マハー・カーリーサンスクリット語: महा काली, ラテン文字転写: Maha Kali, 生年不詳 - 1452年)は、チャンパ王国占城国)第14王朝の第4代国王(在位:1446年 - 1449年[1])。漢文史料では摩訶貴来(まかきらい、ベトナム語: Ma Kha Quý Lai)と記される。

 マハー・カーリー
महा काली
チャンパ王
在位 1446年 - 1449年

死去 1452年
王朝 第14王朝
テンプレートを表示

生涯編集

第2代国王インドラヴァルマン6世の甥にあたる。国王マハー・ヴィジャヤからポティー(宰相)に任じられていたが、1446年4月にマハー・ヴィジャヤが黎朝大越に捕らえられると、かつてインドラヴァルマン6世がマハー・カーリーに王位を嗣がせたかったことを根拠と称して即位した。大越に制咎・麻叔・婆被らを遣使して称臣した。翌1447年4月にも槃対僉・占湿らを通じて大越に国書を奉った。8月20日にも逋沙怕占持を送って、大越にマハー・ヴィジャヤの身柄を釈放させるよう仲介を求め、1448年6月15日正統帝によって派遣された給事中の陳誼、行人中国語版薛干中国語版によって占城王に封じられた。9月26日、浦沙怕布坡らを遣使して金葉表を奉って舞を献じている。翌1449年、弟のマハー・カーヤに王位を奪われた。1452年、死去した。

出典編集

  1. ^ Sharma, p. 109

参考資料編集

  • Geetesh Sharma (2010). Traces of Indian Culture in Vietnam. Rajkamal Prakashan. ISBN 978-8190540148 
  • 明史』巻三百二十四 列伝第二百一十二 外国五 占城
  • 大越史記全書』本紀巻之十一 黎皇朝紀 仁宗宣皇帝
  • ベトナム史略』第1巻 第3部 第14章 黎氏
  • 明実録』英宗睿皇帝実録 巻一百五十六
  • 『明実録』英宗睿皇帝実録 巻一百六十六
  • 『明実録』英宗睿皇帝実録 巻一百六十九
  • 欽定続文献通考』巻二百三十九 四裔考 南夷 占城
先代:
マハー・ヴィジャヤ
チャンパ王
第14王朝第4代:
1446年 - 1449年
次代:
マハー・カーヤ