メインメニューを開く

成長戦略(せいちょうせんりゃく)とは経営学用語の一つ。企業などといった組織成長することを目標として経営していく場合、そのためにはどのような事柄をするべきかを明確にするということ。

日本では組織に留まらず、国家そのものを成長させるということを目指す場合にもこの言葉が用いられている。

解説編集

一般的には、競争政策規制改革規制緩和)、貿易自由化、教育投資、技術開発、マクロ経済の安定などが成長に重要とされる[1]

日本の民主党政権だけに限っても、「新成長戦略」(2010年6月)、「日本再生の基本戦略」(2011年12月)、「日本再生戦略」(2012年7月)が作成された[2]第2次安倍内閣で成長戦略がとられている。第2次安倍内閣での成長戦略というのは、アベノミクスと言われている事柄の一つであり、法人に対する減税を実施することで企業収益を拡大させ、そして国民総所得を向上させるということが目標とされている。

識者の見解編集

経済学者竹中平蔵は「規制改革と官業の民間開放が、成長戦略の基礎である」と指摘している[3]

経済学者の伊藤元重は「成長戦略というと個別分野の政策を並べることになりがちであるが、マクロ経済の視点が必要である[4]」「成長戦略を論じる際には、『サプライ・サイド供給)』と『ディマンド・サイド(需要)』という視点が重要である。成長戦略に関わる多くの政策はサプライ・サイドに働きかけるものであり、規制緩和、市場開放、税制変更などは、いずれもサプライ・サイド政策である[5]」「供給サイドからの成長戦略が日本の持続的成長のために重要である。規制改革・市場改革などによって日本の潜在成長率を上げ、中長期の成長率を押し上げようというのが成長戦略の狙いである[6]」と指摘している。

エコノミストの岩田一政は「長期的に実質消費水準が下がっていく事態を打開するには成長戦略しかない。生産性を上げる一番の大きな要因は開放経済である」と指摘している[7]

経済学者の野口悠紀雄は「多くの人は、『今後成長が期待される分野を政府が選び出し、それに補助を与えて育成することが成長戦略である』と考えている。実際、民間企業の経営者が『成長戦略が必要』という場合、それは『政府の補助が必要』というのとほぼ同義である。また、各省庁にとっては『成長戦略』とは、予算獲得のための手段である。しかし、こうした傾向の成長戦略には大きな問題がある。それは、どの分野が成長できるかは事後的にしか分からない場合が多いからである」と指摘している[8]

経済学者のポール・クルーグマンは「経済成長を確実にできる方法を発見すれば、世界中から貧困問題がなくなる。経済学もいらなくなる」と批判している[1]

経済学者の土居丈朗は「政府の計画的な成長戦略に依存・期待すべきではない。政府の力で経済成長率を直接的に高めることなど到底不可能である。政府にできることは過剰な介入を排する程度に限られている」と指摘している[9]

経済学者の原田泰は「特定産業への肩入れではなくて、規制緩和に尽力するのが成長戦略になる。成長戦略は産業政策ではなく、規制緩和、市場開放、民営化、減税でなければならない」と指摘している[10]

経済学者の高橋洋一は「経済成長のためには役所がでしゃばらないほうがよい。役所の最善の経済政策(成長戦略)は『何もしない』ことである[11]」「政府の成長戦略も、特定産業の選り好みではなく、国民に『成長産業』を選んでもらいという、逆転の発想が必要である[12]」と指摘している。

伊藤元重は「もし成長戦略がサプライサイドで効いてくるとしたら、物価を下げる要因として働きかねない。需要が増えない中で供給力だけが増えれば、物価を下げる圧力として働く」と指摘している[13]

エコノミストの片岡剛士は「民間向けの成長戦略については、潜在成長率をどれほど押し上げるか未知数の部分が大きく、期待できない。アイデアはあるが金はないという人たちの金回りをよくすることが、政府の最大の役割なのではないか」と指摘している[14]

民主党政権の成長戦略編集

経済学者の岩田規久男は「2009年に発表された民主党政権の新成長戦略は、旧自民党政権時代の産業政策の復活であり、規制緩和・競争政策の観点から問題がある[15]」「民主党政権は成長戦略が無いと批判されたため、急遽経済産業省につくってもらった『新成長戦略』を閣議決定した[16]」と指摘している。岩田は、2009年の民主党政権の「新成長戦略」について「内容は戦略でもなんでもなく、大げさな言葉やカタカナ語を並べて、根拠の無い数値目標を掲げているだけである」と指摘している[16]

アベノミクスの成長戦略編集

エコノミストの杉浦哲郎は「政府の提言は産業政策的な発想が強すぎる。成長産業に肩入れすれば経済全体が伸びるという考え方は、単純すぎる」と指摘している[17]

高橋洋一は「成長戦略と言うが、なぜ官僚に成長分野がわかるのだろうか。ターゲットを決めてそこに資源を投入することは、企業ではありえるが、国レベルではありえない」と指摘している[18]。高橋は「東京・大阪などアベノミクス特区をつくり、岩盤規制に穴を開けることが必要であり、期間限定・地域限定なら可能だろう」と指摘している[19]

エコノミストの村上尚己は「成長戦略は、民間経済の力を底上げする政策であるが、いつの間にか公的セクターの予算の使い方に関わる政策にすり替わっている」と指摘している[20]

脚注編集

  1. ^ a b 高橋洋一「ニュースの深層」 「賢い」官僚が成長産業を決める「新成長戦略」は過去の遺物だ これが成功すればノーベル賞もの!?現代ビジネス 2010年6月21日
  2. ^ 野口悠紀雄「日銀が引き金を引く日本崩壊」 古い産業を保護して成長はありえない--成長戦略を評価する視点ダイヤモンド・オンライン 2013年5月9日
  3. ^ 視点:成長と財政再建へアベノミクス「仕切り直し」の好機=竹中平蔵氏Reuters 2014年12月26日
  4. ^ 日本企業が米国ベンチャーのイノベーションに負け続ける理由は何かダイヤモンド・オンライン 2013年7月8日
  5. ^ 伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論 アベノミクス「成長戦略」最大のカギは企業にはびこる強固なデフレマインドの克服であるダイヤモンド・オンライン 2013年6月17日
  6. ^ 伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論 「アベノミクス1年」の成果は想定以上。 今後、成長戦略の成功に必要なものは?ダイヤモンド・オンライン 2013年11月18日
  7. ^ 岩田元日銀副総裁:円安は「自国窮乏化」-08年と類似Bloomberg 2014年9月22日
  8. ^ 野口悠紀雄「日銀が引き金を引く日本崩壊」 古い産業を保護して成長はありえない--成長戦略を評価する視点ダイヤモンド・オンライン 2013年5月9日
  9. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、99頁。
  10. ^ 法人税減税とTPPで復活する日本〔2〕PHPビジネスオンライン 衆知 2014年2月10日
  11. ^ 高橋洋一 『大阪維新の真相』 中経出版、2012年、30頁。
  12. ^ 高橋洋一の民主党ウォッチ 官僚既得権がよみがえる 「日本再生戦略」の正体」の恐れJ-CASTニュース 2012年7月11日
  13. ^ 伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論 「賃金上昇」→「デフレ脱却」という好循環を実現できる成長戦略とは?ダイヤモンド・オンライン 2013年11月11日
  14. ^ インタビュー:増税で振り出し、日本経済再起動が必要=片岡剛士氏Reuters 2014年11月28日
  15. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、27頁。
  16. ^ a b 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、28頁。
  17. ^ 景気が回復しても日本の給料が増えない4つの理由 雇用・賃金の改善を阻む古い経済構造の本質的課題--杉浦哲郎・みずほ総研副理事長に聞くダイヤモンド・オンライン 2013年8月9日
  18. ^ 高橋洋一氏x山口俊昌社長 対談:アベノミクスでどうなる!?激動を勝ち抜く企業経営、IT戦略とはビジネス+IT 2013年6月11日
  19. ^ 高橋洋一氏ら講演:アベノミクスでどうなる?インフレ・賃金の変化から次の一手を導くビジネス+IT 2013年8月26日
  20. ^ インフレが日本を救う 消費増税先送りで、アベノミクスは復活する東洋経済オンライン 2014年9月8日

関連項目編集

外部リンク編集