メインメニューを開く

慶應義塾看護短期大学(けいおうぎじゅくかんごたんきだいがく、英語: Keio Junior College of Nursing)は、東京都新宿区信濃町35に本部を置いていた日本私立大学である。1988年に設置され、2003年に廃止された。大学の略称は慶應看護。学生募集は2000年度まで。2001年度より慶應義塾大学看護医療学部の設置に伴い、学生募集が停止され、2003年8月8日廃止[1]。看護医療学部開設後は、1〜2年次、4年次の一部は環境情報学部や総合政策学部と同じ湘南藤沢キャンパス、3年次および4年次の一部が信濃町キャンパスにて看護教育が行われている。

慶應義塾看護短期大学
旧:看護短期大学 (慶應義塾大学信濃町キャンパス内)
旧:看護短期大学
(慶應義塾大学信濃町キャンパス内)
大学設置 1988年
創立 1917年
廃止 2003年
学校種別 私立
設置者 慶應義塾
本部所在地 東京都新宿区信濃町35
学部 看護学科
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 慶應義塾看護短期大学の学是は「独立自尊の人格を育成し、人命尊重の理念に基づき看護に必要な高度の学術を習得させるとともに、広く社会の福祉に貢献する女子人材の育成を目的とする」となっていた。

教育および研究編集

  • 慶應義塾看護短期大学は看護に特化した教育が行われて、慶應義塾大学病院での臨床実習が取りいれられていた。

学風および特色編集

  • 慶應義塾看護短期大学は1988年の設置と至って新しい方だが、北里柴三郎による看護婦養成所に端を発することから看護教育の伝統と実績の上で設置された短大といえる。
  • 厚生女子学院の伝統を受継いでいたことから、学生は女子のみとなっていた。

沿革編集

  • 1917年 北里柴三郎による慶應義塾大学医学科付属看護婦養成所が認可される。
  • 1950年 慶應義塾大学医学部付属女子厚生学院に改組。
  • 1988年 慶應義塾大学医学部付属女子厚生学院を発展改組。慶應義塾看護短期大学看護学科を置く(入学定員100に対し、在学者数は108となっている[2])。
  • 2000年 学生募集最後となる。
  • 2003年8月8日 廃止[1]

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都新宿区信濃町35

象徴編集

  • 慶應義塾看護短期大学のカレッジマークは慶大と同様、ペンをイメージしたものとなっていた。
  • 大学歌は慶應義塾塾歌となっていた。ほか、「慶應義塾看護婦の歌」があった[3]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 看護学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

  • 看護師受験資格が得られるように設定されていた。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 慶應義塾看護短期大学の学園祭は「四谷祭」と呼ばれ、医学部と合同で行われていた[4]

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 短大のキャンパスは医学部のある信濃町キャンパス内に設置されていた。造りは鉄筋5階建てとなっていた[4]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』264頁
  2. ^ 64年度版『全国学校総覧』57頁より
  3. ^ 看護短期大学閉校式より
  4. ^ a b c 2000年度用入学案内冊子より
  5. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。1999年5月)445ページより

関連項目編集

関連サイト編集