ステレオタイプ: Stereotype: Stéréotype)とは、多くの人に浸透している先入観思い込み認識固定観念レッテル偏見差別などの類型化された観念を指す用語である。アメリカのジャーナリストであるウォルター・リップマンによって命名された[1]

また、社会心理学ではステレオタイプとは、特定のカテゴリーの人々に関する過度に一般化された信念のことである[2]。その種類は様々で、例えば、そのグループの性格、好み、外見、能力に関するものなどがある。ステレオタイプは、過度に一般化され、不正確で、新しい情報に抵抗を示すこともあるが、正確な場合もある[3]。集団に関するこのような一般化は、迅速な意思決定を行う際には有用である可能性があるが、特定の個人に適用した場合には誤りとなる可能性があり、差別の原因の一つとなっている。

実証的な社会科学の研究では、人口統計学的特性、学業成績、性格、行動、性別、国籍、人種、社会階層、民族、政治的所属などに基づくステレオタイプについて、政治的所属や国籍に関するステレオタイプには正確さに欠ける部分はあるものの、それ以外のほとんどのステレオタイプは高い正確性と合理性があることがわかっている[4]

なお、“ステレオタイプ”はフランス語の“Stéréotype”を英語読みしたもので、「立体的な」を意味する“ステレオ(stereo)”とは綴りは同一だが語意が異なる。

概要編集

元々は印刷術のステロ版(鉛版)が語源となる社会学用語で、思考や観念、ものの見方・捉え方を示し、ステロ版で印刷された印刷物のように、「型を用いて作られたかのように全く同じもの」「既に完成された状態のものとして扱われているもの」という意味で、「多くの人に浸透している認識固定観念、特に先入観思い込み」を指す。日本語で同様の表現を示すなら、「判で押したように」「紋切型の」がほぼ同様の用語である。

フランス語で「決まり文句」など類型化された表現を意味するクリシェ(cliché) も、フランス語で“クリシェ”とはステロ版を意味するため、同じ意味といえる。

「ステレオタイプな」「ステレオタイプのような」という形容詞としては"stereo typical"(ステレオティピカル)という語もあり、これは日本語では「常同的」「常同性」と訳されることがある[5]

古典的な類型性編集

 
漫画の悪役像

物語フィクションなどで造形される人物像にその典型的な形が見られ、勧善懲悪の物語では、善役はいかにも善役らしい姿や言動があり、他方、悪役は同様にいかにも悪役らしい姿や言動で表現される。

大衆向けの娯楽目的の小説映画ドラマなどでは、人物造形だけではなく、物語の構成やプロット、展開・結末などもステレオタイプになっているのが一般である。漫画アニメなどでは、「Boy meets girl, and fall in love」という言葉があるが、これは最近の物語におけるステレオタイプではなく、古代の青春恋愛物語である『ダフニスとクロエー』においても同じような構成になっている。これらは、神話類型Cat:神話類型)に通じ、物語の基本的な類型構造で、人間心理の普遍的・先天的なありようとも関係すると考えられる。

しかし近代において、大衆社会マスコミュニケーションが成立すると、政治経済社会的な目的において、過剰に単純化され類型化されたイメージが広く一般の人にも流布するようになり、文字通り、紋切り型な把握や観念や思考となって定着するようになった。

ステレオタイプな観念の特徴編集

多くの人が持つ観念には、先入観タブロイド思考を含み偏見差別的な意識とも関係している。

「紋切り型」という言葉が示すように、多数の人において同じような考え方や見方が類型化されて共有され、なぜその思考や見方が妥当と確信するのかということについても、メディアや周囲の人が皆そう言っているとか、主体的に吟味することなく、そのまま無批判に取り入れ鵜呑みにしていることが一般である。

その為、客観的根拠もなく、個々人が抱く考え方・観念に対する理解にも乏しく、底が浅く、また複雑なものごとを単純化しているため、当人は理解しているとの錯覚に陥っているが、迷妄であって固定観念になっている場合も多々ある。

正確性編集

 
1952年3月の『Beauty Parade』誌に掲載された、女性ドライバーをステレオタイプ化した特集。モデルにはベティ・ペイジが起用されている。

ステレオタイプは効率的な近道であり、感覚を生み出すツールでもある。しかし、ステレオタイプは、個人に関する新しい情報や予想外の情報を処理することを妨げ、印象形成のプロセスを偏らせてしまうことがある[6]。初期の研究者たちは、ステレオタイプは現実を正確に表現していないと考えていた[7]。例えば、1930年代に行われた一連の先駆的な研究では、広く受け入れられている人種的なステレオタイプには経験的な裏付けがないことがわかっていた[8]。1950年代半ばには、ゴードン・オールポートが「すべての証拠に反してステレオタイプが成長することはあり得る」と記している[9]

ステレオタイプの形成における擬似的な相関関係の役割に関する研究によると、ステレオタイプは、2つの事象(例えば、社会集団の一員であることと、悪い属性や良い属性)の関係について誤った推論をすることで発展する可能性があるという。つまり、少なくとも一部のステレオタイプは不正確であるということである[10][11][12][13]

実証的な社会科学の研究によると、ステレオタイプはしばしば正確であることがわかっている[14][15]。ユッシムらは、人口統計学的特性、学業成績、性格、行動に関する、人種的ステレオタイプに関する4つの研究と、性別的ステレオタイプに関する7つの研究をレビューした。それによると、民族や性別のステレオタイプには正確な部分もあるが、政治的所属や国籍に関するステレオタイプは正確さに欠けるということがわかった[16]。また、テラッチアーノらの研究では、国籍に関するステレオタイプの信念は、異なる文化圏の人々の実際の性格特性を反映していないことがわかっている[17]

ラトガーズ大学の社会心理学教授のリー・ユッシムによると、「ステレオタイプは不正確である」という神話があるという[18]。多くの研究者が引用し、ステレオタイプは不正確であるいうソースとなっているゴードン・オールポートの著書『The Nature of Prejudice』(1954年)などをユッシムは確認しても、ステレオタイプが不正確であるという実証的・科学的な根拠は見つけられなかったという[18]。マレーネ・マッキーは、ステレオタイプは不正確であるが、これは経験的な主張ではなく定義であると主張している。つまり、ステレオタイプの不正確さが経験的な発見であるかのように扱われているにもかかわらず、ステレオタイプは単に不正確であると定義されていたというのである[19]

ステレオタイプの例編集

以下の例は、統計学・科学的な裏付けが無い固定観念による類型化による一例で偏見差別を助長する原因となっている。

性別・身体的特徴/服装・髪型編集

性的指向編集

  • 男はマッチョで女よりも性欲が強く、同時に複数のことをこなすことができないというステレオタイプがある[20]
  • 女は運転が下手で方向音痴であるというステレオタイプがある[20]

血液型編集

日本において特有の迷信であり、科学的に立証された例は無い。欧米諸国ではこういった偏見は見られない。

人種・国籍・肌の色など編集

 
ポーランド人が宇宙に行けない(ほど知識がないとされる)ことを揶揄したポーランドボールの漫画。2012年にポーランドが欧州宇宙機関に加入したことについて言及している。
  • 黒人 - 日本においては黒人差別をなくす会による差別的であるとの指摘や抗議活動により、ステレオタイプで描写された絵本『ちびくろサンボ』の絶版、カルピスの登録商標の使用差し止め、藤子プロの『オバケのQ太郎』における特定エピソード掲載巻の回収および以後の掲載中止、ダッコちゃんの販売停止に追いこまれる事態となり、その後、出版社やアニメ制作会社などでは作品に黒人自体を出すことをタブーとし自粛していた。また黒人は白人よりも体臭が強いというステレオタイプも見受けられる[20]
  • スコットランド人 - スコットランド人はけちであるというステレオタイプがある[20]
  • ドイツ人 - 勤勉で合理的だが、ビール好きというイメージがある。
  • 東洋人 - 挨拶のとき必ず合掌お辞儀をする。理数系の学科が得意[22]。その一方で、物事に対していい加減な部分がある。時間や約束事に対してルーズ。物静か、集団的、クリーニング店を経営している、勤勉、目上の者には絶対服従、など。瞑想仏教修行)をするので精神が安定している。空手柔道拳法など徒手格闘術の達人である。
 
「さあ、どうぞ休みを取って下さい!」ステレオタイプがプロパガンダに利用される例。第二次世界大戦中のアメリカでの反日宣伝広告にみられるステレオタイプな日本人像(黄色い肌、メガネ、出っ歯、口ひげ、慇懃無礼、戦闘帽)ステレオタイプな日本人が挑発することにより労働意欲・反日感情を掻き立てる目的に作られた。
  • ロシア人 - ロシア人は飲んだくれで民主主義的考えを受けつけない人種だというステレオタイプがある[20]

地域性編集

  • 都会(主として東京23区を指す) - 洗練されている。流行の先端を行っている(おしゃれ)。人間関係(人付き合い)が表層的。考えが合理的でクール。教育、健康、育児などにおいて「不健全」な環境。危険でマナーが悪く冷たい人間性。
  • 田舎(主として郡部を指す) - 地味。洗練されていない。訛りがひどい。流行から遅れている。産業は農林漁業関係しかない。濃厚な人間関係(人付き合い)が残っている。生活や子育てにおいて、健全なよい環境が残されている。安全でマナーが良く温かい人間性。
  • 江戸人 - 刹那的(例:「宵越しの金は持たない」)・場当たり的。意地・見栄を張る。口は悪いが(江戸弁)、人情に厚い。
  • 関西人 - お笑い好きでおしゃべり。いらち(=せっかち)。派手好き。食い倒れ・建て倒れ・着倒れ・履き倒れ・寝倒れ。首都圏を敵視している。いわゆる「関西のおばちゃん」は逞しく、金銭感覚に優れ、虎縞や豹柄の服を好む[30]
  • 港町(横浜、神戸、長崎、函館、小樽など) - ハイカラ、おしゃれ、開放的な気質(コスモポリタニズム)。
  • 沖縄 -本土に比べて温和な人間性がある。

職業や学業の専攻編集

脚注編集

  1. ^ 上瀬由美子『ステレオタイプの社会心理学』サイエンス社、2002年、p.5
  2. ^ Cardwell, Mike (1999). Dictionary of psychology. Chicago Fitzroy Dearborn. ISBN 978-1579580643. https://archive.org/details/dictionaryofpsyc0000card 
  3. ^ Myers, David G. (2013). Social psychology. Twenge, Jean M., 1971- (11th ed.). New York, NY: McGraw-Hill. ISBN 978-0-07-803529-6. OCLC 795645100. https://www.worldcat.org/oclc/795645100 
  4. ^ Truth, lies and stereotypes: when scientists ignore evidence – Lee Jussim | Aeon Essays” (英語). Aeon. 2021年3月13日閲覧。
  5. ^ webio「stereo typical」
  6. ^ McGarty, Craig; Yzerbyt, Vincent Y.; Spears, Russel (2002). “Social, cultural and cognitive factors in stereotype formation”. Stereotypes as explanations: The formation of meaningful beliefs about social groups. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 1–15. ISBN 978-0-521-80047-1. http://catdir.loc.gov/catdir/samples/cam033/2002073438.pdf 
  7. ^ Katz, Daniel; Braley, Kenneth (1933). “Racial stereotypes of one hundred college students”. The Journal of Abnormal and Social Psychology 28 (3): 280–290. doi:10.1037/h0074049. 
  8. ^ Katz, Daniel; Braly, Kenneth W. (1935). “Racial prejudice and racial stereotypes”. The Journal of Abnormal and Social Psychology 30 (2): 175–193. doi:10.1037/h0059800. 
  9. ^ Allport, Gordon W. (1954). The Nature of Prejudice. Cambridge, MA: Addison-Wesley. p. 189. ISBN 978-0-201-00175-4. https://archive.org/details/natureofprejudic00gord 
  10. ^ Mullen, Brian; Johnson, Craig (1990). “Distinctiveness-based illusory correlations and stereotyping: A meta-analytic integration”. British Journal of Social Psychology 29 (1): 11–28. doi:10.1111/j.2044-8309.1990.tb00883.x. 
  11. ^ Hamilton, David L.; Gifford, Robert K. (1976). “Illusory correlation in interpersonal perception: A cognitive basis of stereotypic judgments”. Journal of Experimental Social Psychology 12 (4): 392–407. doi:10.1016/S0022-1031(76)80006-6. 
  12. ^ Stroessner, Steven J.; Plaks, Jason E. (2001). “Illusory Correlation and Stereotype Formation: Tracing the Arc of Research Over a Quarter Century”. In Moskowitz, Gordon B.. Cognitive Social Psychology: The Princeton Symposium on the Legacy and Future of Social Cognition. Mahwah, N.J.: Lawrence Erlbaum Associates. pp. 247–259. ISBN 978-0-8058-3414-7. https://books.google.com/books?id=DE-cJ8F4rSMC&pg=PA247 
  13. ^ McConnell, Allen R.; Sherman, Steven J.; Hamilton, David L. (1994). “Illusory correlation in the perception of groups: an extension of the distinctiveness-based account”. Journal of Personality and Social Psychology 67 (3): 414–429. doi:10.1037/0022-3514.67.3.414. PMID 7965600. http://allenmcconnell.net/pdfs/edbe-JPSP-1994.pdf. 
  14. ^ Yueh-Ting Lee, ed (September 1995). Stereotype Accuracy: Toward Appreciating Group Differences. American Psychological Association. ISBN 978-1-55798-307-7 
  15. ^ Jussim, Lee; Crawford, Jarret T.; Rubinstein, Rachel S. (2015). “Stereotype (In)Accuracy in Perceptions of Groups and Individuals”. Current Directions in Psychological Science 24 (6): 490–497. doi:10.1177/0963721415605257. https://semanticscholar.org/paper/0829c9c2711caf8394b2fee5070d833048aa0650. 
  16. ^ Jussim, Lee; Cain, Thomas R.; Crawford, Jarret T.; Harber, Kent; Cohen, Florette (2009). “The unbearable accuracy of stereotypes”. In Nelson, Todd D. Handbook of prejudice, stereotyping, and discrimination. New York: Psychology Press. pp. 199–227. ISBN 978-0-8058-5952-2. https://archive.org/details/handbookprejudic00nels 
  17. ^ Terracciano, A; Abdel-Khalek, AM; Adám, N; Adamovová, L; Ahn, CK; Ahn, HN; Alansari, BM; Alcalay, L et al. (2005). “National Character Does Not Reflect Mean Personality Trait Levels in 49 Cultures”. Science 310 (5745): 96–100. Bibcode2005Sci...310...96T. doi:10.1126/science.1117199. PMC 2775052. PMID 16210536. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2775052/. 
  18. ^ a b Truth, lies and stereotypes: when scientists ignore evidence – Lee Jussim | Aeon Essays” (英語). Aeon. 2021年3月13日閲覧。
  19. ^ Mackie, Marlene. "Arriving at "truth" by definition: The case of stereotype inaccuracy." Social problems 20, no. 4 (1973): 431–447.
  20. ^ a b c d e f g h i j Guy Bechtel, Délires racistes et savants fous, éditions Pocket, coll. « Agora », 2006 ; James M. O'Neil, , Male Sex Role Conflicts, Sexism, and Masculinity: Psychological Implications for Men, Women, and the Counseling Psychologist The Counseling Psychologist n° 9 (2): pp. 61–80, 1983, DOI:10.1177/001100008100900213 ; Pierre-André Taguieff, La Force du préjugé. Essai sur le racisme et ses doubles, Paris, La Découverte, « Armillaire », 1988 ; rééd., Paris, Gallimard, « Tel », 1990 2-07-071977-4 et Le Racisme : un exposé pour comprendre, un essai pour réfléchir, Paris, Flammarion, «Dominos», 1997 2-08-035456-6.
  21. ^ 『こいつは人種差別主義者だ。だけど、ねえ、それがディズニーなのさ(It's Racist, But Hey, It's Disney)』(『ニューヨーク・タイムズ紙』、1993年7月14日付記事)より
  22. ^ 1993年の調査によれば、米国におけるSATの数学テストの成績は、アジア人がおおむね他の民族に比べて高い Chapter 1: Elementary and Secondary Science and Mathematics Education - Figures
  23. ^ LPGA reverses xenophobia”. examiner.com. 2008年10月6日閲覧。
  24. ^ New tourism agency to act as policy 'control tower'”. The Japan Times Online. 2008年10月6日閲覧。
  25. ^ THE CHANGING SHAPE OF JAPANESE TEETH:New Cosmetic Treatments Promote Smiles”. Trends in JAPAN. 2008年10月6日閲覧。
  26. ^ RELAX AND SAY 'AHHH'There's no need to grit your teeth”. The Japan Times. 2008年10月6日閲覧。
  27. ^ Sheridan Prasso, The Asian Mystique: Dragon Ladies, Geisha Girls & Our Fantasies of the Exotic Orient PublicAffairs, 2005. ISBN 1586482149
  28. ^ South Park Season 3 Epsode 11 - Chinpoko Mon”. WWW.TWIZTV.COM. 2008年10月6日閲覧。
  29. ^ My Dog Jackie and Japanese Porn”. YouTube: kevjumba. 2008年10月6日閲覧。
  30. ^ しかしアニマル柄の所有率は東京の方が大阪より高い。アニマルファッション東阪一致!?か?
  31. ^ 1946年のTIME誌の表紙 [1]
  32. ^ Critchfield, Austi (2017年11月15日). “This is Why Doughnuts Are Associated With Cops”. Spoon University. 2020年11月2日閲覧。 “The funny thing is, the whole cop and doughnuts thing is completely out of date -- today, an officer could just as easily swing through a McDonald’s drive through as he could a Krispy Kreme. Yet, the stereotype endures, even though police aren’t seen at doughnut shops in nearly the numbers they used to have been. In a way, it’s become a stereotype of itself, which is pretty meta.”

関連項目編集