メインメニューを開く

影島区(ヨンドく)は大韓民国釜山広域市の南部に位置する区。影島と附属の島からなる。

釜山広域市 影島区
Busan Taejongdae 150.jpg
太宗台の断崖絶壁
位置
Yeongdo-gu BUSAN.png
各種表記
ハングル: 영도구
漢字: 影島區
片仮名転写: ヨンド=グ
ローマ字転写 (RR): Yeongdo-gu
統計(2010年
面積: 14.03 km2
総人口: 139,723[1]
男子人口: 69,683 人
女子人口: 70,040 人
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 釜山広域市
下位行政区画: 11洞
行政区域分類コード: -
影島区の木: クロマツ
影島区の花: ツバキ
影島区の鳥: カモメ
自治体公式サイト: 影島区
テンプレートを表示
影島区庁
釜山タワーから南、影島を望む(2008年1月)
西部の風景

目次

地理編集

影島は本土と細い水道で隔てられた島であり、釜山湾を形作っている。島の中央には蓬莱山(395m)が聳える。南端は太宗台(テジョンデ)と呼ばれており、晴れた日には日本の対馬を望むことができる。

島の北岸は釜山港の一部を構成している。北の中区とは影島大橋(215m)と釜山大橋(260m)、西の西区とは南港大橋(1925m)によって結ばれている。

歴史編集

影島はかつては絶影島と称され、日本統治時代には牧島(牧の島)とも呼ばれた。「絶影島」の名は駿馬を意味するとも、空島政策のため人影がなかったためとも説明される。

新石器時代東三洞貝塚では、縄文土器や九州産の黒曜石が発掘されており、先史時代の対馬海峡(朝鮮海峡)両岸の交流の存在が示されている。また、古代から馬の放牧地として使われ、日本統治時代の「牧島」もこのことに由来している。島の南端の太宗台新羅の太宗(武烈王)が景観を楽しんだ場所と由緒づけられている。

1914年に釜山府が設置された際に府内に編入された。島の北部は日本統治時代において市街地として発展するようになり、影島大橋が架けられてからは釜山市電も乗り入れるようになった。

年表編集

行政編集

 
行政区域図
 
西区側からみた影島の西海岸(2007年9月)

11行政洞(21法定洞)からなる。

行政洞 法定洞
南港洞(ナマンドン) 大橋洞1街、大橋洞2街、大平洞1街、大平洞2街、南港洞1街、南港洞2街、南港洞3街
瀛仙第1洞(ヨンソンジェイルトン) 瀛仙洞1街、瀛仙洞2街、新仙洞1街
瀛仙第2洞(ヨンソンジェイドン) 瀛仙洞3街、瀛仙洞4街
新仙洞(シンソンドン) 瀛仙洞2街、新仙洞1街、新仙洞2街、新仙洞3街、蓬莱洞4街
蓬莱第1洞(ポンネジェイルトン) 蓬莱洞1街、蓬莱洞2街、蓬莱洞3街
蓬莱第2洞(ポンネジェイドン) 蓬莱洞4街、蓬莱洞5街
青鶴第1洞(チョンハクチェイルトン) 青鶴洞
青鶴第2洞(チョンハクチェイドン)
東三第1洞(トンサムジェイルトン) 東三洞
東三第2洞(トンサムジェイドン)
東三第3洞(トンサムジェサムドン)

警察編集

消防編集

  • 港湾消防署
    • 東三119安全センター
    • 瀛仙119安全センター
    • 青鶴119安全センター

教育編集

4年制大学編集

施設編集

  • 太宗台
    • 影島灯台
  • 東三洞貝塚展示館

姉妹都市編集

韓国国内

韓国国外

著名な出身者・ゆかりの人物編集

脚注編集

外部リンク編集