渡辺文雄 (俳優)

日本の俳優・タレント・エッセイスト(1929−2004)

渡辺 文雄(わたなべ ふみお、1929年10月31日 - 2004年8月4日)は、日本俳優タレントエッセイスト東京市神田区東松下町(現・東京都千代田区神田東松下町)生まれ。

わたなべ ふみお
渡辺 文雄
渡辺 文雄
日本侠客伝シリーズ 第8作『日本侠客伝 絶縁状』(1968年)予告編
生年月日 (1929-10-31) 1929年10月31日
没年月日 (2004-08-04) 2004年8月4日(74歳没)
出生地 東京市神田区東松下町
(現・東京都千代田区神田東松下町
国籍 日本
職業 俳優タレントエッセイスト
ジャンル 映画テレビドラマ
バラエティ番組
主な作品
青春残酷物語』(1960年)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

旧制第二東京市立中学校(東京都立上野高等学校の前身)から旧制静岡高校静岡大学の前身)を経て[1]1954年東京大学経済学部を卒業し、電通に入社。翌年に電通から松竹に出向。1956年、出向先の松竹で小林正樹監督の映画『泉』に出演したことがきっかけで役者デビュー[2]。その後電通を退社して松竹の専属俳優となる。この頃は、端整な顔立ちを生かしたヒロインの相手役が多かったが、本人はそれが嫌だったという。1961年大島渚小山明子らとともに松竹を退社し、創造社の結成に参加。以後、大島作品の常連俳優となる。1960年代後半から1970年代前半にかけて多くの東映ヤクザ映画悪役として出演。仁義知らずの現代インテリヤクザの役が多かった。

くいしん坊!万才』の初代リポーターとしても知られ、お茶の間にも広く顔が知れ渡るようになる[注釈 1]。当初、「男が食い物のことでグダグダ言うんじゃない!」という意見も少なからずあり、渡辺は「じゃあ、グダグダ言ってやる!」という気持ちをもちつつ、持ち前の知性を生かしながら料理の旨さを伝わるようにし、長寿番組の礎を築き上げたという。読売テレビの『遠くへ行きたい』のリポーターとしても知られ、2013年現在も同番組最多出演者[3]の座にある。これらの番組出演の経験を踏まえたエッセイも執筆しており、多くの著書がある。日本エッセイストクラブ会員。

2001年7月に飛騨・世界生活文化センター岐阜県)の館長に就任。最晩年まで『遠くへ行きたい』や日本テレビの『おもいッきりテレビ』のゲストコメンテーター等、その知性を生かして多方面で活躍していたが、亡くなる約2か月前に体調不良を訴え入院。その際に肝臓癌であることが分かったが、入院から2週間後には意識混濁を起こすなど既に病状は末期症状を起こしており手の施しようがなかった。2004年8月4日急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去。74歳没。

妻は東京・赤坂の料亭『口悦』の女将[4]渡辺純子。渡辺の死後も経営を続け、赤坂に残る数少ない昔ながらの料亭の一つとして親しまれたが、デジタルガレージの関連不動産会社ケィ・ジー3(代表・林郁)に売却し、2017年3月に閉店した[4]

栃木県知事を務めた政治家の渡辺文雄は同姓同名の別人で血縁関係も全くないが、両者とも1929年生まれかつ東京大学を卒業していることから混同されることがある。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

吹き替え編集

ドラマ以外(バラエティ・クイズ・情報番組など)編集

CM編集

著書編集

  • 『渡辺文雄のくいしん坊!万才』毎日新聞社, 1976 「渡辺文雄のくいしん坊旅行」(旺文社文庫) 1984.1
  • 『渡辺文雄のないす・がいど』武揚堂, 1977.11
  • 『渡辺文雄の続くいしん坊!万才』毎日新聞社, 1977.5 「渡辺文雄のごちそう手帖」(旺文社文庫) 1984.2
  • 『渡辺文雄の旅から旅へ』(芙蓉ブックス) 芙蓉書房, 1977.7 旺文社文庫) 1983.7
  • 『あの味この味・ふる里隠れ味』作品社, 1981.10
  • 『百歩百味・日本の味』作品社, 1981.2
  • 『美味は海にあり』講談社, 1982.10
  • 『風景・三六〇度』花曜社, 1984.9
  • 『甘口辛口・足まかせ』花曜社, 1985.9 広済堂文庫 1987.2
  • 『人間が大好きだ テレビ的人生論カタログ』講談社, 1986.3
  • 『小さなつむじ風 旅・食・人』ぎょうせい, 1987.5
  • 『江戸っ子は、やるものである。』みずうみ書房, 1988.7 (PHP文庫) 1995.1
  • 『地酒で乾杯 とちぎに生きる』ぎょうせい, 1990.12
  • 『渡辺文雄のおいしい魚の話』リバティ書房, 1990.5
  • 『「日本の味」雑学おもしろ話』 (知的生きかた文庫) 三笠書房, 1991.2
  • 『美味・列島縦断 本物を求めて』(ベジタブックス) Vegeta編集部 企画・編集. 誠文堂新光社, 1991.3
  • 『舌つづみ各駅停車 こんなところにこんな味』主婦と生活社, 1992.10 グルメ文庫 角川春樹事務所, 2004.10
  • 『味な旅があるものだ 足の向くまま百味百想』主婦と生活社, 1993.6
  • 『道 たびびと日記』青竜社, 1994.1
  • 『なっとく!味のすぐれもの』主婦と生活社, 1994.7
  • 『地酒で乾杯 続』ぎょうせい, 1996.2
  • 『旅でもらったその一言』岩波書店, 1997.11 岩波現代文庫、2002
  • 『渡辺文雄の味はつらつ』読売新聞社, 1997.6
  • 『あっちへ行ったりこっちを見たり 諸国探訪・俳諧記』朝日新聞社, 1999.4
  • 『渡辺文雄のどこへ行っても美味珍味』同朋舎, 1999.5 「どこへ行っても美味珍味」グルメ文庫 角川春樹事務所, 2005.4
  • 『渡辺文雄の仕事部屋訪問 対談集』(JAVADA選書) 中央職業能力開発協会, 2002.12
  • 『仕事の原点 : 渡辺文雄の職人紀行 対談集』(Javada選書) 中央職業能力開発協会, 2004.2
  • 『わたしの旅人生「最終章」』アートデイズ, 2005.2

共編著編集

  • 『豪快男の鍋料理 釣って,さばいて,鍋にして』甲斐崎圭共著 (オレンジバックス) 講談社, 1985.3
  • 『男の基本料理 プロの技に学ぶ』山本益博共編著. 講談社, 1987.7
  • 『全図解マグロをまるごと味わう本 日本の食を考える』編 (カッパ・ビジュアル) 光文社, 1991.1
  • 『日本の名随筆 別巻 19 蕎麦』編 作品社, 1992.9
  • 『快老のすすめ 素晴しきかな人生』俵萠子,高野悦子,塩田丸男,相川浩共著. 小学館, 1995.10
  • 『日本美食紀行』編・監修. アートデイズ, 1996.4 小学館文庫 1998.1
翻訳
  • L.J.ハリス『ガーリック・ブック』ブックマン社, 1979.9

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一方で1990年代から2000年代にかけて、テレビにおいてグルメ番組の氾濫に対し、苦言を呈するカタチで”グルメ番組こそやらせ”という題名の随筆を「新潮45」に寄稿したことがある[要文献特定詳細情報]

出典編集

  1. ^ 1989/06/17, 日経産業新聞
  2. ^ 渡辺文雄さん74歳、天に旅立つ - nikkansports.com 2012年4月9日閲覧。
  3. ^ http://www.to-ku.com/data/data.htm
  4. ^ a b 常連みのもんたも「非常に残念」カカクコム会長が買収で閉店の赤坂料亭 - デイリー新潮ONLINE・2016年11月24日
  5. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 

関連項目編集

外部リンク編集