メインメニューを開く

愛奴』(あいど)は、1975年5月1日に発売された愛奴のデビューアルバム

愛奴
愛奴スタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年12月10日 - 1975年1月22日
ジャンル ロック
時間
レーベル CBSソニー
プロデュース 愛奴
愛奴 アルバム 年表
愛奴
(1975年)
LOVE IN CITY
1976年
『愛奴』収録のシングル
  1. 二人の夏
    リリース: 1975年5月1日
  2. 恋の西武新宿線
    リリース: 1975年9月1日
テンプレートを表示

概要編集

吉田拓郎バックバンドとしてツアーに参加する合間を縫ってレコーディングされた。しかし、初日は8時間かけて1曲も録れないなど製作は難航し、当初の予定を上回る長期間にわたってレコーディングが続けられることになった。

浜田省吾は当時のレコーディングの様子について、「初めてヘッドフォンをして歌うと、あまりに自分が音痴で愕然とした」「自分のドラムは持ってなかったから、レンタル・ドラムを使っていた」など、苦労しながら制作したエピソードを語っている。アルバムが完成して「自分達こそが最高だ」と確信していた浜田だったが、同時期にデビューしたシュガー・ベイブセンチメンタル・シティ・ロマンスのアルバムを聴いて、大きなショックを受ける。

作曲は各メンバーが手掛けており、作詞はすべて浜田が担当している。「愛奴のテーマ」という、珍しいバンドのテーマソングも収録されている。

当初ジャケットに使用された写真については、蔭山敬吾が別案を出していたが、最終的にメンバーが選んだものが採用されたという経緯がある。ただし、浜田はミーティングの際に田島照久が「良くない」と発言したことを覚えており、田島も浜田が自分に同意したことを記憶している。1982年以降は田島が新たにデザインしたジャケットに差し替えられ、CDでもそちらが使われている。オリジナル版のジャケットは浜田のソロアルバム『初夏の頃 〜IN EARLY SUMMER〜』のCD-ROM機能で見ることができるが、『AIDO Complete Collection』では差し替え後のジャケットのみが紹介されている。

なお、最終曲の後に隠しトラックが収録されており、『AIDO Complete Collection』でも踏襲されている。

収録曲編集

A面
全編曲: 愛奴
#タイトル作詞作曲時間
1.愛奴のテーマ浜田省吾浜田省吾・青山徹
2.初夏の頃浜田省吾浜田省吾
3.春の日に浜田省吾青山徹
4.二人の夏浜田省吾浜田省吾
5.君がいれば山崎貴生・浜田省吾山崎貴生
6.愛するお前に浜田省吾山崎貴生
B面
#タイトル作詞作曲時間
7.雨模様浜田省吾山崎貴生
8.あの娘は僕の大事なべぇぃびぃ浜田省吾浜田省吾
9.夢にいざなえ浜田省吾浜田省吾
10.恋の西武新宿線浜田省吾浜田省吾
11.もうすぐ五月 外は雨浜田省吾町支寛二
12.去りし友よ浜田省吾町支寛二
合計時間:

曲解説編集

A面編集

  1. 愛奴のテーマ
    最初にレコーディングされた曲。『AIDO Complete Collection』では「AIDOのテーマ」と表記されている。
    「恋の西武新宿線」のB面曲。
  2. 初夏の頃
  3. 春の日に
  4. 二人の夏
    デビュー曲としてシングルも同時発売された。
  5. 君がいれば
  6. 愛するお前に

B面編集

  1. 雨模様
    同時発売のシングル「二人の夏」のB面に収録。
  2. あの娘は僕の大事なべぇぃびぃ
  3. 夢にいざなえ
  4. 恋の西武新宿線
    後に2ndシングルとして発売されたが、そちらは別バージョンである。浜田が1979年のアルバム『君が人生の時…』でセルフカバーしている。
  5. もうすぐ五月 外は雨
  6. 去りし友よ

参考文献編集

外部リンク編集

  • AIDO SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE