メインメニューを開く

富田 靖子(とみた やすこ、1969年2月27日 - )は、日本の女優旧姓での本名[要出典]および旧芸名、冨田 靖子(とみた やすこ)。

とみた やすこ
富田 靖子
本名 岡本 靖子[要出典]
別名義 田 靖子(旧芸名)
生年月日 (1969-02-27) 1969年2月27日(50歳)
出生地 神奈川県茅ヶ崎市
出身地 福岡県糟屋郡志免町
血液型 AB型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1983年 -
配偶者 岡本裕治(2007年 - )
著名な家族 1女[誰?]
事務所 アミューズ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
アイコ十六歳
さびしんぼう
BU・SU
茶々 天涯の貴妃
テレビドラマ
毛利元就
新・桃太郎侍
チャレンジド
853〜刑事・加茂伸之介
鈴木先生
江〜姫たちの戦国〜
舞台
『飛龍伝'90 殺戮の秋』
『赤鬼』
阿修羅城の瞳
燃えよ剣
『炎の人 ヴァン・ゴッホ小伝』

神奈川県茅ヶ崎市生まれ、福岡県糟屋郡志免町出身[1]神奈川県立港北高等学校卒業[2][3]アミューズ所属。

目次

来歴

1983年、中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、約127,000人の中からヒロインに選ばれる。同年12月に同映画でデビューし、同時に「オレンジ色の絵葉書」で歌手デビューも果たした。松下由樹宮崎ますみも同じオーディションから輩出され、この映画に出演している。監督は今関あきよし。なお、このオーディションでは岡田有希子森口博子も参加していた。

デビュー作をプロデュースしていた大林宣彦監督の起用に応え、1985年の映画『さびしんぼう』に主演する。1987年には市川準監督の初監督映画『BU・SU』に主演し、横浜映画祭主演女優賞・高崎映画祭ベストアイドル賞を受賞した。『さびしんぼう』はキネマ旬報ベストテン5位(読者選出1位)、『BU・SU』は同8位(読者選出2位)と作品的にも高い評価を受け、しかも共に一枚看板的なヒロインをつとめるという恵まれたスタートを切った。しかし、テレビの連続ドラマで期待されたほどの視聴率を取れなかった事や、1990年代に入り深津絵里奥山佳恵ら事務所の後輩が台頭してきた事もあり、1995年の映画『南京の基督』で大胆なヘアヌードを披露しイメージチェンジを図った。この作品で第8回東京国際映画祭最優秀女優賞を受賞。NHKは一時期、彼女のキャラクターを生かした正月特番ドラマを毎年用意するなど、重用していた時期もあった。また、毛利元就生誕500周年記念作品として製作した大河ドラマ毛利元就』においては元就の正室・美伊の方を演じ、ドラマの要(原作では主人公である)を担った。

1986年、当時民営化されたばかりのNTTCMに出演。親元を離れ東京で同居する三姉妹を描いた一連のシリーズCMが製作され、その三女を演じた。後に単発テレビドラマ化され、同様に三女を演じた。

1998年からは舞台に進出。年1本のペースで出演している。

現在では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として、家庭と仕事を両立させながら活躍している。

私生活では、2006年6月に日本テレビシャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権〜』でペアを組んだダンスインストラクターの岡本裕治と2007年6月に結婚、同年女児を出産した。2008年に公表した。

人物

出演

映画

テレビドラマ

舞台

バラエティ番組、情報番組 ほか

  • クイズ地球の歩き方(朝日放送)
  • たけしの万物創世紀(1995年10月〜1996年3月、朝日放送)
  • シャル・ウィ・ダンス?〜オールスター社交ダンス選手権〜 第2シリーズ(2006年、日本テレビ)
  • 鶴太郎のテレもんじゃ(日本テレビ)
  • NHKスペシャル「マネー資本主義・超金余りはなぜ起きたのか」(NHK)
  • 奇跡の地球物語〜近未来創造サイエンス(テレビ朝日) - ナレーション(第3回〜第76回)/ - 出演(第231回)
    • 第3回「月 〜人類を操る不思議な力〜」(2009年10月18日)
    • 第7回「海 〜未知なる世界に眠る宝〜」(2009年11月15日)
    • 第28回「骨 〜幻の人類史〜」(2010年5月9日)
    • 第36回「ロボット 〜科学者がつくる未来」(2010年7月4日)
    • 第50回「羽田空港 〜週末海外実現プロジェクト〜」(2010年10月24日)
    • 第57回「平城遷都1300年 〜大仏に隠された謎〜」(2010年12月12日)
    • 第63回「レアメタル 〜宇宙からの贈り物〜」(2011年2月13日)
    • 第76回「 肌 〜なぜシワはできるのか〜」(2011年5月22日)
    • 第231回「宇宙から見た地球」(2014年9月28日)
  • 鶴瓶のスジナシ!(2011年10月、CBC
  • もしも明日…「家族が失業したら」(2012年3月17日、NHK) - ドラマ編出演
  • ミ・ラ・イIII〜小さな希望たちの讃歌(アンセム)〜(2012年9月、BSフジ) - レポーター(取材先:アイスランド)
  • 発見!体感!川紀行「〜世界遺産!合掌の里の冬支度 庄川紀行」(2016年1月29日、NHK BSプレミアム

ラジオ

  • 富田靖子のチャレンジ名作ライブラリー(1984年 - 1985年、文化放送
  • 富田靖子のおちゃめクラブ(1987年4月 - 1989年4月、TBSラジオ

アニメ

テレビCM、広告

その他多数。

その他

ディスコグラフィー

シングル

発売日 タイトル c/w
日本コロムビア / BLOW UP
冨田靖子 名義
1st 1983年11月21日 オレンジ色の絵葉書
作詞:長谷川千津・康珍化
作曲:柴矢俊彦
編曲:大谷和夫
夢少女
唄:松下幸枝(りんりん)・伊神さかえ(ゴンベ)・三次令子(おきょん)・浅野由美(モック)・河合美佐(紅子)
作詞:小林和子
作曲:新田一郎
編曲:大谷和夫
日本コロムビア
冨田靖子名義
2nd 1984年7月21日 渚のドルフィン
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:瀬尾一三
林檎雨
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:瀬尾一三
日本コロムビア
富田靖子 名義
3rd 1985年2月21日 さびしんぼう
作詞:売野雅勇
作曲:Frederic Chopin
編曲:瀬尾一三
水彩画の頃
作詞:竜真知子
作曲:桐ヶ谷仁
編曲:瀬尾一三
4th 1985年7月1日 スウィート
作詞:三浦徳子
作曲:鈴木キサブロー
編曲:奥慶一
嫌いキラキラ愛してる
作詞:奥野敦子
作曲:奥野敦子
編曲:柴矢俊彦
5th 1985年11月21日 君はシンデレラ
作詞:三浦徳子
作曲:タケカワユキヒデ
編曲:矢野立美
感傷物語
作詞:吉元由美
作曲:戸田誠司
編曲:戸田誠司
6th 1986年8月21日 なんて素敵にジャパネスク
作詞:吉元由美
作曲:久保田洋司
編曲:矢野立美
ときめきアンコール
作詞:つのだひろ
作曲:つのだひろ
編曲:清水信之
7th 1987年4月21日 私だけのアンカー
作詞:川村真澄
作曲:林哲司
編曲:船山基紀
クローバー
作詞:川村真澄
作曲:林哲司
編曲:船山基紀
8th 1987年10月21日 悲しきチェイサー
作詞:川村真澄
作曲:渡辺博也
編曲:渡辺博也
センチメンタル・ヒッチハイク
作詞:川村真澄
作曲:林哲司
編曲:新川博
コーラス・アレンジ:柴矢俊彦
9th 1988年2月10日 元気ですか!?
作詞:売野雅勇
作曲:林哲司
編曲:新川博
いつかどこかで
作詞:売野雅勇
作曲:林哲司
編曲:新川博
10th 1988年7月5日 それは彼女のグッバイ
作詞:麻生圭子
作曲:柴矢俊彦
編曲:大塚修司
夢の町へ
作詞:市川森一
作曲:田村洋
編曲:山中紀昌
東芝EMI / EASTWORLD
富田靖子名義
11th 1990年11月21日 恋かくれんぼ
作詞:松井五郎
作曲:入江剣
編曲:白井良明
緑の宝石
作詞:高坂里佳
作曲:高坂里佳
編曲:白井良明

12inchシングル

発売日 タイトル 収録曲
日本コロムビア
富田靖子 名義
1st 1986年2月27日 Birthday Special いつだってWith You
  1. ストレンジRAINに包まれて
    作詞:川村真澄
    作曲:滝沢洋一
    編曲:戸田誠司
  2. ちょっと待ってよマイ・ハート
    作詞:松宮恭子
    作曲:松宮恭子
    編曲:戸田誠司
  3. HAPPY BIRTHDAY
    作詞:富田靖子
    作曲:戸田誠司
    編曲:戸田誠司

コラボレーションシングル

名義 発売日 タイトル c/w 発売元
富田靖子 & 東京バナナボーイズ 1992年7月22日 ちきゅうのうた ちきゅうのうた (オリジナルカラオケ) マイカルハミングバード
ちきゅうのうた (インストゥルメンタル)
ちきゅうのうた (CMヴァージョン)

アルバム

オリジナルアルバム

発売日 タイトル 収録曲
日本コロムビア
冨田靖子 名義
1st 1984年7月21日 みつめてください。
  1. Dream theme form YASUKO (インストゥルメンタル)
    作曲:瀬尾一三 編曲:瀬尾一三
  2. 卒業という名の列車
    作詞:秋元康 作曲:筒美京平 編曲:瀬尾一三
  3. 林檎雨
    作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:瀬尾一三
  4. 気が強い女の子
    作詞:秋元康 作曲:筒美京平 編曲:瀬尾一三
  5. オレンジ色の絵葉書
    作詞:長谷川千津・康珍化 作曲:柴矢俊彦 編曲:瀬尾一三
  6. 渚のドルフィン
    作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:瀬尾一三
  7. 秋めいて
    作詞:秋元康 作曲:筒美京平 編曲:瀬尾一三
  8. 恋のヒロイン
    作詞:秋元康 作曲:筒美京平 編曲:瀬尾一三
  9. Love theme from YASUKO (インストゥルメンタル)
    作曲:瀬尾一三 編曲:瀬尾一三
  10. 夜空のララバイ
    作詞:秋元康 作曲:柴矢俊彦 編曲:瀬尾一三
日本コロムビア
富田靖子 名義
2nd 1985年4月1日 思春期・前期
  1. さびしんぼう
    作詞:売野雅勇
    作曲:Frederic Chopin
    編曲:瀬尾一三
  2. ひとりぽっちじゃない
    作詞:売野雅勇
    作曲:瀬尾一三
    編曲:瀬尾一三
  3. お天気雨
    作詞:稲葉喜美子 作曲:稲葉喜美子 編曲:瀬尾一三
  4. 不安なときめき
    作曲:宮崎尚志 編曲:宮崎尚志
  5. 黄昏のノンフィクション
    作詞:麻生圭子 作曲:伊藤銀次
    編曲:戸田誠司
  6. 恋を振り向かないで
    作詞:秋元康 作曲:松尾一彦 編曲:瀬尾一三
  7. 水彩画の頃
    作詞:竜真知子 作曲:桐ヶ谷仁 編曲:瀬尾一三
  8. ひとりごと
    作詞:竜真知子 作曲:宮崎尚志 編曲:宮崎尚志
  9. 君のさびしんぼうへ
    作曲:宮崎尚志 編曲:宮崎尚志
  10. もう一度逢いたい
    作詞:売野雅勇
    作曲:Frederic Chopin
    編曲:瀬尾一三
3rd 1985年12月1日 男友達(あいつ)
  1. タルトの恋ごころ
    作詞:佐伯健三 作曲:戸田誠司 編曲:戸田誠司
  2. 君はシンデレラ (LP Version)
    作詞:三浦徳子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:矢野立美
  3. 蒼い白書
    作詞:吉元由美 作曲:柴矢俊彦 編曲:矢野立美
  4. 涙色のファンシー・リング
    作詞:許瑛子 作曲:MAYUMI 編曲:矢野立美
  5. 嫌いキラキラ愛してる
    作詞:奥野敦子 作曲:奥野敦子 編曲:柴矢俊彦
  6. からっぽの季節
    作詞:来生えつこ 作曲:鈴木キサブロー 編曲:武部聡志
  7. あなただけ…今晩は
    作詞:吉元由美 作曲:柴矢俊彦 編曲:矢野立美
  8. 君がいるだけで
    作詞:三浦徳子 作曲:奥野敦子 編曲:奥慶一
  9. スウィート
    作詞:三浦徳子 作曲:鈴木キサブロー 編曲:奥慶一
  10. 銀河系のふたり
    作詞:吉元由美 作曲:鈴木キサブロー 編曲:[[武部聡志
4th 1986年9月21日 あさき夢みし
  1. 17の水平線
    作詞:吉元由美 作曲:BREAKFAST CLUB 編曲:ミッキー吉野
  2. 風の回転木馬 〜J.D.サリンジャーに捧ぐ〜
    作詞:吉元由美 作曲:柴矢俊彦 編曲:きしもとひろし
  3. なんて素敵にジャパネスク
    作詞:吉元由美 作曲:久保田洋司 編曲:矢野立美
  4. 哀愁草子
    作詞:吉元由美 作曲:桐ヶ谷仁 編曲:きしもとひろし
  5. 花景色・花化粧
    作詞:吉元由美 作曲:松本晃彦 編曲:きしもとひろし
  6. 月影のスミレ
    作詞:吉元由美 作曲:久保田洋司 編曲:戸田誠司
  7. 永遠の少年(こども)たち
    作詞:吉元由美 作曲:桐ヶ谷仁 編曲:きしもとひろし
  8. 瑠璃色の雨
    作詞:吉元由美 作曲:柴矢俊彦 編曲:きしもとひろし
  9. 硝子の翼
    作詞:吉元由美 作曲:亀井登志夫 編曲:ミッキー吉野
5th 1987年11月22日 OCTAVE
  1. だんだんの悲しみ
  2. 一歩遅れの夢
  3. 悲しきチェイサー
  4. 1000日のスランバー
  5. 友達はJOKER
  6. 私だけのアンカー
  7. KOSMOS
  8. 土曜日の本
  9. Wish
  10. センチメンタル・ヒッチハイク
  11. クローバー
東芝EMI / EASTWORLD
富田靖子 名義
6th 1991年2月27日 だるまさんがころんだ
  1. イントロダクション
    作曲:NINO ROTA 編曲:白井良明
  2. 恋かくれんぼ
    作詞:松井五郎 作曲:入江剣 編曲:白井良明
  3. 緑の宝石
    作詞:高坂里佳 作曲:高坂里佳 編曲:白井良明
  4. 今日子
    作詞:松井五郎 作曲:南こうせつ 編曲: 佐橋佳幸
  5. サガンと紅茶
    作詞:高坂里佳 作曲:高坂里佳 編曲:白井良明
  6. よりみち
    作詞:松井五郎 作曲: 南こうせつ 編曲:佐橋佳幸
  7. 3月の引越し
    作詞:伊勢正三 作曲:伊勢正三 編曲:白井良明

ミニアルバム

発売日 タイトル 収録曲
日本コロムビア
富田靖子 名義
1st 1988年7月21日 PAGE ONE
  1. P-TIME
  2. 哀しみは月にかえて
  3. それは彼女のグッバイ
  4. だんだんの悲しみ

ベストアルバム

発売日 タイトル 収録曲
日本コロムビア
富田靖子 名義
1st 1986年11月21日 少女譜
  1. 林檎雨
  2. オレンジ色の絵葉書
  3. 渚のドルフィン
  4. 夜空のララバイ
  5. さびしんぼう
  6. 恋を振り向かないで
  7. 水彩画の頃
  8. ストレンジRAINに包まれて
  9. あなただけ…今晩は
  10. 君はシンデレラ
  11. スウィート
  12. 君がいるだけで
  13. 感傷物語
  14. なんて素敵にジャパネスク
2nd 1988年12月1日 14 - 19
  1. 悲しきチェイサー (extended mix)
  2. 消えたプリンセス
  3. 元気ですか!?
  4. それは彼女のグッバイ
  5. あの日に帰りたい
  6. シナリオ① "ほんの5g"
  7. 私だけのアンカー
  8. シナリオ② "さびしんぼう"
  9. さびしんぼう
  10. シナリオ③ "アイコ十六歳"
  11. オレンジ色の絵葉書'88 (re-mix)
3rd 2010年3月3日 ゴールデン☆ベスト
  1. さびしんぼう
  2. オレンジ色の絵葉書
  3. 渚のドルフィン
  4. スウィート
  5. 君はシンデレラ
  6. ストレンジRAINに包まれて
  7. なんて素敵にジャパネスク
  8. 私だけのアンカー
  9. 悲しきチェイサー
  10. 元気ですか!?
  11. それは彼女のグッバイ
  12. 恋かくれんぼ
  13. 林檎雨
  14. 卒業という名の列車
  15. P-TIME
  16. 哀しみは月にかえて
  17. 消えたプリンセス
  18. HAPPY BIRTHDAY

ビデオ

発売日 タイトル
日本コロムビア
富田靖子 名義
1st 1985年5月21日 ふぁんたじっく わあるど
2nd 1986年11月1日 富田靖子的休日。

参加作品

発売日 アーティスト 作品 参加曲 備考
1985年12月1日 嘉門達夫 哀愁の黒乳首 「ペンション」 「ヤッホー」と言う声で参加[24]

タイアップ曲

楽曲 タイアップ
オレンジ色の絵葉書 アミューズ シネマ シティ中部日本放送提供作品/日本ヘラルド映画配給『アイコ十六歳』イメージ・ソング
渚のドルフィン 松竹映画『ときめき海岸物語』主題歌
林檎雨 瀧本「スクールタイガー学生服」CMソング
さびしんぼう 株式会社 東宝映画/アミューズ・シネマ・シティ株式会社 提供作品『さびしんぼう』主題歌
ケンウッドROXY」CMソング
ちょっと待ってよマイ・ハート 明治製菓「明治チョコレート ストロベリー」CMソング
なんて素敵にジャパネスク 日本テレビ系ドラマ『なんて素敵にジャパネスク』主題歌
ときめきアンコール 明治製菓「プチクレープ」CMソング
私だけのアンカー テレビ朝日系ドラマ『やるっきゃないモン!』主題歌
クローバー テレビ朝日系ドラマ『やるっきゃないモン!』挿入歌
悲しきチェイサー TBS系ドラマ『赤ちゃんに乾杯!』挿入歌
元気ですか!? JR四国「どっきん四国」CMソング
それは彼女のグッバイ 日興證券 CMソング
夢の町へ NHK銀河テレビ小説悲しみだけが夢をみる』主題歌
恋かくれんぼ TBS系アニメ『三丁目の夕日』オープニングテーマ
緑の宝石 TBS系アニメ『三丁目の夕日』エンディングテーマ
ちきゅうのうた カルビーかっぱえびせん」CMソング

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 同時期にこの2作品で田中哲司と夫婦役を演じた。

出典

  1. ^ 志免町 (2019年3月). “平成31年 第1回(3月)志免町議会定例会一般質問通告書”. 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ “現代ビジネス-「マウントパンチ」誕生の瞬間を語ろう~朝日昇インタビュー”. 講談社. (2017年11月11日). https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53210 
  3. ^ ライター清水久美子 (2012年1月28日). “谷原章介さんにインタビュー!「劇場版 テンペスト3D」”. 2019年3月10日閲覧。
  4. ^ a b 日本映画レトロスペクティブ『BU・SU』」. ゲスト出演. 日本映画専門チャンネル. 2013年9月13日放送.
  5. ^ 長谷川博己の指を二階堂ふみがなめて…『この国の空』映像初公開”. シネマトゥデイ (2015年5月8日). 2015年5月11日閲覧。
  6. ^ 「超高速!参勤交代 リターンズ」追加キャスト7名、古田新太が大岡越前に”. 映画ナタリー (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  7. ^ “生田斗真×瑛太「友罪」に佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら21名参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月17日). http://natalie.mu/eiga/news/257031 2017年11月17日閲覧。 
  8. ^ “福岡発ドラマ「めんたいぴりり」映画化! 主演・博多華丸は丸坊主で気合十分”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年2月28日). http://eiga.com/news/20180228/13/ 2018年3月1日閲覧。 
  9. ^ “横浜流星×GReeeeN「愛唄」に清原果耶、飯島寛騎が出演!成海璃子らも”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年8月15日). https://natalie.mu/eiga/news/295312 2018年8月15日閲覧。 
  10. ^ ドラマ さくら家の人びと~ちびまる子ちゃん一家のその後の生態~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  11. ^ “第38回創作テレビドラマ大賞「佐知とマユ」”. NHK. (2015年1月16日). http://www.nhk.or.jp/dsp/sachi/ 2015年1月25日閲覧。 
  12. ^ “豊川悦司が“許されぬ恋”に落ちる! 相手は鈴木京香”. ウォーカープラス. (2015年10月24 日). http://news.walkerplus.com/article/66871/ 2015年10月25日閲覧。 
  13. ^ “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  14. ^ 公演情報”. 劇団☆新感線 オフィシャルサイト. 2018年4月5日閲覧。
  15. ^ 2004年5月公演 燃えよ剣”. 明治座 公式サイト. 2018年4月5日閲覧。
  16. ^ ママがわたしに言ったこと”. SIS company inc. Web. 2018年4月5日閲覧。
  17. ^ “『姫が愛したダニ小僧 PrincessandDannyBoy』制作発表”. シアターガイド (有限会社モーニングデスク). (2005年6月27日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2005/06/27_02.php 2018年4月5日閲覧。 
  18. ^ ラブハンドル”. PARCO劇場. 2018年4月5日閲覧。
  19. ^ アジアの女”. 新国立劇場. 2018年4月5日閲覧。
  20. ^ “長野博主演『フライパンと拳銃』製作発表”. シアターガイド (有限会社モーニングデスク). (2008年10月6日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2008/10/06.php 2018年4月5日閲覧。 
  21. ^ 紀伊國屋ブルテンボード1”. 紀伊國屋書店. 2010年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  22. ^ “ゴッホ癒やす2役 知性捨てて挑む 舞台「炎の人」 富田靖子さんインタビュー”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年11月7日). オリジナルの2011年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111108143915/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111107/ent11110719160013-n1.htm 2018年4月5日閲覧。 
  23. ^ “富田靖子7年ぶり舞台 松下洸平と二人芝居 山田洋次監督監修「母と暮せば」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年4月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/05/0011134317.shtml 2018年4月5日閲覧。 
  24. ^ ベストアルバム「エエトコドリ!」の歌詞カードの解説に書かれている。

外部リンク