愛の山河」(あいのさんが)は、1974年7月2日から同年9月24日まで日本テレビ系列の「火曜劇場」(毎週火曜22:00 - 22:55)の枠で放送されたテレビドラマ。全13話。

愛の山河
ジャンル テレビドラマ
脚本 高橋玄洋
演出 結城章介
出演者 大原麗子 ほか
製作
プロデューサー 上條孝美松竹)、山本時雄(NTV)、嶋村正敏(NTV)
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1974年7月2日1974年9月24日
放送時間火曜日22:00〜22:55
放送枠火曜劇場
放送分54分
回数13
テンプレートを表示

概要編集

今日出海1952年発表の小説『雪間草』(小説朝日社)を脚色した作品。

長野県松本市の新聞社「信濃日報」に勤める立川南美江は母の房子と二人暮らし。ある日、田島が山の中で遭難したと聞いて南美江は大町市上高地山小屋に駆け付け、そこで救助に当たった男・夏樹に会う。実は南美江と夏樹はいとこ同士。しかしそんなことをお互いは知らない。夏樹には出生の秘密、そして結婚に失敗した過去があり、そんな暗い過去を山の生活でいやしていた。南美江は夏樹に徐々に惹かれていくが、南美江の母・房子と夏樹の母・葉子が姉妹同士であるが仲が悪いなどのことから両家は絶縁状態にあり、お互いの家族から交際を反対される。しかし裏切られ、傷ついてもその一人の男性を愛し続けるひた向きな女性の愛を描いた[1][2]

スタッフ編集

  • 原作:今日出海「雪間草」
  • 脚本:高橋玄洋
  • 演出:結城章介
  • プロデューサー:山本時雄、嶋村正敏(日本テレビ)、上條孝美(松竹)
  • 題字:矢萩春恵
  • 制作:松竹、日本テレビ

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 京都新聞 1972年7月2日朝刊テレビ欄での本作の紹介記事より。
  2. ^ 週刊TVガイド 1974年7月5日号 p.113
日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
春のもつれ
(1974.4.2 - 1974.6.25)
愛の山河
(1974.7.2 - 1974.9.24)
献身
(1974.10.1 - 1975.1.7)