賀原 夏子(かはら なつこ、1921年1月3日 - 1991年2月20日)は、日本女優演出家。本名は塚原 初子。

かはら なつこ
賀原 夏子
本名 塚原 初子
生年月日 (1921-01-03) 1921年1月3日
没年月日 (1991-02-20) 1991年2月20日(70歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市牛込区余丁町(現在の東京都新宿区余丁町)
死没地 日本の旗 日本東京都港区
職業 女優演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1939年 - 1991年
著名な家族 祖父:塚原周造
養子:川端槇二
主な作品
映画
流れる』 / 『女が階段を上る時
女の歴史』 / 『あにいもうと
舞台
『女の一生』 / 『島』
屋根の上のバイオリン弾き
テンプレートを表示

文学座に入座して多くの舞台に立ち、地味な老け役で活躍した。喜びの琴事件で文学座を脱退後は劇団NLTを結成してその主宰となり、フランス喜劇の上演に意欲を燃やした。舞台のほか映画、テレビドラマへの出演も多い。メイクアップ技術の研究家としても有名で、入門書を出版している[1]。主な出演舞台に『二十六番館』『島』、映画に『流れる』『女の歴史』など。演出家として『ロマノフとジュリエット』なども発表している。

来歴・人物 編集

1921年(大正10年)1月3日東京府東京市牛込区余丁町(現在の東京都新宿区余丁町)に生まれる[2]。父は元東京農業大学常務理事の塚原周吾、祖父は東洋汽船創設者の塚原周造である[3]

東洋英和女学校小学部を経て、1938年(昭和13年)に東洋英和女学校を卒業。同級生に三枝佐枝子がおり、ともに新築地劇団の「土」(長塚節原作)を観て感銘を受け、二人で主演の山本安英を訪ねて教えをこい、学芸会で演じた[4]。同年、創立間もない文学座の研究所に第1期生として入る[2]。同期生に青野平義荒木道子小山源喜らがいる。1939年(昭和14年)に『父と子』の女中役で初舞台を踏み、翌年に座員に昇格、田中澄江作『はるあき』では19歳で48歳の先生役を演じた[2][3]1943年(昭和18年)、文学座同期の岩本昇三と内輪の祝言をあげる[1]1945年(昭和20年)、東京大空襲の最中に初演を迎えた森本薫作『女の一生』で、杉村春子演じる布引けいの姑役をわずか24歳で演じる[2]。戦後も『二十六番館』『マリウス』『島』などほとんどの作品で老け役を演じ、人のいいおばさん、ずる賢い老女、意地悪い姑といった役を得意とした[2]

1963年(昭和38年)12月、喜びの琴事件をきっかけに文学座を脱退、翌1964年(昭和39年)1月に岩田豊雄三島由紀夫を顧問にして矢代静一青野平義中村伸郎らとグループNLTを創立。『サド侯爵夫人』を上演して成功を収めるが、劇団の分裂で1968年(昭和43年)に新生劇団NLTの主宰となり、フランス・プールヴァール劇の上演に意欲を燃やした[3]。その後は森繁久彌主演の『屋根の上のバイオリン弾き』でイエンテを演じ、演出家として『ロマノフとジュリエット』『ササフラスの枝にそよぐ風』などを発表した。

映画には、1946年(昭和21年)の木下惠介監督『大曾根家の朝』で初出演し、その後は東宝を中心に各社の作品に脇役出演した[2]。特に『流れる』『女の歴史』など成瀬巳喜男監督作品の常連だった。テレビドラマにも『これが青春だ』などの青春学園シリーズ、チャコちゃんシリーズなど多数に出演した。

1991年(平成3年)2月20日卵巣癌のため東京都港区済生会中央病院で死去[5]。70歳没。入院して亡くなる直前まで主演舞台に立ち続けていた。遺灰は海に散骨された[3]多磨霊園に墓碑がある。1993年(平成5年)、賀原が癌発症後に養子縁組を結んだ塚原純江によって『海に還る 女優・賀原夏子』が出版された[3]

受賞・受章歴 編集

主な出演 編集

映画 編集

太字の題名はキネマ旬報ベスト・テンにランクインした作品

テレビドラマ 編集

舞台 編集

著書 編集

  • 『メイク・アップの仕方』 六本木出版 1956年 CRID 1130000795383721472
  • 『賀原夏子のメークアップ入門』 レクラム社(舞台技術入門シリーズ) 1983年 全国書誌番号:84041214
  • 『明日にむかってねる 賀原夏子が書いたこと、語ったこと』 劇団NLT 2004年 全国書誌番号:21435129

編書 編集

関連文献 編集

  • 塚原純江 著『海に還る 女優・賀原夏子』 主婦と生活社 1993年4月 ISBN 4-391-11534-4

脚注 編集

  1. ^ a b c d e "賀原 夏子". 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊). コトバンクより2023年7月7日閲覧
  2. ^ a b c d e f 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年、p.99
  3. ^ a b c d e 賀原夏子、歴史が眠る多磨霊園、2015年11月1日閲覧
  4. ^ 福本信子『獅子文六先生の応接室』299p
  5. ^ 北川登園『最期の台詞 演劇人に学ぶ死の作法』、STUDIO CELLO、2007年、p.110
  6. ^ 文化庁芸術祭賞受賞一覧 昭和51年度(第31回)~昭和60年度(第40回)”. 文化庁. 2023年7月7日閲覧。
  7. ^ 菊田一夫演劇賞(第20回~第11回)”. 映画演劇文化協会. 2023年7月7日閲覧。
  8. ^ 芸能学会(編)『芸能』1月号、芸能発行所、1986年1月、42頁。 

外部リンク 編集