この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

恭帝(きょうてい)は、南宋の第7代皇帝(在位:1274年8月12日 - 1276年2月4日)。は㬎(けん。「㬎」は「顯」(「顕」の旧字体)の「頁」の代わりに「こざと偏を付けたもの」をつけた文字[2]。資料によっては類似文字で代用されることもある)。度宗の四男。廟号はないが、基礎情報にある「恭宗御容」にあるように、「恭宗」とも称される。

恭帝 趙㬎
南宋
第7代皇帝
Song Gongdi2.jpg
恭帝の御容
王朝 南宋
在位期間 咸淳10年7月9日 - 徳祐2年1月18日
1274年8月12日 - 1276年2月4日
都城 臨安
姓・諱 趙㬎
諡号 恭皇帝
孝恭懿聖皇帝[1]
廟号 なし(一部では「恭宗」とも)
生年 咸淳7年9月28日
1271年11月2日
没年 至治3年(1323年)5月?
度宗
全皇后
年号 徳祐 : 1275年 - 1276年

生涯編集

南宋の第6代皇帝であった度宗の4番目の息子(一説には、次子であったとも、六男であったともされている)として、咸淳7年(1271年)に臨安の宮殿で生まれた。母は皇后であった全皇后。兄に後に第8代皇帝として即位する益王(皇帝端宗)がいる。趙㬎は父の過度の飲酒による崩御を受けて咸淳10年(1274年)7月、4歳で帝位に就いた。また、即位に伴って元号は咸淳から徳佑へと改元された。

臨安の陥落により退位を余儀なくされる前に2年ほど君臨した。当初、彼は幼く政務を執行する能力がないと考えられたため、生母の全皇太后、当時の丞相賈似道、祖母の謝太皇太后が摂政となり、これら三人によって政務を補佐された。

当時の南宋は北方で勢力を増し、更にはを滅亡に追い込んでいたモンゴル帝国の侵攻に晒されており、最早王朝は風前の灯火というべき状況にまで追い込まれていた。恭帝は結果的に徳祐2年(1276年)正月のモンゴル軍の攻撃によって臨安が包囲され、籠城の末に開城したことによって母と共にモンゴルに投降したことによって帝位を失った。

宋王朝の崩壊後、恭帝はモンゴルの首都・大都に移り住み、その後、副都であった上都に居を移した。しかし、その後モンゴル帝国の皇帝に即位したクビライは、宋皇室の血筋を残すべきと考え、彼をチベットへ追放した。彼はここでチベット仏教の仏典を学んだとされている。

至治3年(1323年)5月ごろ、恭帝は元朝の英宗シデバラによって自害を命じられ、結果として死去した。一般的に多くの歴史家は恭帝がシデバラを立腹させたのが原因と考えているが、一方ではシデバラが恭帝を擁立しての反乱を恐れたためとの説も存在する。

廟号は、(モンゴル帝国側からすると)末主であったためにつけられず、ただ単に「恭(うやうやしいという意味)帝」と呼ばれている。

宗室編集

妻妾編集

ボルジギン氏(元の公主。见拉施特《史集》之忽必烈汗纪、陈霆《两山墨谈》、談遷が著者である《国榷》に記されている)

子女編集

趙完普(出家して僧となっている)

遺児に関する諸説編集

趙㬎が謎の死を遂げたことで噂が出回っている。その噂とは、元の第11代皇帝で、延祐7年(1320年)に生まれたトゴン・テムル(順帝、恵宗)は実は第9代皇帝コシラの実子ではなく、趙㬎がトルコ系の女性との間に儲けた遺児であるというものである。この噂が趙㬎の死の原因に関係があるともいわれる。

この説との関連性が指摘されているのが、元を滅ぼして建国された明王朝の第3代皇帝である永楽帝の出自に関する説である。すなわち、永楽帝の生母は大元ウルスの順帝トゴン・テムルの妃でコンギラト部出身の女性であり、洪武帝が後にその女性を娶った際に彼女はトゴン・テムルの子を妊娠中であり、したがって、永楽帝はトゴン・テムルの子であるというもので、モンゴル史料である『アルタン・トブチ』や『蒙古源流』に記され、中国でも同様の説が広まっている[3]。上記のトゴン・テムルは恭帝の遺児であるという説との関連を指摘する周清澍(内モンゴル大学)などの研究者も存在する[4]

永楽帝の生母は公式には永楽帝の父・洪武帝の皇后であった孝慈高皇后馬氏とされているが、実際には高麗貢女の碽妃だったとする説がある。永楽帝は生母の身分が卑しいことに劣等感を持ち、靖難の変の頃から洪武帝の皇后でった馬氏が母親であると僭称した、とするものである[5]寺田隆信によると、永楽帝の生母について「元の順帝の妃説」「馬皇后説」「碽妃説」「達妃説」など5説前後に分けられるとするが、寺田隆信は「今日となっては調査する材料もない」として諸説を紹介するにとどめている[5]。永楽帝の生母が碽妃であるという記述は清王朝の初めに編纂された談遷の『国榷』という書物にあり、皇室の儀礼を司る太常寺が編纂した『南京太常寺志』に書いてあったと記されている。また、永楽帝は父・洪武帝の実録である『明太祖実録中国語版』の出来が自身に都合が悪いことがあったらしく気に入らず、3回も編纂し直しを命じている所からみて、自身に都合の悪い記述を永楽帝が改竄している可能性は否定できず、十分に有り得る話である。『明太祖実録中国語版』のなかには、「碽妃は永楽帝が生まれてから5年後に中国に来た」という記述があるが、永楽帝が記述に脚色を加えたり、粉飾を行ったという疑いが濃厚である以上、容易く信頼できない[5]

ちなみに公式に馬氏を生母とする洪武帝の子女は永楽帝の他に、朱標建文帝の父)、朱樉朱棡寧国公主朱橚、安慶公主の6人が記録されているが、寧国公主と安慶公主以外の子女の生母は別にいるという説が唱えられており、永楽帝以外の男子4人にも生母に関して疑義が呈されている[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 銭士升『南宋書』による
  2. ^ http://www.unicode.org/cgi-bin/GetUnihanData.pl?codepoint=3B0E
  3. ^ 杉山正明『クビライの挑戦―モンゴル海上帝国への道』朝日新聞社朝日選書〉、1995年4月1日。ISBN 4022596252
  4. ^ 楊海英モンゴルにおける王朝交替観に関する一資料--「遠太子と真太子の物語」を中心に」『人文論集』第54巻第2号、静岡大学人文学部、2003年、 33頁、 doi:10.14945/00000467ISSN 02872013NAID 110004709866
  5. ^ a b c d 寺田隆信『永楽帝』中央公論社中公文庫〉、1997年2月1日。ISBN 4122027993

関連項目編集