メインメニューを開く

閑院宮美仁親王(かんいんのみや はるひとしんのう、宝暦7年11月25日1758年1月4日) - 文政元年10月6日1818年11月4日))は、江戸時代皇族弾正尹華光五院世襲親王家閑院宮第3代当主。

閑院宮美仁親王
閑院宮
The prince Haruhito Kanninn.jpg
閑院宮美仁親王像(宮内庁書陵部蔵)
続柄
称号 華光五院
身位 親王
敬称 殿下
出生 1758年1月4日
宝暦7年11月25日
死去 (1818-11-04) 1818年11月4日(60歳没)
配偶者 近衛因子
  随願院
  さた
  むめ
  信楽院
子女 鎮宮
寿宮
苞宮
敬宮
喜久宮
冨宮
嘉宮
裕宮
父親 閑院宮典仁親王
母親 大中臣祐智の娘
役職 一品
弾正尹
テンプレートを表示

経歴編集

宝暦13年(1763年)に親王宣下明和5年(1768年)に元服文化12年(1815年)に一品。

歌道に造詣が深く、歌人日野資矩などとも交流があった。

系譜編集

父は典仁親王。生母は大中臣祐智の娘。 御息所関白近衛内前の娘、藤原因子。子に孝仁親王。第119代光格天皇は異母弟。また第117代後桜町天皇と第116代桃園天皇は再従姉兄、第118代後桃園天皇は再従甥。

  • 妃:近衞因子(文君)
  • 女房:随願院
    • 第二王女:鎮宮(1791-1794)
    • 第一王子:孝仁親王(第四代閑院宮)
  • 女房:さた
    • 第三王女:苞宮(1791-1792)
  • 女房:むめ
    • 第四王女:敬宮(1793)
    • 第二王子:厚宮のち喜久宮(1797-1801)

関連項目編集