メインメニューを開く

指定交流競走(していこうりゅうきょうそう)とは、

また地方競馬において、他地区に所属する競走馬が出走できる競走を全国交流競走もしくは(地区)交流競走という場合もある。

地方競馬で行われる指定交流競走編集

2010年現在、地方競馬において中央競馬に所属する競走馬が出走できる競走には、出走資格において中央競馬における番組賞金や収得賞金の額(日本の競馬の競走体系を参照)や所属クラスによる制限がない競走とある競走の2つに分けられる。前者(制限のない競走)はオープンクラスと呼ばれ2010年現在はすべて重賞競走であり、日本グレード格付け管理委員会による格付けが行われている。制限のない競走はダートグレード競走に譲ることとし、本項目の以下では制限がある競走のみを取り上げる。

これら制限がある競走においては、「中央競馬交流」「条件交流競走」などの名称が付与されている(地区により呼び方が異なる)。中央競馬では「地方競馬指定交流競走」と呼ぶ。制限のある競走はおもに中央競馬に所属する3歳未勝利と地元地区の3歳の条件馬の競走、ならびに中央3歳以上(時期によっては4歳以上)の500万円以下条件馬と地元地区の条件馬の競走である。また中央3歳以上の1000万円以下条件馬と地方の高級条件馬の競走も少数存在し、一部は重賞や準重賞となっている。なお、これらの競走は霧島賞などの一部例外を除き中央競馬と主催地区に所属する競走馬のみで行われ他地区の競走馬は出走不可能である。多くの場合、出走可能頭数は中央競馬と主催地区で半分ずつである。JRA所属馬に出走枠が与えられる代わりにJRAが「交流競走協力金」の名目で賞金の一部を負担している[2]

地方競馬への間接的な支援、魅力ある番組提供、競走馬の資質向上、また中央競馬では3歳未勝利や500万円以下など下級条件での投票除外が相次いでおり、それらの解消を図る目的も兼ねて1994年から行われている。2003年からは中央3歳未勝利馬との交流戦1着馬も「JRA認定競走馬[注 1]として扱われるようになったが、2013年からそのような扱いはなくなった。

地元所属馬が5着以内に入着した場合は各競馬場の定めた賞金が給付されるが、中央競馬所属馬が入着した場合には賞金および中央競馬が定める金額との差額が給付される。中央競馬所属馬が優勝した場合、3歳未勝利馬の賞金は300万円、3歳以上500万下条件馬の場合は500万円となる。同じ競走でも競走馬の生産地により賞金および補助金が異なる競走が存在するが、競走馬の所属により賞金および補助金が異なる競走は世界的にもほとんど例がないとされる[3]

このため中央競馬所属馬の騎乗依頼を受けた地元騎手は中央競馬の関係者の目の前で実力を見せようと、また地元としては非常に高額な賞金[注 2]に張り切り思わぬ高配当が生まれる原因にもなっている。一方、この競走に騎乗する中央競馬所属騎手は地区で定められた騎乗数の制限の中で当日行われる競走に騎乗可能である。この制度を利用して、一部の騎手が当日の他の競走に騎乗している[注 3]

各地の名称(由来)編集

太字は開催地における準重賞・重賞を示す。

競馬場・地域 JRAの競走条件 開催地所属馬の
出走条件
名称 賞金
ホッカイドウ 3歳未勝利 3歳C1 星座、公園 50万円
3歳以上500万円以下 A2 星座、川 80万円
岩手 3歳未勝利 3歳 天然石 100万円
3歳以上500万円以下 B1 星座
3歳以上1000万円以下 A1 東京カップけやき賞 250万円
大井 3歳未勝利 3歳未格付・C1 フォーチュネイト(花)特別 270万円
3歳以上500万円以下 B2B3 アーバンステージ(旧暦、異称)賞 430万円
3歳以上1000万円以下 A2B1 メトロポリタン(英語月名)カップ 準重賞800万円
(特別競走600万円)
川崎 3歳未勝利 3歳未格付・C1 (英語月名、誕生石)フラワー賞 250万円
3歳以上500万円以下 B2B3 (英語月名、誕生石)スター賞 400万円
3歳以上1000万円以下 A2B1 スパーキングナイトチャレンジ 800万円
船橋 3歳未勝利 3歳未格付・C1 ナイス、ベスト(英語馬具)特別 200万円
3歳以上500万円以下 B2B3 ファンシー、ファビィ、フェイスフル(英語馬具)特別 400万円
浦和 3歳未勝利 3歳未格付・C1 ツイン○○特別 200万円
3歳以上500万円以下 B2B3 マルチ○○特別 400万円
笠松 3歳未勝利 3歳2組 37万円
3歳以上500万円以下 A3 旧暦、川 41万円
名古屋 3歳未勝利 3歳2組 フルーツ 40万円
3歳以上500万円以下 A3 50万円
金沢 3歳未勝利 3歳A2 80万円
3歳以上500万円以下 A3以下 80万円
兵庫 3歳未勝利 3歳AB 110万円
3歳以上500万円以下 A2 150万円
高知 3歳未勝利 未施行
3歳以上500万円以下 B以下 100万円
佐賀 2歳未勝利
(九州産限定)
2歳未格付
(九州産限定)
ミヤマキリシマ特別・ノカイドウ特別
(たんぽぽ賞トライアル)
300万円
3歳未勝利 3歳未格付 ○○カップ 45万円
3歳500万円以下
(九州産限定)
3歳・地方競馬全国
(九州産限定)
たんぽぽ賞 700万円
3歳以上500万円以下 A2以下 ○○カップ 65万円
3歳以上500万円以下
(九州産限定)
3歳以上
(九州産限定)
えびの特別・大隈特別
(霧島賞トライアル)
500万円
3歳以上1000万円以下
(九州産限定)
3歳以上・地方競馬全国
(九州産限定)
霧島賞 800万円

2011年度(2012年3月まで)は大井の「メトロポリタン(英語月名)カップ」3レースうち「ジューン」だけが準重賞として行われた(「ノベンバー」、「マーチ」は特別競走)。

参考文献編集

  • 池田和幸『勝ち馬がわかる競馬の教科書』池田書店、2010年。ISBN 978-4-262-14465-8

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ JRA2歳認定競走と同じく中央競馬の特別指定交流競走に出走可能となるが、中央競馬への移籍については優遇はない。
  2. ^ 佐賀競馬の霧島賞は、ダートグレード競走を除くと当地の重賞の最高賞金である。また、岩手・高知では地元OPクラスよりも高く、他も同クラスの一般レースよりは高額に設定されている。
  3. ^ 試走を兼ねて一レースだけ騎乗馬を用意してもらうケースが多いが、地方出身の騎手はトップ騎手だった腕を頼って多数の騎乗がある場合も多い。また、当日の地方競馬の重賞への騎乗のケースも多く、北海道2歳優駿ホッカイドウ競馬の所属馬で優勝した武豊などの例もある。

出典編集

  1. ^ a b c 池田2010、200頁。
  2. ^ 平成21事業年度事業報告書”. 日本中央競馬会. 2013年9月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月17日閲覧。
  3. ^ 吉田照哉. “理解が得られるなら、地方交流競走の賞金一本化”. 社台サラブレッドクラブ. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月17日閲覧。

関連項目編集