救済の技法

平沢進のアルバム

救済の技法』(きゅうさいのぎほう)とは、平沢進の7枚目のアルバムである。1998年8月21日日本コロムビアより発売された。 また、2009年3月18日にはデジタルリマスタリングされた上、シングル「BERSERK-Forces-」の収録の合計4曲が追加されて発売された[1]

救済の技法
平沢進スタジオ・アルバム
リリース
録音 INTERNAL STUDIO
STUDIO PARKSIDE
ジャンル シンフォニック・ロック
プログレッシブ・ロック
ワールドミュージック
レーベル 日本コロムビア/TESLAKITE
平沢進 アルバム 年表
剣風伝奇ベルセルク ORIGINAL SOUNDTRACK
(1997年)
救済の技法
1998年
ロストレジェンド 失われた伝説の大陸 オリジナルサウンドトラック
1999年
平沢進関連のアルバム 年表
電子悲劇/〜ENOLA
(1997年)
救済の技法
(1998年)
音楽産業廃棄物〜P-MODEL OR DIE
1999年
テンプレートを表示

解説編集

「BANGKOK録音3部作」の3作目に該当するアルバム。P-MODELのアルバム「SCUBA」より続いている「全き人格の回復」がテーマとなっており、今作からインタラクティブ・ライブを前提としてストーリーが組まれている[2]。2007年以降のノン・インタラクティブライブでも今作の曲が多数歌われている。

収録曲編集

  1. TOWN-0 PHASE-5
    書籍『音楽産業廃棄物』初版の付録に大和久勝によるPVが収録されており、平沢の指示で脚の生えた巨大なモニターテレビが街中を練り歩くというものに仕上がっている。このモニターテレビのついた乗り物の登場するPVは「論理空軍」、「RIDE THE BLUE LIMBO」にも引き継がれている。
    現在でもライブの人気ナンバーの一つで、特にPHONONシリーズでは毎回演奏されている。
  2. MOON TIME
    宮村優子に提供した曲「MOON」のセルフカバー。
    MOTHER、Ruktun or Dieと違い原曲と同じキーで歌われており、平沢の曲の中でも特にキーが高い。
  3. 庭師KING - GARDENER KING
    2001年にアルバム「Solar Ray」で「庭師KING2」としてセルフカバーされる。同作収録曲では珍しく、近年のライブでも原曲の方が頻繁に演奏されている。
    2012年のライブ「PHONON2555」では大きくリアレンジされた。このバージョンは「導入のマジック」でも聴くことができる。
    2016年、ヒカシューのライブイベント「ヒカシューの絶景クリスマス」では、ヒカシューの演奏、巻上公一と平沢の歌唱で演奏された[3]
  4. GHOST BRIDGE
  5. ナーシサス次元から来た人 - THE MAN FROM NARCISSUS SPACE
    サビがソプラノで歌われている。以降平沢やP-MODELの作品でもソプラノパートが登場する。
  6. 万象の奇夜 - STRANGE NIGHT OF THE OMNIFICENCE
  7. MOTHER
    宮村優子に提供した曲のセルフカバー。原曲よりスローテンポでピッチも下がっている。
    2010年にアルバム「変弦自在」でセルフカバーされる。
  8. 橋大工 - BRIDGE BUILDER
  9. 救済の技法 - TECHNIQUE OF RELIEF
    コーラスを多重録音し加工した、平沢曰く「バカコーラス」が大々的にフィーチャーされている。
  10. WORLD CELL

下記4曲はHQCD版のみ収録。

  1. BERSERK -Forces-
  2. BERSERK -Forces-(GOD HAND MIX)
  3. BERSERK -Forces-(オリジナル・カラオケ) - (Original Karaoke)
  4. BERSERK -Forces-(TV version)

参加ミュージシャン編集

出典編集

  1. ^ 救済の技法 | ディスコグラフィ | 平沢進 | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2019年2月7日閲覧。
  2. ^ 平沢進ディスコグラフィー・救済の技法|平沢進 Susumu Hirasawa (P-MODEL) Official site”. susumuhirasawa.com. 2019年2月7日閲覧。
  3. ^ ヒカシュー、平沢進らがゲスト出演したライヴ音源『絶景』好評独占ハイレゾ配信中! 巻上公一が語るあの日の夜” (日本語). ototoy.jp. 2019年2月7日閲覧。