メインメニューを開く
戸塚文海

戸塚 文海(とつか ぶんかい、天保6年9月3日1835年10月24日) - 明治34年(1901年9月9日)は、日本海軍軍人医師。最終階級は海軍軍医総監。海軍軍医制度創設に貢献した。

経歴編集

備中国浅口郡玉島村(現在の倉敷市)出身。中桐幸右衛門の息子として生まれ、幕府奥医師・戸塚静海の養子となる。適塾シーボルトに学び、将軍侍医となる。

明治維新後、静岡病院頭となる。明治5年(1872年)、海軍省5等出仕となり、軍医寮学舎長、海軍省医務局長兼本病院長、本病院長などを歴任し、明治9年(1876年)12月、海軍軍医総監少将相当)に進級した。

明治10年(1877年)1月から同16年(1883年)10月まで医務局長に在任。明治15年(1882年)8月から同20年(1887年)1月まで有志共立東京病院長を勤めた。明治28年(1895年)12月、後備役となり、明治33年(1900年)12月1日に退役した[1]

栄典編集

位階
勲章等

親族編集

  • 養嗣子 戸塚環海(海軍軍医総監)
    • 養嗣孫 戸塚文卿(環海長男 カトリック司祭)

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5227号、明治33年12月3日。
  2. ^ 式部寮より大久保戸塚叙位宣下御達』 アジア歴史資料センター Ref.C04026923400 
  3. ^ 『官報』第1003号「叙任及辞令」1886年11月1日。
  4. ^ 『官報』第5304号「叙任及辞令」1901年3月12日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

参考文献編集