メインメニューを開く

「心に花の咲く日まで」 (こころのはなのさくひまで)は、文学座により製作され、1955年(昭和30年)4月14日大映の配給で公開された日本映画。モノクロ/スタンダード/109分(11巻、 2,985m)

心に花の咲く日まで
監督 佐分利信
脚本 田中澄江 井手俊郎
原作 田中澄江
出演者 芥川比呂志、淡島千景、杉村春子
撮影 藤井静
製作会社 文学座
配給 大映
公開 日本の旗 1955年4月14日
上映時間 109分
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

新劇の劇団である文学座が「にごりえ」に続いて製作した映画作品で、戯曲「ほたるの光」「赤いざくろ」を作者自身の田中澄江井手俊郎と共に映画化の為に脚本化し、俳優としても活躍する佐分利信が監督を担った。主演には「にごりえ」に続き淡島千景松竹より迎え、文学座の座員である芥川比呂志杉村春子丹阿彌谷津子長岡輝子宮口精二などが演技をかためている。また、音楽はコロムビアレコード提供のベートーヴェン田園交響曲が使用されている。

スタッフ編集

 

出演編集

備考編集

ロケ地:目黒区駒場1丁目2付近の井の頭線踏切、日比谷公会堂 ほか

参考文献編集

外部リンク編集