メインメニューを開く

成松 大介(なりまつ だいすけ、1989年12月14日 - )は、日本の男子アマチュアボクシング選手。2018年現在の階級はライトウェルター級[1]2016年リオデジャネイロオリンピックライト級に出場[2]熊本県出身。東京農業大学卒業。自衛隊体育学校所属の自衛官2018年11月現在の階級2等陸尉[1])。

成松 大介 Boxing pictogram.svg
個人情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1989-12-14) 1989年12月14日(29歳)
身長 172 cm (5 ft 8 in)
体重 64 kg (141 lb)
スポーツ
競技

ボクシング

階級 ライトウェルター級
所属 自衛隊体育学校

来歴編集

熊本県立熊本農業高等学校在学中にボクシングを始めた[3]。2018年までに全日本選手権バンタム級、ライト級、ライトウェルター級の3階級で通算8度優勝[1][3]。特に2010年から2015年までは6連覇を達成した[4]

2012年に東京農業大学経済学科を卒業[5]後、自衛官となり自衛隊体育学校に所属。

2013年2015年世界選手権に出場し、それぞれベスト16に入った[4]

2016年4月、リオ五輪アジア・オセアニア予選で3位となり、五輪出場枠を獲得して日本代表に決まった[3]。リオ五輪では1回戦でベネズエラの選手に判定勝ちしたが、2回戦でアメリカの選手に判定負けした[5]

2018年アジア競技大会インドネシア)ライトウェルター級で銅メダルを獲得した[1]

2019年2月、自体校の並木月海と共に日本ボクシング連盟から2018年度アマチュア部門最優秀選手賞の表彰を受けた[6]。4月のアジア選手権バンコク)64kg級では2回戦まで[7]、9月の世界選手権(エカテリンブルク)ライト級では3回戦まで[8]、10月の東京五輪テストイベント(両国国技館)63kg級では準決勝まで[9]、それぞれ進出した。

脚注編集

  1. ^ a b c d 自衛隊体育学校ニュース 第88回全日本ボクシング選手権大会”. 自衛隊体育学校 (2018年11月20日). 2019年9月21日閲覧。
  2. ^ リオデジャネイロオリンピック2016 ボクシング 8月9日の結果”. 日本オリンピック委員会. 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ a b c <リオへ届け 被災地からのエール> ボクシング・成松大介 普段通り「行ってこい」”. 東京新聞 (2016年7月26日). 2019年9月21日閲覧。
  4. ^ a b ボクシング注目選手:リオの雪辱を誓う成松、森坂に加え、井上尚弥が絶賛する新星に注目。女子は那須川天心の幼馴染に期待”. Olympic Channel Services (2019年4月30日). 2019年9月22日閲覧。
  5. ^ a b 農友会ボクシング部 森坂 嵐 君(国際バイオビジネス学科2年)・OB成松大介 氏(H24経済学科卒・自衛隊体育学校所属)リオデジャネイロオリンピック ボクシング競技結果報告”. 東京農業大学 (2016年8月23日). 2019年9月21日閲覧。
  6. ^ 2018年度最優秀選手賞表彰について”. 日本ボクシング連盟 (2019年2月8日). 2019年9月21日閲覧。
  7. ^ 【36年ぶり!岡澤銀メダル獲得】2019アジア選手権大会(試合結果4/26決勝,結果4/25・23・22・21・20・19)”. 日本ボクシング連盟 (2019年4月26日). 2019年11月17日閲覧。
  8. ^ 成松大介は3回戦敗退=ボクシング世界選手権”. 時事通信社 (2016年9月18日). 2019年11月17日閲覧。
  9. ^ 東京五輪テストイベント】非公開でも注目度高きプレ大会”. 日本ボクシング連盟 (2016年11月3日). 2019年11月17日閲覧。

外部リンク編集