メインメニューを開く
国道128号標識
国道409号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
千葉県道27号標識

房総横断道路(ぼうそうおうだんどうろ)は1988年昭和63年)度に制定された千葉県道路愛称名[1][2]

木更津市長須賀から長生郡一宮町東浪見までの道路を指す。国道409号国道128号にあたる。近年では圏央道が並走すると決まったことで、幹線道路としての位置付けが向上したものと思われる。

目次

呼称される道路編集

通過する市町村編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 「茂原交差点」と「茂原市茂原交差点」は、異なる場所に存在する交差点である。
  2. ^ 一宮町には国道128号上に「東浪見交差点」が2箇所存在するが、ここでいう「東浪見交差点」は千葉県道30号飯岡一宮線との交点のことを指す。

出典編集

  1. ^ 道路愛称名”. 千葉県 (2010年12月16日). 2013年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。
  2. ^ 房総横断道路 (PDF)”. 千葉県. 2011年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。

関連項目編集