メインメニューを開く

弥勒寺(みろくじ)は、三重県名張市西田原にある真言宗豊山派の仏教寺院。山号は 日朝山(にっちょうざん)、本尊薬師如来

弥勒寺
所在地 三重県名張市西田原2888
位置 北緯34度39分51.8秒 東経136度6分18.9秒 / 北緯34.664389度 東経136.105250度 / 34.664389; 136.105250座標: 北緯34度39分51.8秒 東経136度6分18.9秒 / 北緯34.664389度 東経136.105250度 / 34.664389; 136.105250
山号 日朝山
宗派 真言宗豊山派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)天平8年(736年)
開基 (伝)円了
札所等 西国薬師四十九霊場 36番札所 三重四国八十八箇所 56番札所 伊賀四国八十八箇所 番外札所
文化財 木造聖観音立像、木造十一面観音立像(国の重要文化財
法人番号 4190005006342
テンプレートを表示

6月下旬~7月中旬に咲く約500本のアジサイが有名。

歴史編集

寺の創建事情や沿革は未詳である。寺には平安時代後期作の聖観音立像と木造十一面観音立像が伝わる。これらの像の由来も不明で、近くの毛原廃寺(奈良県山添村)から移されたものともいうが確証はない[1]

伝承によれば、この寺は聖武天皇の時代、天平8年(736年)に円了上人という僧が建立したという。創建当時は、弥勒仏を本尊として寺社領も百石を賜っていた。その後、良弁(689年 - 773年)が大伽藍を建立、弥勒寺に薬師如来、一言寺に十一面観音、言文寺に聖観音、行者堂には、役行者倚像等を安置、盛時には七堂伽藍を有する広大な寺院であったといわれる。以来幾多の星霜を経て、多くの堂宇は、自然に荒廃したという[2]

現在の本堂は、昭和54年(1979年)に鉄筋コンクリート作りに改築された。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 木造聖観音立像
  • 木造十一面観音立像

その他の文化財編集

  • 木造弥勒菩薩坐像(三重県指定有形文化財)
  • 木造薬師如来坐像(三重県指定有形文化財)
  • 木造役行者倚像(名張市指定文化財)

札所編集

脚注編集

  1. ^ 『名張市史』(1974年)、pp.868 - 872, 955
  2. ^ 弥勒寺サイトの説明による。

参考文献編集

  • 中貞夫『名張市史』、名張市刊、1974

外部リンク編集