概要編集

頂上は南北に細長い岩場になっており、360度の視界が開けている[1]。登山口は北相木村側に2つ(白岩登山口と山口登山口)、南相木村側に1つ(栗生バス停近くからの登山口)あり、白岩登山口からの途中の見晴台あたりから前衛峰にかけては6月にシャクナゲの花が満開になる[2]1985年昭和60年)8月12日日本航空123便墜落事故が発生した際、自衛隊により事故機の墜落地点とされたのが、この御座山であり、名前が全国に知られることとなった。だが数時間後、墜落地点はやや東側の群馬県多野郡上野村にある御巣鷹山(正確には高天原山)に訂正された。

交通編集

JR小海線または国道141号線の小海(こうみ)から東へ、千曲川を渡り、相木川に沿って長野県道2号川上佐久線で北相木村または南相木村へ行く。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 『日本200名山を登る、上』(昭文社、2008年)
  2. ^ ブルーガイドブックス『ベストハイキング、東京周辺』(実業之日本社、1975年)

外部リンク編集