鷹司房輔

日本の江戸時代の公家
 
鷹司房輔
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年4月30日1637年6月22日
死没 元禄13年1月11日1700年3月1日
別名 号:後景皓院
官位 従一位摂政関白左大臣
主君 後光明天皇後西天皇霊元天皇東山天皇
氏族 鷹司家
父母 父:鷹司教平、母:冷泉為満の娘
兄弟 房輔九条兼晴信子房子、俊海
正室:大江竹子(毛利秀就の次女)
兼熙西園寺実輔輔信、房演、信覚、日顕、隆尊、一条兼香
テンプレートを表示

鷹司 房輔(たかつかさ ふさすけ)は、江戸時代前期の公卿左大臣鷹司教平の子。官位従一位関白左大臣

経歴編集

従一位(1672年寛文12年)1月5日叙)。内大臣1658年 - 1661年)、右大臣(1661年 - 1663年)、左大臣(1663年 - 1667年)、摂政1664年 - 1668年)、関白(1668年 - 1682年)などを歴任。

元禄13年(1700年)薨去。

系譜編集

房輔は最後の征夷大将軍徳川慶喜の女系共通祖先[3]にあたる。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
輔信
 
八重姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美代姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川吉孚
 
 
 
 
 
 
 
宗翰
 
治保
 
 
 
 
 
 
鷹司房輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川宗堯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
治紀
 
斉昭
 
慶喜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一条兼香
 
道香
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
八代君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
池田静子
 
 
 

脚注編集

  1. ^ 系図纂要。山科家譜では一条兼輝室。
  2. ^ 通兄公記
  3. ^ 徳川宗翰の生母美代姫徳川治紀の生母八代君(一條溢子)は房輔の外曾孫である。

関連タグ編集