恵妙(えみょう、生年不明 - 天武天皇9年11月17日680年12月13日))とは、飛鳥時代学僧慧妙とも記す。

経歴編集

本朝高僧伝』によれば、推古朝の末年に渡海し、吉蔵に師事し、その後法興寺に住したそうである。

大化元年(645年)8月、十師の制が設置された時、福亮恵雲霊雲道登恵至らとともにその一員に選ばれている。彼の場合、加えて百済大寺(大安寺の前身)の寺主にも任命されている[1]白雉2年(651年)春三月、前年より取りかかっていた丈六の繍像(ぬいものほとけ)など36体の仏像が完成したので[2]皇御母尊(すめらみおやのみこと)は彼らを招請して、斎会を催している[3]

天武天皇9年(680年)の病気のおり、天皇から派遣された草壁皇子の見舞いを受けている。おりしもその日は月蝕の日であった[4]。その翌日、薨去。天皇は3人の皇子を派遣し、弔問させた[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』巻第二十五、孝徳天皇 大化元年8月8日条
  2. ^ 『日本書紀』巻第二十五、孝徳天皇 白雉2年3月14日条
  3. ^ 『日本書紀』巻第二十五、孝徳天皇 白雉2年3月5日条
  4. ^ 『日本書紀』巻第二十九、天武天皇下 9年11月16日条
  5. ^ 『日本書紀』巻第二十九、天武天皇下 9年11月17日条

参考文献編集