愛の選択』(原題: Dying Young、別題:The Choice of Love)は、1991年アメリカ映画マーティ・ラインバックの同名小説の映画化。

愛の選択
Dying Young
監督 ジョエル・シュマッカー[1]
脚本 リチャード・フリーデンバーグ
原作 マーティ・ラインバック
製作 サリー・フィールド
ケヴィン・マコーミック
出演者 ジュリア・ロバーツ
キャンベル・スコット
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 フアン・ルイス・アンチア
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年6月21日
日本の旗 1991年12月14日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $82,264,675[2]
アメリカ合衆国の旗 $33,669,178[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

恋人の浮気現場を目撃したヒラリーは、傷心を癒すため母親のもとで新たな職を探していた。そんなある日、白血病を患っている富豪の息子ヴィクターを看護する求人が行われていることを知る。早速ヴィクターの父のもとに面接に行く彼女だったが、結果は不採用となってしまう。ところがしばらくして、彼女を気に入ったというヴィクターの申し出で、二人は共に時間を過ごすことになる。生まれ育った環境が違う二人だったが、同じ時を過ごしていくなかで、次第に惹かれあっていくのだった。だが、ヴィクターの病は確実に進行していた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

その他吹き替えキャスト:島香裕辻谷耕史掛川裕彦小島敏彦中村秀利有本欽隆吉水慶さとうあい滝沢ロコ

出典編集

  1. ^ 愛の選択 : 作品情報 - 映画.com
  2. ^ a b Dying Young” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月29日閲覧。

外部リンク編集