メインメニューを開く

御大典奉祝名古屋博覧会

名古屋市において1928年(昭和3年)に開催された博覧会
会場全景。中央の「田」の字の建物が本館

御大典奉祝名古屋博覧会(ごたいてんほうしゅくなごやはくらんかい)は、1928年昭和3年)に名古屋市中区(当時)の鶴舞公園において開催された博覧会。

概要編集

つまり昭和天皇の即位を記念する御大典という名目で、名古屋勧業協会が開催した[1]。当時の不況を打破するためのイベントでもあった[1]。博覧会事務局は主催者である名古屋勧業協会内に設置され、会長には当時の大岩勇夫名古屋市長が就任し、総裁には在名経験のある賀陽宮恒憲王を迎えた[2]

会期は1928年(昭和13年)9月15日から11月30日だった[3]。全国37府県が参加し、最終的な来場者数は194万人に及んだ[1]。出展は国内府県のほか、朝鮮総督府台湾総督府関東庁南満州鉄道南洋庁などの当時の日本の統治地域各地に及び、出品数は数十万点にのぼったという[2]

 
鶴舞公園駅

この博覧会の交通アクセスとして、中央本線に臨時駅鶴舞公園駅が設置された[3]

また、会場内には美術館が設けられ、既に公園内に存在した市立名古屋動物園も博覧会の一部として来場客を楽しませた[1]。博覧会本館敷地は、閉会後グラウンドとして利用された[1]

大会正門は、閉幕後左右をカットした状態で八事の別荘地「天白渓」に移設された[4]

会場内施設編集

 
美術館
 
子供ノ国
会場本部
会場東部
その他

脚注編集

参考文献編集

  • 『昭和三年御大典記録』名古屋市、名古屋市、1929年8月15日(日本語)。
  • 井上善博『名古屋絵はがき物語 二十世紀のニューメディアは何を伝えたか』風媒社、2009年4月15日(日本語)。ISBN 978-4833105439
  • 『名古屋の公園 100年のあゆみ』名古屋の公園100年のあゆみ編集委員会、2010年(日本語)。全国書誌番号:21753539
  • 福井章「水上飛行艇もあった八事の天白渓」『明治・大正・昭和 名古屋地図さんぽ』溝口常俊、風媒社、2015年10月20日(日本語)。ISBN 978-4-8331-0164-6

関連項目編集

外部リンク編集