愛と銃弾 (2017年の映画)

2017年のイタリアのミュージカル犯罪アクションコメディ映画

愛と銃弾』(あいとじゅうだん、Ammore e malavita)は2017年イタリアミュージカル犯罪アクションコメディ映画。 監督はマネッティ・ブラザーズイタリア語版、出演はジャンパオロ・モレッリイタリア語版セレーナ・ロッシイタリア語版など。 殺害を命じられた相手がかつての恋人と知った殺し屋が組織を裏切って彼女と逃走する姿を描いている[2]

愛と銃弾
Ammore e malavita
監督
脚本
製作
出演者
音楽
主題歌Bang Bang
  • セレーナ・ロッシ
  • フランコ・リッチャルディ
  • ジャンパオロ・モレッリ
撮影 フランチェスカ・アミトラーノイタリア語版
編集 フェデリコ・マリア・マネスキ
製作会社
配給
公開
  • イタリアの旗 2017年10月5日
  • 日本の旗 2019年1月19日
上映時間 134分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
興行収入 イタリアの旗 $1,650,665[1]
世界の旗 $1,668,753[1]
テンプレートを表示

第63回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語版作品賞ほか計5部門を受賞している[2]

2017年8月末から9月にかけて開催された第74回ヴェネツィア国際映画祭で初上映された[3]。 日本では2018年4月末から5月にかけて開催された「イタリア映画祭2018」で上映された[4]後、2019年1月19日から一般上映された。

ストーリー編集

ナポリの水産市場を仕切るマフィアのボス「魚介王」ことヴィンチェンツォは、対立する組織から命を狙われて怪我を負ったことから、自分が死んだことにして妻マリアとともに海外に逃げることを決める。自分によく似た男を部下に殺させ、その死体を身代わりにして葬儀を執り行うことにしたが、病院で女性看護師ファティマに生きている姿を目撃されてしまう。ヴィンチェンツォは腹心の部下である殺し屋コンビ、チーロとロザリオにファティマの殺害を命じるが、ファティマはチーロがかつて深く愛した女性だった。ファティマもまたチーロを今も想い続けており、チーロは組織を裏切ってファティマとともに逃走を図る。裏切られたロザリオは執拗にチーロを追うが、凄腕の殺し屋であるチーロは追手をことごとく返り討ちにする。一方、ロザリオはチーロの叔父ミンモがチーロに協力していることを知ると、ニューヨークでレストランを経営するヴィンチェンツォの甥フランクに連絡し、ニューヨーク在住のミンモの娘マリエッラの部屋に押しかけて彼女を軟禁することで、ミンモを脅迫してチーロの居場所を聞き出す。ミンモの裏切りに怒るチーロだったが、事情を知ったファティマは解決策を思いつく。

ヴィンチェンツォの偽の葬儀の場に現れたチーロはマリアからヴィンチェンツォが隠れている部屋の鍵を盗み出す。盗まれたことに気付いたマリアは甥フランコに命じてチーロが殺しに行くことをヴィンチェンツォに知らせる。連絡を受けたヴィンチェンツォは慌てて隠し部屋から飛び出すと、驚く部下らに武器を持って備えるように命じる。その様子を外から確認したファティマはヴィンチェンツォの家政婦のふりをして「ヴィンチェンツォが生きているのを目撃したので殺される」と警察に通報する。ヴィンチェンツォの屋敷にかけつけた警察により、ヴィンチェンツォが生きていることが確認されると、武装していたヴィンチェンツォと部下、そして偽の葬儀の場にいたマリアは逮捕される。一方、チーロとロザリオは海岸で1対1で対決する。兄弟同然のロザリオをチーロは何とか説得しようとするが、頑ななロザリオは翻心せず、仕方なくロザリオを撃ち殺す。そこに海からミンモがボートで現れ、チーロを射殺して去っていく。ミンモはその様子を撮した動画をフランクに送り、マリエッラは無事に解放される。

空港に現れたファティマはチーロと再会する。実はチーロはあらかじめ抜き取っておいた自分の血を使って撃たれたふりをしただけで、血だけを残して遺体は海に流されたことにしていたのだ。また、ヴィンチェンツォが隠していたダイアモンドを盗み出すことにも成功し、ファティマとチーロ、そして分け前をもらったミンモは国外に脱出する。

キャスト編集

作品の評価編集

部門 対象者 結果
第63回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語版 作品賞 受賞
監督賞 マネッティ・ブラザーズイタリア語版 ノミネート
オリジナル脚本賞 マネッティ・ブラザーズ、ミケランジェロ・ラ・ネーヴェイタリア語版
プロダクション賞イタリア語版 カルロ・マッキテッライタリア語版、マネッティ・ブラザーズ
助演女優賞 クラウディア・ジェリーニイタリア語版 受賞
助演男優賞 カルロ・ブチロッソイタリア語版 ノミネート
作曲賞イタリア語版 ピヴィオとアルド・デ・スカルツィイタリア語版 受賞
歌曲賞イタリア語版 Bang Bang
美術賞イタリア語版 ノエミ・マルキカ ノミネート
衣装賞イタリア語版 ダニエラ・サレルニターノイタリア語版 受賞
メイクアップ賞イタリア語版 ヴェロニカ・ルオンゴ ノミネート
ヘアメイク賞イタリア語版 アントニオ・フィダート
編集賞イタリア語版 フェデリコ・マリア・マネスキ
音響賞イタリア語版 ラヴィニア・ブルケリ、シモーネ・コスタンティーノ、クラウディオ・スピネッリ、ジャンルカ・バシーリ、セルジオ・バシーリ、アントニオ・ティリネッリ、ナディア・パオーネ
特殊視覚効果賞イタリア語版 パランティア・ディジタル

出典編集

  1. ^ a b Love and Bullets” (英語). Box Office Mojo. 2020年3月23日閲覧。
  2. ^ a b 愛と銃弾”. WOWOW. 2020年3月23日閲覧。
  3. ^ Raffaella Serini (2017年9月6日). “Venezia 74, Ammore e Malavita dei Manetti Bros.: che spasso, questa camorra!” (イタリア語). VanityFair.it. https://www.vanityfair.it/show/cinema/2017/09/06/venezia-74-amore-e-malavita-manetti-bros-coliandro-claudia-gerini-film 2020年3月23日閲覧。 
  4. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2018 公式サイト. 朝日新聞. 2020年3月23日閲覧。

外部リンク編集