メインメニューを開く
画像提供依頼:加古川市に編入される前の役場の画像提供をお願いします。2015年4月

志方町(しかたちょう)は、兵庫県加古川市北西部の地域である。本項では、かつて存在した印南郡志方町についても述べる。

志方町
しかたちょう
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
自治体 加古川市
旧自治体 志方町
面積
39.36km²
世帯数
3,817世帯
総人口
10,888
推計人口、2013年2月1日現在)
人口密度
276.63人/km²
隣接地区 東神吉町西神吉町加西市高砂市姫路市
加古川市役所志方町市民センター
北緯34度49分16.5秒 東経134度49分9.6秒 / 北緯34.821250度 東経134.819333度 / 34.821250; 134.819333座標: 北緯34度49分16.5秒 東経134度49分9.6秒 / 北緯34.821250度 東経134.819333度 / 34.821250; 134.819333
所在地 〒675-03
兵庫県加古川市志方町1758-3
志方町の位置(兵庫県内)
志方町
志方町
テンプレートを表示

概要編集

 
当町の農業地帯
志方町大宗で撮影

志方の名の由来編集

神功皇后が三韓征伐に行かれたとき、この地に上陸、今の宮山に上り、たくさんのシカが田野の間の群れあそびのをご覧になって「あなおもしり、鹿田とは名付けまし」と感嘆されたのにちなんで、鹿田と称するようになり、のち鹿田と改め、さらに「志し来りし方」の意味を以て志方になったものといわれている。[3]

地勢編集

南東は神吉地区、南西は高砂市、西は姫路市、北は加西市に接している。その地勢は総面積の70%におよぶ山地が北及び東、西の三方向にそびえて南に向かって大きく口を開けた形である。山に囲まれた中央の平地は天神山、宮山、石打山によって東西に分断され、東の平地は帯状にして平坦、遠く加古川の西岸に及び、加古川の支流域と見てよく、西の平地は傾斜のゆるい台地が起伏して神吉平野に続いている。

志方町の範囲
方位および地名 距離 経度(東経) 緯度(北緯)
東端 野尻栗の木峠 10.7km 134度52分44秒 34度49分56秒
西端 原荒神谷川南 134度45度58度 34度49分21秒
南端 横大路小山の西 7.4km 134度48分18秒 34度47分47秒
北端 畑法華口 134度49分2秒 34度51分48秒
  • 土地の最高地 - 高御位山(304.2m)
  • 土地の最低地 - 横大路大坪南(5m)

歴史編集

  • 当町に古墳群が散在することから、縄文時代から弥生時代にかけて集落が形成された。[3]
  • 江戸時代は一橋徳川家の領地となった。細工所村に細工所陣屋が置かれ、宮永氏が代官職を世襲した。

沿革編集

 しかたちょう
志方町
志方町章
 制定日不明
廃止日 1979年2月1日
廃止理由 編入合併
志方町加古川市
現在の自治体 加古川市
廃止時点のデータ
  日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
印南郡
団体コード 28401-7
面積 39.88km2
総人口 13,987
国勢調査、1975年)
隣接自治体 姫路市加古川市高砂市加西市
町の木 マツ
町の花 サツキ
志方町役場
所在地 675-03
兵庫県印南郡志方町志方町1074-1
外部リンク 未開設
 表示 ウィキプロジェクト

志方町時代編集

加古川市時代編集

  • 1983年(昭和58年)3月 - 加古川市中央消防署志方分署開所。
  • 2002年平成14年)4月1日 - 保育園・幼稚園が一体となった(幼保一体化施設)しかた子ども園が開園。

行政編集

  • 町長 - 広瀬義一[2]

町木・町花編集

当町の3分の2は山地であり、アカマツクロマツの生育地であることから制定された。

当町にツツジが生育していることから制定された。

経済編集

農業編集

  • 播磨地方の穀倉地帯として米作・麦作・花卉栽培が盛んである。また、綿作も行っている。[4]

工業編集

  • 靴下 - 「志方靴下」と呼ばれており、加古川市の靴下製造の歴史は100年以上あり、明治初年に印南郡志方町(現、加古川市志方町)の住民が上海から手廻しの靴下編立機を持ち帰り、製造を始めたことにより靴下の製造が始まった。大正初期に半自動式編立機、さらに1924年(大正13年)には自動編立機が輸入されるなど技術革新が進み、また、1923年(大正12年)の関東大震災による情勢変化などにより、播磨の産地規模は急速に拡大し、東南アジアや中国にも輸出されるようになった。1953年(昭和28年)に兵庫県靴下工業組合(高砂市)が設立された。また、ナイロンを始めとする合成繊維の開発により、設備の近代化、技術水準の高度化が進んでいる。現在、コンピューター編立機や特化した設備で特殊素材の使用へと移行している。東南アジアなどからの輸入の増加に対して、付加価値のある商品開発へ移行している[5][4]
  • タオル

教育機関など編集

ゆかりの人物編集

史跡編集

  • 面方谷古墳
  • 天神山古墳群
  • 志方城
  • 中道子山城
  • 細工所陣屋

寺社編集

公共施設編集

イベント編集

  • コスモスまつり(毎年10月ごろ)

関連項目編集

参考書籍編集

  • 志方町編纂委員会 『志方町誌』 志方町役場、1969年。 
  • 『志方町勢要覧1975』志方町総務部企画課、志方町、1975年7月、初版第1刷。ISBN 4095263113

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 志方町勢要覧1975 目次
  2. ^ a b c d 志方町勢要覧1975 p1
  3. ^ a b 志方町勢要覧1975 p2
  4. ^ a b 志方町勢要覧1975 p14
  5. ^ 加古川市の靴下生産の歴史(株式会社ミヤシタ)

外部リンク編集