メインメニューを開く

戦車砲(せんしゃほう)は、戦車に搭載された主砲の総称。

最初から戦車への搭載用として設計された物もあるが、既成の野砲高射砲対戦車砲をもとに車載用に改造された物も多く、反動を軽減するためのマズルブレーキの追加や駐退機の強化、小さく狭い砲塔内からの速射に向くよう閉鎖器を螺旋式や水平鎖栓式から垂直鎖栓式に変更、有毒な火薬燃焼ガスの放蕩内への逆流を防ぐ排煙器の追加などの手が加えられている。

第一次世界大戦において誕生した最初期の戦車の任務は塹壕の突破・歩兵支援であり、そのための榴弾砲を搭載していた。やがて戦車に対戦車戦闘能力が求められるようになり、初期の戦車の薄い装甲に対処できるだけの小口径の対戦車砲が装備された。特に搭載力の乏しい軽戦車では、第二次世界大戦初期あたりでも機関銃しか装備していないものも少なくなかった。

第二次世界大戦の直前ごろから戦車同士の戦闘が意識されるようになり、それに応じて戦車砲と装甲はシーソーゲームで強化が進んでいくが、榴弾砲では装甲貫通力が足りず、小口径の対戦車砲では満足な榴弾が撃てないという問題が生じる。多砲塔戦車に代表されるように複数の砲を搭載したものも現れたが、技術的に問題が大きく成功といえる事例はわずかだった。所要の武装を別の車両へと振り分けたことで、多種の戦車あるいは突撃砲のような類似の装甲戦闘車両が入り乱れる一因となった。こうした状況は対戦車砲が口径75mmクラス以上まで大型化し十分な威力の榴弾を撃てるようになったことで、これを装備する攻撃・防御・機動力いずれもバランスが取れた中戦車を基に主力戦車への統合が進むこととなった。

一方、巨大化した対戦車砲や高射砲は急速に対戦車ミサイル対空ミサイルへの置き換えが進んだため、戦車砲は独自の道を歩んでいくこととなる。1960年代には榴弾砲と対戦車ミサイル発射管を兼ねたガンランチャーも登場した。当時のミサイルは大型で、それに合わせたガンランチャーは大きすぎて携行弾数その他の問題からいったんは廃れたが、後にミサイルの小型高性能化、戦車と戦車砲自体の大型化を受けて、9M119LAHATの様に通常の戦車砲から発射できる対戦車ミサイルが登場している。以前は弾丸に回転を与えて弾道を安定させるライフル砲が主流だったが、1970年代頃からの第三世代主力戦車以後は、回転により威力の落ちるAPFSDS弾やHEAT弾が対戦車戦闘における主力となったことでライフリングの無い滑腔砲が採用されている。21世紀初頭の現在では口径120mm前後のものが主流であり、140mm級も開発されているが、発射時の反動を抑えるのに必要な車輌重量や砲弾の重量が大きすぎる事から採用には至っていない。120mm砲でも砲弾の重さが人力で装填できる限界にきているため、自動装填装置導入に踏み切る戦車が増えている。

有名な戦車砲編集

 
ドイツ軍が鹵獲したマークII。口径57mmのQF6ポンド砲を装備。(1917年4月11日)
 
サン・シャモン突撃戦車。75mm野砲を装備。ソミュール戦車博物館で展示される現存車輌(後期型)(1917〜1918年)
 
IV号戦車J型最後期仕様[1]。長砲身75mm砲を装備。(1939〜1945年)
 
レオパルト2主力戦車。現代標準となっている120mm滑腔砲を装備。(1979年〜)


  ドイツ国

パンター中戦車の主砲
ティーガーI重戦車の主砲
ティーガーII重戦車の主砲

  ドイツ

レオパルト2M1エイブラムス(M1A1以降)、90式戦車等、西側第3世代主力戦車の主砲

  イギリス

センチュリオン(主にMk.9以降)、及びM60パットンレオパルト174式戦車メルカバMk.I/II等の西側第2世代主力戦車の主砲

  ソビエト連邦

  • D-10(100mmライフル砲)
T-54/55シリーズの主砲
T-72T-80T-90系列の主砲

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 復元車両のため、車台は前期仕様、ソミュール戦車博物館

関連項目編集