少帝(しょうてい)は、東アジアの王朝において、内部抗争などにより幼くして廃位あるいは殺害された皇帝に対する便宜上の呼称。