メインメニューを開く

影 万里江(かげ まりえ (本名:鹿毛マリエ1935年7月19日 - 1981年2月28日)は日本の女優劇団四季に所属していた。

来歴編集

東京出身。富山県立泊高等学校卒業後、NHK富山放送劇団員、松竹大船を経て1957年に劇団四季へ入団。『オンディーヌ』のオンディーヌ役や『ハムレット』のオフィリア役などで人気を博し、同劇団の主演女優として活動する。のちに劇団四季の主宰者・浅利慶太の二度目の妻となり、離婚後も浅利とのパートナー関係を生涯続けた。

その後も四季のみならず内外で活動していたが、1981年、手話劇『ちいさき神の作りし子ら』の稽古中に脳腫瘍のため入院。『ちいさき〜』初日の五日前に死去した。

墓は谷中霊園にあり、前夫・浅利の実家の墓(浅利の実父で元俳優三田英児こと浅利鶴雄らと一緒)に葬られた。ちなみに墓碑には名前は「影万里江(浅利マリエ)」と、影の人生については「嵐のような生涯」だったと刻まれている。

実弟に元NHKアナウンサーの小谷伝、姪にキャスターの小谷真生子、姉(鹿毛チヅコ)の夫に松竹の男優・川喜多雄二がいる。

出演編集

映画編集

  • オーケストラの姉妹
  • 嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり

テレビドラマ編集

吹き替え編集

その他のテレビ番組編集