メインメニューを開く

若林 豪(わかばやし ごう、1939年9月5日 - )は、日本俳優長崎県長崎市茂木町出身。本名は森武久明(もりたけ ひさあき)。身長177cm。血液型A型専修大学卒業。

わかばやし ごう
若林 豪
本名 森武 久明(もりたけ ひさあき)
生年月日 (1939-09-05) 1939年9月5日(80歳)
出生地 日本の旗 日本 長崎県長崎市
民族 日本人
身長 177cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1966年
配偶者 あり
著名な家族 若林久弥(三男)
事務所 エ・ネスト
主な作品
テレビドラマ
Gメン』シリーズ
赤い霊柩車シリーズ
ランチの女王
テンプレートを表示

三男は俳優の若林久弥である。

来歴・人物編集

専修大学経済学部卒。劇団新国劇出身、若林プロモーションから2006年11月東宝芸能へ移籍した。のち、2015年ごろから、エ・ネストに所属。

島田正吾の直弟子としてデビュー[1]

1977年『Gメン』シリーズにレギュラーとして出演開始、以降5年間出演した。

  • 若林は出演について、この番組はすごく好きだったし、視聴率も高かったから、入っていくのは誇らしい気持ちだったと振り返っている。またシリーズの終焉については、「それでもまだ後ろ髪を引かれる気持ちがあったね。やり遂げたという思いと、まだ別の形でやればよかったかという思いと、それが「Gメン」という重みだったんだろうね。」とコメントしている[2]
  • レギュラーとして初出演した回の撮影では、妻子を殺されるという設定に思わず涙が溢れ台詞が出てこなくなり、台詞までに長い間が有ったが、そのシーンはそのまま使用された[3]
  • 同じ三つ揃えのスーツが衣装として30着近く用意されていたため、衣装を他のものに変えることはなかった[4]

NHKの大河ドラマでは、1983年の徳川家康、1987年の独眼竜政宗で真田幸村を二度演じた。

1989年より山村美紗が、この役は絶対若林にとの願いで[5]、山村原作のサスペンスドラマシリーズ『赤い霊柩車』(フジテレビ系)などで狩矢警部を局をまたいで演じて、当たり役となった。

1990年代にはテレビショッピング番組に司会者として出演していた。

2006年4月、舞台『同期の桜-君にめぐり逢いたい-』 で主演を務めた。

2008年3月5日、慢性硬膜下血腫のため名古屋市中区の病院にて手術を受ける[6]。このため同市で出演中の舞台からは降板することとなった。術後の経過は良好で、仕事に復帰した。2009年にはNHK大河ドラマ・天地人島左近役で出演した。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

吹き替え編集

バラエティ編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ 若林豪 - エ・ネスト
  2. ^ 名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!1982年4月3日・Gメン’75 若林豪- アサ芸プラス 2016年
  3. ^ 刑事マガジン2004 vol.2 P.77
  4. ^ 刑事マガジン2004 vol.2 P.79
  5. ^ 刑事マガジン2004 vol.2 P.79
  6. ^ 林豪、次男は住職…バラエティに富んだ3男2女の今 - 2016年11月8日13時28分 スポーツ報知
  7. ^ 渡辺えりが25歳の芸者役に!「おばこ / 渡辺えり愛唱歌」開幕”. ステージナタリー (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。

外部リンク編集