メインメニューを開く

悲しみだけが夢をみる(かなしみだけがゆめをみる)は、1988年6月6日から7月1日までNHK銀河テレビ小説で放送されたテレビドラマ作品。平日22:20 - 22:40に放送、全20回。市川森一作。富田靖子主演。兵庫県宝塚市を舞台とし、ほとんどロケで撮影されている。

目次

ストーリー編集

中村伸子と角谷知美はおさななじみで、ともに宝塚音楽学校を受験する。伸子は合格するが知美は落ちてしまう。知美の母輝子は、元宝塚スターで、今ではしにせ旅館のおかみである。失意の知美は東京へ家出し、ストリッパーをしているが、立板の桜木由克に連れ戻される。ところが、東京で知美に一目ぼれしていた池上弘が、知美を追って宝塚へやってくる。知美は由克を好きになり始めているが、由克は実は脱獄犯であった。しかも、伸子の兄・哲夫は由克が脱獄した長崎の県警に勤務しており、知美に結婚を申しこむため、宝塚に戻ってくる…。

スタッフ編集

キャスト編集

備考編集

この撮影直後、宝塚駅と駅前の宝来橋が改築されており、かつての姿をしのぶよすがとなる。オープニングでは宝塚市を上空から撮影している。また淡島千景のタカラジェンヌ時代の写真は実物を使用している。有森也実はバレエ歴22年の実績を披露している。当時無名の國村隼が端役で出演している。

参考編集