感動ポルノ(かんどうポルノ、英語: Inspiration porn) とは、2012年障害者人権アクティヴィストであるステラ・ヤングが、オーストラリア放送協会のウェブマガジン『Ramp Up』で初めて用いた言葉である[1]。意図を持った感動場面で感情を煽ることを「ポルノ」(ポルノグラフィ)という形で表現しているが、ポルノ自体は性的な興奮を掻き立てるものに使われる。

概要編集

ステラによれば、この言葉は、障害者が障害を持っているというだけで、あるいは持っていることを含みにして、「感動をもらった、励まされた」と言われる場面を表している[2][3]。そこでは、障害を負った経緯やその負担、障害者本人の思いではなく、積極的・前向きに努力する(=障害があってもそれに耐えて・負けずに頑張る)姿がクローズアップされがちである。「清く正しい障害者」が懸命に何かを達成しようとする場面をメディアで取り上げることがこの「感動ポルノ」とされる[4]。また、紹介されるのは常に身体障害者であり、精神障害者発達障害者が登場することはほとんどない[5]

日本においては、2016年8月28日にNHK Eテレが『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』「検証!『障害者×感動』の方程式[6]」で感動ポルノを取り上げ、裏番組に当たる24時間テレビを批判した[7][8]

英国BBC1996年、障害者の「困難に耐えて頑張る」姿ばかりが描写されがちなことに対する抗議運動を受けて「障害者を“勇敢なヒーロー”や“哀れむべき犠牲者”として描くことは侮辱につながる」というガイドラインを制定している[6]

また、2020年の新型コロナウイルスにおける医療従事者への感謝として「コロナ(ウイルス)と戦う医療従事者の皆さまへお礼のメッセージ(拍手)を送りましょう」と自治体やタレントが音頭を取るケースもあり、「感動ポルノ」「全体主義的」だと批判されるケースもあるという[9][10]

脚注編集

  1. ^ Young, Stella (2012年7月3日). “We're not here for your inspiration - The Drum (Australian Broadcasting Corporation)”. Abc.net.au. 2016年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月29日閲覧。
  2. ^ Young, Stella. “Stella Young: I’m not your inspiration, thank you very much | TED Talk”. TED.com. 2015年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  3. ^ Heideman, Elizabeth (2015年2月2日). “"Inspiration porn is not okay": Disability activists are not impressed with feel-good Super Bowl ads”. Salon.com. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  4. ^ 「障害者を感動話に」方程式批判”. 毎日新聞 (2016年8月28日). 2016年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  5. ^ イシゲスズコ (2016年9月3日). “「障害者の感動ポルノ」を巡る議論で、私たちが見落としていること”. LITALICO. 2016年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月24日閲覧。
  6. ^ a b 検証!『障害者×感動』の方程式
  7. ^ 岩下恭士 (2016年9月17日). “全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン「感動ポルノ」は要らない /東京”. 毎日新聞地方版. http://mainichi.jp/articles/20160917/ddl/k13/070/006000c 2016年9月17日閲覧。 
  8. ^ 今一生. “24時間テレビを感動ポルノと批判した「バリバラ」の快挙”. iRONNA. 2016年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  9. ^ 相次ぐ医療従事者への「英雄化」と「いじめ」。両者に共通する近代国民国家がもつ宿痾(ハーバービジネスオンライン)
  10. ^ <新型コロナ>医療現場へ拍手、感謝の強制? さいたま市の全市立校参加 市民らから疑問の声(東京新聞)

参考文献編集

  • Ben Whitburn (2015). “Attending to the Potholes of Disability Scholarship”. Disability Studies. Sense Publishers. pp. 215–224. ISBN 9789463001991 
  • Disability Media Participation: Opportunities, Obstacles and Politics”. Mia.sagepub.com (2015年2月1日). 2016年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集