビーで談笑する人々を観察していた杉子は、ふいに40歳前後の中年男と視線が合った。その男は一瞬ためらいを見せたが、すぐに目尻に皺を寄せて微笑した。杉子はその男の微笑の意味がわからず、落ち着かない気持ちになる。やがて新郎新婦が現れ、招待客に会釈していたが、新婦・真佐子と杉子の眼が合ったとき、真佐子の眼が急に大きく拡がり、ショックを受けたように杉子を凝視した。杉子の記憶が甦った。

一昨年の暮れ、着付教室でアルバイトの話が来た。成人式の日に、振袖の着付をするため、「旅館」へ出張してほしいというのだが…。

テレビドラマ編集

式場の微笑
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『式場の微笑』
脚本 砂田量爾
監督 坂崎彰
出演者 十朱幸代ほか
プロデューサー 石井ふく子
制作 TBS
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1975年11月16日
放送時間 21:00 - 21:55
放送枠 日曜劇場
テンプレートを表示

1975年11月16日TBS系列の「東芝日曜劇場」枠(21:00-21:55)にて放映。視聴率20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
TBS系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
十一月の恋
(脚本:松山善三)
(1975.11.9)
式場の微笑
(1975.11.16)
ながれ藻
(脚本:新藤兼人)
(1975.11.23)