メインメニューを開く

米津 玄師(よねづ けんし[2][3]Kenshi Yonezu1991年(平成3年)3月10日 - )は、日本シンガーソングライターイラストレーター映像作家である[4]徳島県出身[4]。本名同じ[2]。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm[3]。血液型はO型

米津 玄師
出生名 米津 玄師(よねづ けんし)
別名 ハチ
蛙屋[1]
生誕 (1991-03-10) 1991年3月10日(28歳)
出身地 日本の旗 日本 徳島県の旗 徳島県徳島市
学歴 徳島県立徳島商業高等学校卒業
ジャンル J-POP
ロック
R&B
エレクトロニカ
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
作詞家
作曲家
編曲家
ボーカリスト
イラストレーター
映像作家
音楽プロデューサー
ダンサー
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2009年 -
レーベル BALLOOM
2012年
ユニバーサルシグマ
2013年 - 2015年
ソニー・ミュージックレコーズ
2016年 - 2019年
SME Records
(2019年 - )
事務所 REISSUE RECORDS
(2013年 - )
公式サイト 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」

概要

2009年前後より日本を中心に活動するシンガーソングライター。VOCALOIDクリエイターハチとしてインターネットを中心に活動したあと、2012年に本人名義のアルバム『diorama』でソロデビュー、翌年ユニバーサルシグマからメジャーデビューした。2016年よりソニー・ミュージックレコーズへ移籍。2017年発表のアルバム『BOOTLEG』は同年、翌年を通してチャートインを続け商業的な成功を収めた。音楽的評価も高くCDショップ大賞第60回日本レコード大賞にていずれも最高賞を獲得した。2018年発表の「Lemon」は、フィジカルとダウンロード累計で250万セールス超えを記録、年内最大のヒット曲となった。また、同曲は平成生まれのアーティストで史上初の300万ダウンロードを超えた曲となった[5]

経歴

生い立ち

1991年3月10日に徳島県にて誕生し、長らく県内で暮らす。当時は漫画家を志していた。小学5年生のとき、当時インターネットで流行していたFLASHアニメーション[注 1]を視聴し、使用されていたBUMP OF CHICKENの楽曲に感銘を受ける[6]。中学3年生のころからMTRを使い、オリジナル曲の制作を開始する。平行してアマチュアバンド「late rabbit edda」のフロントマンとして活動、2008年には10代限定ロックフェス第1回「閃光ライオット」のデモテープによる1次審査を通過したものの、スタジオでの2次審査は落選した[7]

2009年 - 2011年 : クリエイター”ハチ”として

パソコンの新調を機にDTMを始め、「ハチ」という名義で約30曲程度の本人歌唱のオリジナル曲をニコニコ動画などにて発表したが、しばらくしてすべて削除している。これは楽曲に自身が影響されたものが色濃く反映されすぎていることが理由として挙げられている[8]徳島県立徳島商業高等学校を卒業後[9]大阪の美術専門学校に通いながら「Ernst Eckmann」でバンド活動を行う[10]。このときはベースボーカルを担当していた。

2009年より、バンド活動と平行してVOCALOIDを使用したオリジナル楽曲の制作を始める。5月にはニコニコ動画にて、初音ミクを用いた処女作「お姫様は電子音で眠る」を発表。2010年に自主制作アルバム『花束と水葬』『OFFICIAL ORANGE』を発表(両作とも2013年に全国流通盤が発売された)、2011年までに「結ンデ開イテ羅刹ト骸」「マトリョシカ」「パンダヒーロー」をはじめとするミリオン再生を記録したヒット曲を発表した[11]。またこの時期自身のブログ「電子帖八番街」(当時の名称)で「WebMoney Award 2009」の「enjoy. Award 2009 ダイヤモンド賞」を受賞[12]

2012年 : 『diorama』

2012年より本名での活動を開始する。2月より作詞・作曲・ボーカルまでを自ら務めた「ゴーゴー幽霊船」「vivi」「恋と病熱」のミュージックビデオを3か月連続で、YouTubeニコニコ動画にて発表したのち、5月16日にBALLOOMよりアルバム『diorama』を発売[13]。アルバムはオリコン週間アルバムランキングで初登場6位を記録するスマッシュヒットを記録した。収録曲すべてにおいてVOCALOIDを使用しなかったのはVOCALOIDを用いた楽曲のクリエイターとして成功した米津の「VOCALOIDを隠れ蓑にしたくないから」という考えによるものである[11]。しかし共同演奏者の不在などを理由にライブは開催されず[14]、動画投稿サイトも約1年間沈黙した。

2013年 - 2014年 : メジャーデビュー ~ 『YANKEE』

2013年

5月29日ユニバーサルシグマからシングル「サンタマリア」をリリースしメジャーソロデビュー[15]を果たした。米津はメジャーで活動する必然性を感じていなかったが、それまで1人で作品を作っていたことに対し「自分が作る音楽にちゃんと理解があって、同じ熱量で同じ方向を見てくれる人とモノを作るっていうのが一番正しい姿」という考えからで、たまたまそれに該当する人がメジャーにいたからだと語っている[15]。6月より、雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』にて「かいじゅうずかん」と題した連載を開始(2013年8月号から2015年12月号まで)。米津が創造した架空のかいじゅうのイラストレーションを描き、その特徴と習性を紹介するという内容だった。10月23日、両A面のシングル「MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー」をリリース。この時点ではライブコンサート活動は一切行わなかったが「いずれやりたいなと思っていました」と語っている[10]。2014年6月に初ライブを行った(ただし、2014年5月にシークレットでライブを行っている)。セカンドシングルリリースからわずか5日後の10月28日、2011年に投稿された「パンダヒーロー」以来2年9か月ぶりに、ニコニコ動画YouTubeVOCALOIDを用いた楽曲「ドーナツホール」を投稿した。楽曲は従来重用してきた打ち込みではなく生のバンドサウンドで録音した[16]

2014年

3月には新曲「リビングデッド・ユース」「アイネクライネ」のミュージックビデオを公開。アイネクライネは東京メトロ2014年度広告キャンペーン"Color your days."のタイアップ楽曲となり[17]長らく米津の代表曲と称され、デジタルシングルチャートでは単独でランクインを続けている。またミュージックビデオは公開からおよそ4年が経過した2018年3月28日にYouTube上での再生回数が1億回を突破した。翌月23日、『diorama』以来およそ2年ぶりにしてメジャーデビュー後初となるオリジナルアルバムYANKEE』を発表。本作はオリコン週間アルバムランキングにて初登場2位を記録した。同年12月に発表されたiTunesの年間ランキング「iTunes Store BEST OF 2014 今年のベスト」において「ベストアルバム」として選出された[18]。アルバムリリースを記念するワンマンライブが企画され、6月に一夜限りで開催された。12月には東京・大阪・福岡の3都市で「LIVE 帰りの会・続編」を開催[19]

2015年 : 『Bremen』

1月14日に3枚目のシングル「Flowerwall」をリリース[20]。表題曲はニコン「D5500」のCMソングに起用された[21]。本シングルはオリコン週間シングルランキングにて初登場3位にランクインし、シングルチャートにおいて初めてトップ10入りを果たした。 4月1日から28日にかけて、全7会場10公演のワンマンツアー「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」を開催[22]。8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」を始めとする複数の夏フェスイベントへ出演した。9月2日には4枚目のシングル「アンビリーバーズ」をリリース[23]。表題曲はMIZUNO「WAVE ENIGMA 5」のCMソングへ起用された[24]。翌月、3枚目となるアルバム『Bremen』を発表[25]。前作よりも大衆性、普遍性を意識して制作された本作はセールス、批評の両面で評価を受け、オリコンBillboard JAPANiTunesなど主要なヒットチャートのアルバム部門で初登場1位を獲得し、同年の日本レコード大賞では優秀アルバム賞に選出された。翌年の1月9日から2月12日にかけて同作を引っ提げたワンマンツアー「米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊」を開催した[25]。また収録曲「メトロノーム」のミュージックビデオは翌年3月19日に「徳島国際短編映画祭」にて上映された[26]11月2日大阪なんばHatchロッキング・オンが主催するライブイベント「JAPAN CIRCUIT vol.54 WEST〜山崎死闘編〜」へ出演し、1番手を務めた(ほか出演者はandropクリープハイプ[27]11月4日にはRADWIMPSのメジャーデビュー10周年記念に開催された対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」のZepp Tokyo公演に出演[28]。自身のTwitterでRADWIMPSについて「高校生のときから聴いてるんだけど、そんなバンドと今になって同じステージに立てるっていうのはとても感慨深いし嬉しいです」と語っている。この年は前年の4倍にもなるライブ活動をこなした。

2016年 - 2018年 : 『BOOTLEG』

2016年

ユニバーサルスタジオジャパンの15周年を記念する「やり過ぎコラボ」へクリエイターとして参加。4月22日より自身によるスヌーピーのイラストを用いたコラボグッズが期間限定で販売された[29]

9月におよそ1年ぶりとなるシングル「LOSER/ナンバーナイン」を発表。本作から米津はソニー・ミュージックレコーズへ移籍した[30]。ミュージックビデオを市街地にて先行発表するゲリラ的なプロモーションへ話題が集まった。週間オリコンシングルランキングで初登場2位を記録し、自身のシングル作品最高位を更新した。収録曲「ナンバーナイン」はルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜」のイメージソングとして書き下ろされた。「LOSER」は発売から2年が経過した2018年にHondaJADE」のCMソングに起用された。その際にはデジタルシングルチャートのトップ10に再浮上し、2年越しのリバイバルヒットを記録した[31]。「LOSER」は2018年の7月6日にYouTube上での再生回数が1億回を突破した。この際に米津自身は「1億回ありがとうございます。これからもよろしく。」とツイートした。

中田ヤスタカによる楽曲「NANIMONO (feat. 米津玄師)」に作詞・ゲストボーカルで参加。同曲を主題歌にした映画『何者』が10月15日に劇場公開された[32]

11月23日から12月8日にかけて、ワンマンツアー「米津玄師 2016 TOUR / はうる」を開催[33]

12月10日、単行本『かいじゅうずかん』を発売[34]。単行本には「ROCKIN’ON JAPAN」に掲載されていた分に加え、新たに描き下ろしたかいじゅうやイラストと新曲「love」のCDが封入された。

2017年

2月15日に6枚目のシングル「orion」をリリース[35]。表題曲はNHKTVアニメ3月のライオン」の第2クールエンディングテーマに起用された。

6月21日に7枚目のシングル「ピースサイン」をリリースした[36]。表題曲は読売テレビ系アニメ「僕のヒーローアカデミア」第2期第1クールのオープニングテーマとして書き下ろされた。同曲のミュージックビデオは6月17日に発表されたあと、翌年9月1日にYouTube上での再生回数が1億回を突破した。

6月18日に劇場公開されたアニメ『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌であるDAOKOの楽曲「打上花火」の作詞・作曲・プロデュース・ゲストボーカルを担当[37]。楽曲は2017、18年を通してロングヒットを記録しBillboard Hot 100の2017年年間ランキングでは3位、2018年ランキングでは4位へランクインを果たした。また、2018年1月18日には同曲のYouTube上での再生回数が1億回を突破した[38]

11月1日、『Bremen』からおよそ2年1か月ぶりのアルバム『BOOTLEG』を発表[39]。過去のアルバムを大きく凌ぐ初動売上げを記録、オリコン、Billboard JAPAN、iTunesをはじめとする20を超えるチャートで初登場1位を獲得した。また、2017年のCDショップ大賞、翌年の日本レコード大賞でいずれも最高賞を獲得した。アルバムリリース日の11月1日から12月24日にかけて、ワンマンツアー「米津玄師 2017 TOUR / Fogbound」を大阪フェスティバルホールでの公演を皮切りに開催[40]

2018年

「米津玄師 2017 TOUR / Fogbound」の追加公演として2018年1月9日10日にワンマンライブ「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound」を日本武道館にて開催[41]。10日の公演ではダンサーの辻本知彦菅原小春、『BOOTLEG』収録曲の「灰色と青」でコラボレーションを果たした菅田将暉がゲストとして出演した[42]

2018年 - 現在

2018年3月14日に8thシングル「Lemon」をリリース[43]。表題曲はTBS系列ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として提供された。TVドラマへ楽曲を提供したのはキャリア初のことだった[44]。「Lemon」は発売年内にフィジカル、配信にて累計200万セールス超を記録、Billboard JAPAN Hot 100の年間チャートでは単独1位を獲得[45]、2018年度最大のヒット曲となった。山田智和が監督を務めたミュージックビデオは6月12日にYouTube上での再生回数が1億回、12月までに2億4千万回、翌年2月9日には国内のMVでは初の3億回再生を突破した。[46]。米津の手がけた曲が1億回再生を記録したのは今回で3度目であった。これにより日本人の作詞・作曲者による1億回再生達成回数が秋元康(作詞)を抜いて単独でトップとなった。同曲はSoftbank「白戸家ミステリートレイン『事件のはじまり+リョウマの事情聴取』篇」のCMソングに起用された[47]

2020年応援ソングプロジェクトに参加。小学生5人によるユニット「Foorin」の楽曲「パプリカ」をプロデュースした。

7月15日22日および8月5日の3回に渡り、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーがメイン・パーソナリティを務めるラジオ番組『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』(TOKYO FM)にゲスト出演。鈴木敏夫と共に宮崎駿監督について語り合った[48]

10月27日28日に「米津玄師 2018 LIVE / Flamingo」を幕張メッセにて開催[49]。公演ではシングル「Lemon」および月末に発売を控える「Flamingo / TEENAGE RIOT」の収録曲が初披露された。

10月31日、9枚目のシングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」をリリース[50]。本作はフィジカル発売初週におよそ22万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキングにて、初登場1位を記録した。「Flamingo」はソニーワイヤレスイヤホン「WF-SP900」CM、「TEENAGE RIOT」はGATSBYのCMシリーズ「GATSBY COP」のテーマソングに起用された。前者には楽曲だけでなく自身も出演、曲のミュージックビデオを手がけた山田智和が監督する映像内でダンスを披露した。

12月31日第69回NHK紅白歌合戦に初出場[51]。故郷である徳島県内の大塚国際美術館からの中継で「Lemon」を披露した[52]。テレビ番組に生出演し歌を披露するのはこれが初めてだった[52]

2019年

1月19日から3月11日にかけて、自身初となるアリーナツアー「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」をアスティとくしまでの公演を皮切りに開催[53]

楽曲制作としては、菅田将暉の楽曲「まちがいさがし」のプロデュースを務め、「灰色と青」以来2度目のコラボレーションを果たした[54]。自身の楽曲では、6月7日公開の劇場アニメ『海獣の子供』へ主題歌「海の幽霊」を書き下ろした[55]9月11日、10thシングル『馬と鹿』をリリース予定。表題曲『馬と鹿』は、7月7日より放送が開始されたTBS系 日曜劇場ノーサイド・ゲーム』の主題歌として書き下ろした楽曲[56]。また、当シングルからレーベルをソニー・ミュージックレコーズから、ソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Recordsに移籍する。

音楽性

米津は2009年より「ハチ」としてソロ活動を開始、おとぎ話のような物語性の色濃い楽曲がニコニコ動画上で若いユーザーを中心に人気を博した。メジャーデビュー以前は作詞・作曲・編曲だけでなく、ミュージックビデオやジャケットワークに至るビジュアルデザインまで自らこなしていた。[57]。当時はDTMによる打ち込みが主体であり、ハチ名義で活動していた中期から、本人名義のアルバム『diorama』リリースのころには、下手をすれば不協和音になりかねないメロディラインやガチャガチャとしたリズム構成をしつつも、キャッチーさを損なわない音作りが特徴的であった[58]。楽曲に表れる独特のメロディーは、自分が快感を覚える部分が他人にとって独特である、つまり「自分の快感ポイントのお陰である」と語っている。その反面王道と呼ばれるポップな曲のコード進行も気持ちいいと感じるので、自分の作品の中でも取り入れたいとも語っている[59]。「作曲においては他人と同じことをしていてもしょうがない」というのは第一にあるという。当時ハチ名義で曲を生み出していたときは、実際にドラムで叩こうとすると腕が2本では叩けないフレーズが入っている。これは意図的なものではなく、本当のドラムがどのようであるかということを知らずにいた米津の知識の欠如によるものである。「そこからガチャガチャしたいろんな音を重ねた曲ができてもそれが従来のレコーディングでは行われないっていう認識もなかった」と公言している[59]。メジャーデビュー後はサポートミュージシャンを迎え入れてバンドサウンドでの楽曲制作にシフトし、兼ねてより念頭に置かれていた「大衆性に富んだJ-POP」の制作が活発となった[60]。「普遍的なものを作ることを軸に、日本人だからこそ、J-POPとして音楽を作りたい」と語っており、歌謡曲など先人が積み上げたものをひもといて、歴史に根ざしているものを取り入れて音楽に反映することを考えながら作業をしており、10代から50代の幅広い世代から支持されていることから「このやり方は間違っていなかったんだ」と語っている[61]

楽曲には文学アニメ映画などの映像作品、漫画、テレビゲームなど、幼少時から学生時代に触れてきたものへのオマージュが度々取り入れられており、アルバム『BOOTLEG』のリリース前後から顕著である。

影響及び尊敬する人物

愛聴しているミュージシャンおよび音楽グループとしてASIAN KUNG-FU GENERATIONBUMP OF CHICKENThe CureTHE NOVEMBERSPeople In The BoxRADWIMPSザ・ウィークエンドスピッツ椎名林檎を挙げている[62][63]。中でも影響を受けたバンドとしてBUMP OF CHICKENRADWIMPSについてインタビューやラジオ番組にて語っている[64][65]

中学時代は当時の流行していたアジカンなど邦楽バンドの曲を聴き、18歳から19歳頃はトーキング・ヘッズのOnce In A Lifetime、カニエ・ウェストのStrongerなど多様な曲を聴いていた。特にヴァンパイア・ウィークエンドのデビュー・アルバムの収録曲のA-Punkは「スカスカでへなちょこな感じなんだけどメロディが綺麗で。必要な物しか残していない合理性に衝撃を受けた」とラジオで語っている[66]

音楽活動を始めた18歳の前頃に聞いた平沢進MOTHERが「人生を変えた一曲」であるとラジオ番組にて答えており、「平沢進の楽曲は聞いたことのない音楽性ですごく影響を受けた」と話している。「中でもこのMOTHERという曲は、本当に聴いた事ないような新しい音楽なんだけども、どこかに懐かしさ、郷愁感を宿している。そこには何か普遍的な何かがあると思った」、「ものすごいバランス感覚で成り立っている音楽だなと。自分の音楽でもバランス感覚を大事にしようと思えた」と当時の心境を話している。本人と接触は未だ無く、会ってみたいかと言う質問に対して「逆に、本当に尊敬する人には会いたくない」と語っている[67]

作品

スタジオ・アルバム

タイアップ

曲名 タイアップ 時期
アイネクライネ 東京メトロ 広告キャンペーン「Color your days.」CMソング[17] 2014年
Flowerwall ニコン「D5500」CMソング[21] 2015年
アンビリーバーズ MIZUNO「WAVE ENIGMA 5」CMソング[24]
シンデレラグレイ NTT西日本 電報スペシャルムービー BGM[68] 2016年
ナンバーナイン 森アーツセンターギャラリーにて開催のルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 〜漫画、9番目の芸術〜」公式イメージソング[69]
orion NHK総合TVアニメ「3月のライオン」第1シリーズ第2クール エンディングテーマ[70]
ピースサイン 読売テレビ日本テレビ系TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第2期第1クールオープニングテーマ[71] 2017年
砂の惑星 初音ミク「マジカルミライ 2017」テーマソング[72]
Lemon TBS系ドラマ「アンナチュラル」主題歌[73] 2018年
ソフトバンク CM 白戸家ミステリートレイン[74]
LOSER HondaJADE」CMソング[75]
TEENAGE RIOT GATSBY CMシリーズ「GATSBY COP」テーマソング[76]
Flamingo SONY 完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」CMソング[77]
海の幽霊 アニメーション映画「海獣の子供」主題歌[78] 2019年
馬と鹿 TBS系 日曜劇場ノーサイド・ゲーム」主題歌[79]

ミュージックビデオ

米津はメジャーデビュー以前、ハチという名義でVOCALOIDを用いた楽曲発表活動をしていた。その際自作曲のミュージックビデオの多くを自ら手がけていた。初期はマウスのみで描いたイラストレーションを用いており、動画に「マウス戦士」のタグが付与されていた。スキャナによってアナログイラストを取り込む手法の導入に際して「「マウス戦士」は今回で卒業です。」とのコメントを残している[80]。その後、ペンタブレットの導入によって、より精緻なイラストレーションを自ら描き下ろしたアニメーションビデオが用いられた。本人以外では、サークル「南方研究所」が「clock lock works」「WORLD'S END UMBRELLA」「ワンダーランドと羊の歌」「恋と病熱(米津玄師名義)」「砂の惑星」映像を手がけていた。米津玄師として活動を開始してからは、大半の映像は別の映像作家が手がけるのが主流となっている。

米津玄師名義
発表年 タイトル 監督 総再生回数[注 2]
YouTube ニコニコ動画
2012年 ゴーゴー幽霊船 米津玄師 4600万回 730万回
vivi 4000万回 450万回
恋と病熱 南方研究所 1900万回 220万回
2013年 サンタマリア 関和亮 2100万回 130万回
MAD HEAD LOVE 鎌谷聡次郎 3700万回 540万回
ポッピンアパシー 1000万回 150万回
2014年 リビングデッド・ユース 田辺秀伸 2100万回 230万回
アイネクライネ 米津玄師 2.2億回 960万回
WOODEN DOLL 不明 1400万回 150万回
2015年 Flowerwall 田辺秀伸 4700万回 200万回
アンビリーバーズ 平野文子 2900万回 160万回
フローライト 関和亮 1900万回 130万回
メトロノーム 米津玄師 5400万回 230万回
2016年 LOSER 平野文子 2.1億回 未公開
「ナンバーナイン」 東市篤憲 未公開
2017年 orion 山田健人 1.1億回
ピースサイン YDKA 1.6億回
「ゆめくいしょうじょ」 加藤隆 未公開
灰色と青 (+菅田将暉) 山田健人 1.3億回
春雷 Houxo Que[注 3] 8100万回
2018年 Lemon 山田智和 4.6億回
Flamingo 1.1億回
TEENAGE RIOT 林響太朗 2800万回
2019年 「海の幽霊 スタジオ4℃ 5200万回
ハチ名義
発表年 タイトル 映像制作 総再生回数[注 4]
YouTube ニコニコ動画
2009年 「お姫様は電子音で眠る」[注 5] 7:24[注 6] 未公開 71万回
「Persona Alice」 ハチ 80万回
「THE WORDLD END UMBRELLA」 62万回
「結ンデ開イテ羅刹ト骸」 710万回 570万回
「Qualia」 未公開 50万回
「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」 240万回
「雨降る街にて風船は悪魔と踊る」 削除
「clock lock works」 渡辺タスク・うつした 250万回 280万回
「恋人のランジェ」 ハチ 未公開 94万回
2010年 「WORLD'S END UMBRELLA」 南方研究所 180万回 150万回
「演劇テレプシコーラ」 ハチ 未公開 66万回
「沙上の夢喰い少女」 南方研究所 160万回 削除
「ワンダーランドと羊の歌」 200万回 160万回
「リンネ」 ハチ 400万回 280万回
「マトリョシカ」 2300万回 1100万回
「Christmas Morgue」 80万回 75万回
2011年 「パンダヒーロー」 1400万回 670万回
2013年 「ドーナツホール」 3000万回 700万回
2017年 「砂の惑星」 南方研究所 4100万回 640万回

イラストレーターとして

米津は音楽活動と並行してイラストレーターとしても活動している。自身のジャケットワークデザイン、アニメーションによるミュージックビデオ、CDの購入特典、ライブグッズなどに自らのイラストレーションを用いて制作している。本人のSNSでは時折自作イラストや、タイアップに関連したファンアートなどが公開されている。

来歴

米津は美術教員の免許を取得していた母親の影響で、幼児期から絵を描くのを好んでいたという[81]。それもあって音楽活動開始以前は漫画家を志していた[82]。初めて購入した漫画の単行本は『NARUTO -ナルト-』だった[83]。『BOOTLEG』収録曲の「飛燕」は宮崎駿漫画風の谷のナウシカ」をモチーフとしており、「Moonlight」の歌詞には冨樫義博による漫画「ハンターハンター」の名称が登場する。2018年11月には、コミックナタリーの「BEASTARS」の特集記事において、作者である板垣巴留と対談している[84]

作品

  • 自身のCDジャケットワーク

ミュージックビデオ

  • 自身の作品
    • ハチ名義で発表したほとんどの楽曲のビデオ
    • 「ゴーゴー幽霊船」
    • 「vivi」
    • アイネクライネ
    • 「メトロノーム」

単行本

発売日 タイトル ISBN レーベル 備考
2016年12月10日 かいじゅうずかん 978-4-86052-125-7 ロッキング・オン 『ROCKIN’ON JAPAN』で2013年8月号〜2015年12月号まで連載された「かいじゅうずかん」のイラストレーションに描き下ろし13枚を加えた画集。同内容から着想を得た楽曲「love」を収録した特典CDが付属する。

イラストレーション

ダンサーとして

米津は5thシングル「LOSER/ナンバーナイン」表題曲「LOSER」のミュージックビデオで初めてダンスを披露した。「LOSER」の曲調に符合させた"カッコイイ映像"の制作に当たって、候補としてダンスの案が持ち上がり、最終的に米津自らが踊ることに決定したのが経緯である。米津は高校生のころからダンスに興味を抱いており、自ら踊ってみたい願望も保有していた。ビデオの撮影にあたってダンサーの辻本知彦を振付に迎え、彼から数週間にわたって指導を受けており、当時を「地獄のような日々でした(それまでほとんど運動していなかったため)」と振り返っている[85]。 「LOSER」以降、米津は定期的なダンスレッスンを受け、ミュージックビデオやライブパフォーマンスにたびたびダンスを取り入れるようになった。「Flamingo」のビデオではふたたび辻本を振付に迎え、全編を通じて自らダンスを披露した。その際、辻本は「彼の踊りは万人に一人の芸術性を持っている」と評した[86]

エピソード

  • diorama』以降に用いている名義「米津玄師(よねづけんし)」は本名で、珍しい名前であることから「よねづげんし」と読み間違えられることが多い。このことを本人もたびたびネタにしている[3]。「Lemon」が「ソフトバンク CM 白戸家ミステリートレイン」に起用された際には、名前の珍しい漢字になぞらえた「米津玄鰤篇」「新米教師篇」が制作された[87]
  • TOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」を放送当初から聴いており、ラジオの公式サイト内の掲示板にも書き込みをしていたと述べている[10]
  • 2017年12月にオリコンが発表した「2017ブレイクアーティストランキング」では、TVアニメや劇場アニメへの楽曲提供、他タレントとのコラボレーションの効果もあり単独1位を獲得している。このランキングは10代〜50代別へのランキングを指標としているが、世代別のランキングではすべての部門で1位を獲得している[88]

受賞とノミネート

ノミネート対象 結果
2009年 ブログ・電子帖八番街 WebMoney Award 2009 enjoy. Award ダイヤモンド賞 受賞
2013年 diorama 第5回CDショップ大賞[89] 入賞
2014年 アイネクライネ ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014 ミュージックShort部門シネマチックアワード ノミネート
サンタマリア ミュージック・ジャケット大賞2014 ノミネート
YANKEE iTunes BEST OF 2014 ベストアルバム 受賞
2015年 第7回CDショップ大賞[90] 入賞
Bremen 第57回日本レコード大賞 優秀アルバム賞[91] 受賞
2016年 第8回CDショップ大賞[92] 入賞
米津玄師 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2016 BEST MALE ARTIST ノミネート
2017年 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2017 BEST MALE ARTIST ノミネート
打上花火 (DAOKO×米津玄師) Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2017 受賞
2018年 Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2018 受賞
Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year 2018 受賞
第32回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード 邦楽部門[93] 受賞
SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018 SONG OF THE YEAR 受賞
灰色と青 (+菅田将暉) SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018 BEST COLLABORATION 受賞
米津玄師 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018 BEST MALE ARTIST 受賞
第60回日本レコード大賞 特別賞[94] 受賞
Billboard JAPAN Top Artists of the Year 2018 受賞
BOOTLEG 第10回CDショップ大賞[95] 大賞
第60回日本レコード大賞 最優秀アルバム賞[94] 受賞
Lemon 第96回ドラマアカデミー賞 ドラマソング賞[96] 受賞
東京ドラマアウォード2018 主題歌賞[97] 受賞
MTV VMAJ 2018 最優秀ビデオ賞(Best Video of the Year)[98] 受賞
MTV VMAJ 2018 最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞(Best Male Video -Japan-)[99] 受賞
Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2018 受賞
Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2018 受賞
2019年 第33回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード 邦楽部門[100] 受賞
SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 SONG OF THE YEAR 受賞
米津玄師 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 BEST MALE ARTIST 受賞

出演

テレビ

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備号
2018年(平成30年)/第69回[108] Lemon 20/22 (対戦相手なし) 徳島県の大塚国際美術館から中継で歌唱・出演順の関係により対戦相手なし

ラジオ

CM

  • ソニー「完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」× 米津玄師」(2018年 - )[113]

ライブ

米津は2013年にメジャーデビューし、翌年にアルバム『YANKEE』をリリースして以来ライブ活動を続けている。基本的にサポートメンバーを迎え入れたバンドスタイルでの演奏に徹しており、初ライブ以来メンバーはほとんど固定されている。ギタリストの中島宏士は小学生時代からの幼馴染で、ライブでのMCでは度々おどけた掛け合いを見せている[114]

サポートメンバー

ワンマンライブ

公演年 日程 公演名 会場 備考
2014年 6月27日 米津玄師 Premium Live "帰りの会
12月2日
-
12月11日
米津玄師 LIVE "帰りの会・続編"
2015年 4月1日
-
4月28日
米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる
2016年 1月9日
-
2月12日
米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊
11月23日
-
12月8日
米津玄師 2016 TOUR / はうる
2017年 7月14日
-
7月15日
米津玄師 2017 LIVE / RESCUE
11月1日
-
12月24日
米津玄師 2017 TOUR / Fogbound
2018年 1月9日
-
1月10日
米津玄師 2018 LIVE / Fogbound 1月10日公演には、ダンサーの辻本知彦菅原小春、俳優の菅田将暉がゲスト出演。
10月27日
-
10月28日
米津玄師 2018 LIVE / Flamingo 和中和央が主催するユニットTEAM WAO、ドラムパフォーマンス集団鼓和-core-がパフォーマーとして出演。
2019年 1月19日
-
3月30日
米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 前回のライブ公演にに引き続いて鼓和-core-と、辻本知彦の主催するチームダンスユニットがパフォーマーとして出演。
2020年 2月1日
-
4月5日
米津玄師 2020 TOUR / HYPE

フェス・イベント

開催年 フェス・イベント名 出演日 会場 備考
2015年 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015[115] 8月2日 国営ひたち海浜公園 (茨城県) フェス。
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO[116] 8月14日 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ (北海道)
MONSTER baSH 2015[117] 8月22日 国営讃岐まんのう公園 (香川県)
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 -20th ANNIVERSARY-[118] 8月28日 山中湖交流プラザきらら (山梨県)
JAPAN CIRCUIT vol.54 WEST 〜山崎死闘編〜[27] 11月2日 なんばHatch (大阪府) ロッキング・オンが主催するロック・イベント。他の出演者はandropクリープハイプ
10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤[28] 11月4日 Zepp Tokyo (東京都) RADWIMPSのメジャーデビュー10周年を記念して開催された対バンツアーの初日公演。
2016年 uP!!!NEXT〜米津玄師 一夜〜[119] 2月26日 新木場STUDIO COAST (東京都) エンタメサイト「uP!!!」が企画する無料招待制ライブイベント。
新木場サンセット2016[120] 7月20日 スピッツが主催するライブイベント。
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016[121] 8月14日 国営ひたち海浜公園 (茨城県) フェス。
SUMMER SONIC 2016[122] 8月20日 舞洲サマーソニック大阪特設会場 (大阪府)
8月21日 QVCマリンフィールド&幕張メッセ (千葉県)
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016[123] 8月28日 山中湖交流プラザきらら (山梨県)
2018年 The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN[124] 12月18日 幕張メッセ国際展示場9~11ホール ザ・ウィークエンドの初来日公演にスペシャルゲストとして出演。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 曲に動画を合わせたもの。
  2. ^ 2019年5月時点
  3. ^ 映像演出家としてクレジット
  4. ^ 2019年3月時点
  5. ^ 映像作品ではなくリリックビデオ
  6. ^ イラストレーション単体のみ

出典

  1. ^ ハチ (2010年1月15日). “「ペテン師が笑う頃に」歌ってみた 蛙屋”. ニコニコ動画. 2018年4月27日閲覧。
  2. ^ a b 米津玄師 [@hachi_08] (2014年5月24日). "...「よねづけんし」と読みます。知らない人は絶対読めないのでしょうがないんだけど、本名なんです。" (ツイート). Retrieved 2018年5月6日 – via Twitter.
  3. ^ a b c 米津玄師 [@hachi_08] (2015年1月27日). "そんで「よねづけんし」って読むんだけど、もうげんしでも別にいいやと思ってるこの頃です。身長も188センチくらいあってびっくりされます。..." (ツイート). Retrieved 2018年5月3日 – via Twitter.
  4. ^ a b PROFILE”. 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」. 2018年4月27日閲覧。
  5. ^ 株式会社インプレス (2019年9月30日). “米津玄師「Lemon」300万ダウンロード突破! 平成生まれのアーティストで史上初” (日本語). AV Watch. 2019年10月2日閲覧。
  6. ^ “BUMP OF CHICKENがいて、RADWIMPSがいて、自分がいること。”. cakes (ピースオブケイク). (2015年12月28日). https://cakes.mu/posts/11821 2019年1月30日閲覧。 
  7. ^ 「特集 ボーカロイドが変えた音楽の「リアル」!! 現在進行形のポップミュージック革命に迫る!」『MUSICA Vol.67 2012年11月号』2012年11月号、Fact、2012年11月15日、 28-37頁。
  8. ^ “若手ボカロP・ハチさんのインタビューを掲載! プレゼントも”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2010年1月21日). http://dengekionline.com/elem/000/000/229/229821/index-2.html 2012年7月10日閲覧。 
  9. ^ 米津玄師さんインタビュー〈上〉=ニチヤン 10代、20代を応援するページ”. 徳島新聞WEB. 徳島新聞社 (2015年12月10日). 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月12日閲覧。
  10. ^ a b c 『 夢の職業★3DAYS 』-DAY2- 米津玄師先生、初来校!!!”. SCHOOL OF LOCK. TOKYO-FM (2012年6月13日). 2016年2月12日閲覧。
  11. ^ a b “ハチ=米津玄師、1stアルバム『diorama』発表”. ナタリー (ナターシャ). (2012年4月27日). http://natalie.mu/music/news/68569 2012年7月8日閲覧。 
  12. ^ 電子帖八番街 WebMoney Award 2009”. WebMoney Corporation. 2013年10月28日閲覧。
  13. ^ “「ニコ動」人気クリエイター8組が音楽レーベル設立!”. オリコンスタイル (オリコン). (2011年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/music/85426/full/ 2012年7月10日閲覧。 
  14. ^ “米津玄師1stアルバム「diorama」インタビュー”. 音楽ナタリー (natalie). https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2 2018年12月27日閲覧。 
  15. ^ a b “米津玄師「サンタマリア」インタビュー”. ナタリー (ナターシャ): p. 2. (2013年5月24日). http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi02/page/2 2013年6月9日閲覧。 
  16. ^ “米津玄師、2年9カ月ぶり「ハチ」名義でボカロ楽曲公開”. ナタリー (ナターシャ): p. 1. (2013年10月28日). http://natalie.mu/music/news/102376 2013年10月30日閲覧。 
  17. ^ a b “米津玄師の新曲「アイネクライネ」、東京メトロCMに”. ナタリー (ナターシャ). (2014年3月27日). http://natalie.mu/music/news/113121 2015年9月4日閲覧。 
  18. ^ “米津玄師「YANKEE」がiTunesの選ぶ今年の“ベストアルバム”に決定”. (2014年12月9日). http://www.musicman-net.com/artist/42519.html 2014年12月9日閲覧。 
  19. ^ “米津玄師、怒濤の3大活動を発表!”. EMTG MUSIC. (2014年10月10日). http://music.emtg.jp/news/2014100447560dcc0 2014年10月25日閲覧。 
  20. ^ “米津玄師、3曲入り新作に画集+DVD付き盤も”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月14日). http://natalie.mu/music/news/130132 2015年9月4日閲覧。 
  21. ^ a b “米津玄師「Flowerwall」が小栗旬出演ニコンCMソングへ”. ナタリー (ナターシャ). (2014年10月30日). http://natalie.mu/music/news/136120 2015年9月4日閲覧。 
  22. ^ “米津玄師、ワンマンツアー「花ゆり落ちる」詳細決定”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月25日). http://natalie.mu/music/news/134751 2015年9月4日閲覧。 
  23. ^ “ステッカー&ライブ写真、米津玄師ニューシングルは豪華パッケージ”. ナタリー (ナターシャ). (2015年7月4日). http://natalie.mu/music/news/152864 2015年9月4日閲覧。 
  24. ^ a b “米津玄師、ランニングシューズのCMソングに決定!”. RO69. (2015年10月1日). https://rockinon.com/news/detail/131651 2015年10月1日閲覧。 
  25. ^ a b “米津玄師、14曲入りアルバム「Bremen」を10月に”. ナタリー (ナターシャ). (2015年8月28日). http://natalie.mu/music/news/158452 2015年9月4日閲覧。 
  26. ^ “米津玄師、故郷・徳島の映画祭で「メトロノーム」MV上映”. ナタリー (ナターシャ). (2016年3月4日). http://natalie.mu/music/news/178633 2016年4月4日閲覧。 
  27. ^ a b “「JAPAN CIRCUIT」にandrop&米津玄師が登場”. ナタリー (ナターシャ). (2015年9月9日). http://natalie.mu/music/news/159507 2016年4月29日閲覧。 
  28. ^ a b “RADWIMPSの胎盤ツアー開幕、“ライバル”米津玄師と「有心論」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年11月8日). http://natalie.mu/music/news/165337 2016年4月29日閲覧。 
  29. ^ “米津玄師×USJ15周年、「やり過ぎコラボ」の描き下ろしイラスト公開”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月21日). http://natalie.mu/music/news/184385 2018年2月14日閲覧。 
  30. ^ “米津玄師、両A面シングル発売&仮想と現実を行き来するトレイラー公開”. ナタリー (ナターシャ). (2016年7月29日). http://natalie.mu/music/news/196419 2016年7月29日閲覧。 
  31. ^ “Billboard Download Songs(7/9付)、米津玄師DLソング首位キープ&DA PUMPストリーミング1位に”. musican.net (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2018年7月4日). https://www.musicman-net.com/business/76978 2018年7月8日閲覧。 
  32. ^ “佐藤健、有村架純ら出演映画「何者」主題歌は中田ヤスタカ×米津玄師”. ナタリー (ナターシャ). (2016年8月5日). http://natalie.mu/music/news/197143 2016年8月5日閲覧。 
  33. ^ “米津玄師、11月よりワンマンツアー「はうる」”. ナタリー (ナターシャ). (2016年8月4日). http://natalie.mu/music/news/197076 2016年8月4日閲覧。 
  34. ^ “米津玄師、初の単行本「かいじゅうずかん」に新曲CD付属&発売日も決定”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月28日). http://natalie.mu/music/news/207244 2017年11月27日閲覧。 
  35. ^ “米津玄師「3月のライオン」新ED曲を書き下ろし「ぐるぐる考えながら音楽を作りました」”. ナタリー (ナターシャ). (2016年12月8日). http://natalie.mu/music/news/212509 2018年2月14日閲覧。 
  36. ^ “米津玄師「僕のヒーローアカデミア」OPをシングルリリース”. ナタリー (ナターシャ). (2017年5月10日). http://natalie.mu/music/news/231981 2017年11月27日閲覧。 
  37. ^ “DAOKO×米津玄師「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌担当”. ナタリー (ナターシャ). (2017年6月18日). http://natalie.mu/music/news/238552 2017年11月27日閲覧。 
  38. ^ “DAOKO×米津玄師“打上花火”MV、YouTube再生回数が1億回を突破”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年1月18日). https://rockinon.com/news/detail/172252 2018年2月14日閲覧。 
  39. ^ “米津玄師、ニューアルバム「BOOTLEG」詳細発表”. ナタリー (ナターシャ). (2017年9月15日). http://natalie.mu/music/news/248900 2017年11月27日閲覧。 
  40. ^ “米津玄師、20公演行う最大規模ワンマンツアー「Fogbound」”. ナタリー (ナターシャ). (2017年5月19日). http://natalie.mu/music/news/233276 2017年8月29日閲覧。 
  41. ^ “米津玄師、来年1月に日本武道館2DAYS”. ナタリー (ナターシャ). (2017年9月8日). http://natalie.mu/music/news/247940 2017年9月12日閲覧。 
  42. ^ “米津玄師、ツアーファイナル日本武道館は絶対的な「繋がり」のライブだった”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年1月10日). https://rockinon.com/news/detail/171944 2018年1月11日閲覧。 
  43. ^ “米津玄師「アンナチュラル」主題歌「Lemon」をホワイトデーにリリース”. ナタリー (ナターシャ). (2018年1月19日). https://natalie.mu/music/news/265866 2018年3月13日閲覧。 
  44. ^ “米津玄師、初のドラマ主題歌担当 石原さとみ主演『アンナチュラル』に新曲書き下ろし”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年12月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2102356/full/ 2017年12月19日閲覧。 
  45. ^ “Billboard Japan Hot 100 Year End”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100_year&year=2018 2018年12月27日閲覧。 
  46. ^ “米津玄師、「Lemon」Music Videoが2億回再生を突破!!” (プレスリリース), 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ, (2018年11月5日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001738.000013546.html 2018年11月25日閲覧。 
  47. ^ “米津玄師「Lemon」がソフトバンク白戸家ミステリー仕立ての新CMに登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月1日). https://natalie.mu/music/news/297887 2018年9月8日閲覧。 
  48. ^ “米津玄師がスタジオジブリ鈴木敏夫と初対談、3回にわたってOA”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月9日). https://natalie.mu/music/news/290309 2018年7月9日閲覧。 
  49. ^ “米津玄師、10月に幕張メッセ2DAYS決定。「Lemon」に最速先行封入”. BARKS (JAPAN MUSIC NETWORK). (2018年2月2日). https://www.barks.jp/news/?id=1000151521 2018年2月8日閲覧。 
  50. ^ “米津玄師シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」発売、スマホリングやサイコロ付きも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月7日). https://natalie.mu/music/news/298699 2018年9月8日閲覧。 
  51. ^ 米津玄師 出場決定 !”. NHK (2018年12月26日). 2018年12月26日閲覧。
  52. ^ a b “米津さん紅白出場、古里で「Lemon」初のテレビ生出演&歌唱、徳島中継は番組初 亡き祖父悼んで作った曲、思い出の地で”. 徳島新聞WEB (徳島新聞社). (2018年12月26日). https://www.topics.or.jp/articles/-/142871 2018年12月26日閲覧。 
  53. ^ “米津玄師、2019年1月に地元・徳島で初のアリーナツアースタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月26日). https://natalie.mu/music/news/301258 2018年9月29日閲覧。 
  54. ^ “菅田将暉、米津玄師の提供曲「まちがいさがし」配信決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月23日). https://natalie.mu/music/news/329034 2019年4月28日閲覧。 
  55. ^ “米津玄師が映画「海獣の子供」主題歌「海の幽霊」書き下ろし、新たな髪色の写真公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月24日). https://natalie.mu/music/news/329163 2019年4月28日閲覧。 
  56. ^ “ドラマ「ノーサイド・ゲーム」主題歌は米津玄師、第1話の放送でサプライズ発表”. ザテレビジョン (KADOKAWA CORPORATION). (2019年7月7日). https://thetv.jp/news/detail/196415/ 2019年7月7日閲覧。 
  57. ^ “米津玄師 - 待望のニューアルバム『YANKEE』がリリースされた”. M-ON! MUSIC (M-ON!). (2014年4月25日). https://www.m-on-music.jp/0000095460/2/ 2018年12月27日閲覧。 
  58. ^ “米津玄師「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」インタビュー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi03 2018年12月27日閲覧。 
  59. ^ a b “ナタリー -【Power Push】 米津玄師「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」インタビュー(2/3)”. ナタリー (ナターシャ). (2013年10月18日). http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi03/page/2 2013年10月18日閲覧。 
  60. ^ “米津玄師「BOOTLEG」インタビュー”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation). http://www.billboard-japan.com/special/detail/2134 2018年12月27日閲覧。 
  61. ^ “米津玄師の歌詞への思い、祖父の死乗り越え「果たして正しかったのかどうか」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年3月13日). https://www.oricon.co.jp/special/50876/ 2019年1月3日閲覧。 
  62. ^ SCHOOL OF LOCK!”. www.tfm.co.jp. 2019年10月2日閲覧。
  63. ^ Inc, Natasha. “米津玄師「Flamingo / TEENAGE RIOT」インタビュー|“終着点”のその先で見つめたもの - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年10月2日閲覧。
  64. ^ “BUMP OF CHICKENがいて、RADWIMPSがいて、自分がいること。”. cakes (ピースオブケイク). (2015年12月28日). https://cakes.mu/posts/11821 2019年1月30日閲覧。 
  65. ^ SAPPORO BEER OTOAJITO”. J-Wave. 2019年10月2日閲覧。
  66. ^ SAPPORO BEER OTOAJITO” (日本語). J-WAVE SAPPORO BEER OTOAJITO. 2019年9月6日閲覧。
  67. ^ SAPPORO BEER OTOAJITO”. J-Wave. 2019年10月2日閲覧。
  68. ^ “米津玄師「シンデレラグレイ」がBGM、元乃木坂46の伊藤寧々主演ムービー”. ナタリー (ナターシャ). (2016年3月25日). http://natalie.mu/music/news/180977 2016年4月29日閲覧。 
  69. ^ “米津玄師、ルーヴル美術館特別展の公式イメージソングを書き下ろし”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月19日). http://natalie.mu/music/news/184137 2016年4月29日閲覧。 
  70. ^ 米津玄師「3月のライオン」新ED曲を書き下ろし「ぐるぐる考えながら音楽を作りました」”. ナターシャ. 2016年12月7日閲覧。
  71. ^ “「僕のヒーローアカデミア」OPは米津玄師、EDはLittle Glee Monster”. ナタリー (ナターシャ). (2017年2月20日). http://natalie.mu/comic/news/221415 2017年2月20日閲覧。 
  72. ^ “米津玄師「ハチ」名義で4年ぶり新曲発表、「マジカルミライ」テーマ曲”. ナタリー (ナターシャ). (2017年3月17日). http://natalie.mu/comic/news/224943 2017年4月8日閲覧。 
  73. ^ “米津玄師が初のドラマ主題歌、石原さとみ主演「アンナチュラル」を新曲で彩る”. ナタリー (ナターシャ). (2017年12月14日). http://natalie.mu/comic/news/261068 2017年12月15日閲覧。 
  74. ^ “米津玄師、"Lemon"がソフトバンク新CMに起用&"ピースサイン"MVが自身5作品目の1億再生突破”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年9月3日). https://rockinon.com/news/detail/179760 2018年11月22日閲覧。 
  75. ^ “米津玄師の「LOSER」がHonda「JADE」のCMソングに決定、本日からOAスタート”. ナタリー (ナターシャ). (2018年5月17日). https://natalie.mu/music/news/282593 2018年9月20日閲覧。 
  76. ^ “米津玄師、柳楽優弥&新田真剣佑W主演GATSBY新CMシリーズのテーマソング担当”. ナタリー (ナターシャ). (2018年9月20日). https://natalie.mu/music/news/300355 2018年9月20日閲覧。 
  77. ^ “米津玄師、初のCM出演はソニー新イヤホン「特に気負うことなくできた」”. ナタリー (ナターシャ). (2018年10月23日). https://natalie.mu/music/news/304790 2018年10月26日閲覧。 
  78. ^ “米津玄師が映画「海獣の子供」主題歌「海の幽霊」書き下ろし、新たな髪色の写真公開”. ナタリー (ナターシャ). (2019年4月24日). https://natalie.mu/music/news/329163 2019年4月24日閲覧。 
  79. ^ “ドラマ「ノーサイド・ゲーム」主題歌は米津玄師、第1話の放送でサプライズ発表”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年7月7日). https://thetv.jp/news/detail/196415/ 2019年7月7日閲覧。 
  80. ^ 【オリジナル曲PV】Qualia【初音ミク】”. dwango (2009年8月4日). 2019年2月5日閲覧。
  81. ^ cakes (ピースオブケイク). (2015年12月29日). https://cakes.mu/posts/11822+2019年1月30日閲覧。 
  82. ^ 米津玄師 ハチさんのツイート”. Twitter (2015年5月18日). 2018年11月9日閲覧。
  83. ^ “「BEASTARS」特集 板垣巴留×米津玄師対談”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/pp/beastars/page/3 2019年1月30日閲覧。 
  84. ^ “「BEASTARS」特集 板垣巴留×米津玄師対談”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/pp/beastars 2018年11月9日閲覧。 
  85. ^ 米津玄師 「LOSER / ナンバーナイン」インタビュー
  86. ^ “米津玄師、「Flamingo」に見る身体表現における芸術性 辻本知彦が絶賛するダンスセンスに迫る”. Yahooニュース (YAHOO JAPAN). (2018年11月16日). https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00010026-realsound-musi 2019年2月28日閲覧。 
  87. ^ 米津玄師 ハチさんのツイート” (2018年12月24日). 2018年12月27日閲覧。
  88. ^ “2017ブレイクアーティストランキング”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年11月30日). https://www.oricon.co.jp/special/50483/ 2017年12月20日閲覧。 
  89. ^ “CDショップ大賞入賞7作品決定、過去受賞者登場ライブも”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年2月4日). https://natalie.mu/music/news/84260 2019年2月26日閲覧。 
  90. ^ “「CDショップ大賞」大賞候補はこの10タイトル”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年2月4日). https://natalie.mu/music/news/137758 2019年2月26日閲覧。 
  91. ^ “レコ大候補にゲス乙女、きゃりーらヒット曲&最優秀アルバム賞はサザン”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年11月20日). https://natalie.mu/music/news/166587 2019年2月26日閲覧。 
  92. ^ “星野源が「CDショップ大賞」受賞、準大賞は水カン&WANIMA”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月9日). https://natalie.mu/music/news/179177 2019年2月26日閲覧。 
  93. ^ “安室奈美恵が21年ぶりゴールドディスク大賞受賞!BIGBANG、DAOKO×米津らも部門賞”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年2月27日). https://natalie.mu/music/news/271254 2019年2月26日閲覧。 
  94. ^ a b “「日本レコード大賞」候補にTWICEやDA PUMP、最優秀アルバム賞は米津玄師”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月16日). https://natalie.mu/music/news/308176 2019年2月26日閲覧。 
  95. ^ “米津玄師、「CDショップ大賞」で初の大賞受賞”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年3月8日). https://natalie.mu/music/news/272635 2019年2月26日閲覧。 
  96. ^ “米津玄師、“Lemon”がドラマアカデミー賞「最優秀ドラマソング賞」を受賞”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年5月2日). https://rockinon.com/news/detail/175742 2019年2月26日閲覧。 
  97. ^ “東京ドラマアウォード2018:「おっさんずラブ」がグランプリなど3冠 田中圭が主演男優賞 吉田鋼太郎が助演男優賞”. MANTANWEB. (2018年10月25日). https://mantan-web.jp/article/20181025dog00m200024000c.html 2018年10月25日閲覧。 
  98. ^ “MTV「VMAJ」大賞は米津玄師!三浦大知、aiko、欅坂らもパフォーマンス披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月10日). https://natalie.mu/music/news/303238 2018年10月12日閲覧。 
  99. ^ “「MTV VMAJ」今年は星野源が2冠、特別賞は三浦大知&宇多田ヒカル”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月7日). https://natalie.mu/music/news/298693 2018年9月8日閲覧。 
  100. ^ “「ゴールドディスク大賞」は2年連続の安室奈美恵、部門賞にKing & Princeや米津玄師ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月26日). https://natalie.mu/music/news/321483 2019年2月26日閲覧。 
  101. ^ “本人インタビューも!スペシャ「米津玄師 SPECIAL」放送”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月17日). https://natalie.mu/music/news/114650 2018年12月30日閲覧。 
  102. ^ “「めざましテレビ」で「ルーヴルNo.9」展のイラスト初公開!!”. REISSUE RECORDS (KENSHI YONEZU/reissue records). (2016年7月13日). http://reissuerecords.net/2016/07/13/%E3%80%8C%E3%82%81%E3%81%96%E3%81%BE%E3%81%97%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%80%8C%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%ABno-9%E3%80%8D%E5%B1%95%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9/ 2018年12月27日閲覧。 
  103. ^ “日本テレビ系「ZIP!」で特集インタビューO.A!”. REISSUE RECORDS (KENSHI YONEZU/reissue records). (2016年9月22日). http://reissuerecords.net/2016/09/22/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E7%B3%BB%E3%80%8Czip%E3%80%8D%E3%81%A7%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BCo-a%EF%BC%81/ 2018年12月27日閲覧。 
  104. ^ “米津玄師、本日『NEWS ZERO』でインタビューOA。菅田将暉との武道館ライブ映像もTV初公開”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2018年3月8日). https://rockinon.com/news/detail/173892 2018年12月27日閲覧。 
  105. ^ “米津玄師プロデュース「パプリカ」MV公開、本日よりNHKでドキュメンタリー放送”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月19日). https://natalie.mu/music/news/291779 2018年12月30日閲覧。 
  106. ^ “米津玄師の未公開インタビュー「内村五輪宣言!」でオンエア”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月24日). https://natalie.mu/music/news/292344 2018年12月30日閲覧。 
  107. ^ “メディア出演情報-Flamingo / TEENAGE RIOT”. REISSUE RECORDS (KENSHI YONEZU/reissue records). (2018年12月12日). http://reissuerecords.net/2018/12/12/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%87%BA%E6%BC%94%E6%83%85%E5%A0%B1-flamingoteenage-riot/ 2018年12月27日閲覧。 
  108. ^ “米津玄師が「紅白歌合戦」初出場、故郷徳島から生中継で「Lemon」を歌う”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月26日). https://natalie.mu/music/news/313823 2018年12月30日閲覧。 
  109. ^ “米津玄師、アルバム『BOOTLEG』を制作するうえで「影響を受けたもの」を語る”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2017年9月30日). https://rockinon.com/news/detail/167741 2018年12月30日閲覧。 
  110. ^ “菅田将暉×米津玄師『ANN』で初対談「ものすごく熱い人」「意識せざるを得ない人」”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年10月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2099118/full/ 2019年1月3日閲覧。 
  111. ^ “米津玄師「Lemon」商品写真到着、野木亜紀子との「アンナチュラル」対談放送決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年2月23日). https://natalie.mu/music/news/270831 2018年12月30日閲覧。 
  112. ^ “米津玄師がスタジオジブリ鈴木敏夫と初対談、3回にわたってOA”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月9日). https://natalie.mu/music/news/290309 2019年1月3日閲覧。 
  113. ^ “米津玄師、初のCM出演はソニー新イヤホン「特に気負うことなくできた」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月23日). https://natalie.mu/music/news/304790 2019年1月3日閲覧。 
  114. ^ “米津玄師【RESCUE】かつての孤独な少年による、かつての孤独な少年のための“救いの手””. Billboard JAPAN (Billboard). (2017年7月27日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/53701/2 2019年2月23日閲覧。 
  115. ^ “RIJFにPerfume、林檎、スピッツ、レベッカ、米津、MWAM、クリープら82組”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月12日). http://natalie.mu/music/news/146958 2016年4月13日閲覧。 
  116. ^ “RSR第3弾に聖飢魔II、MWAM、KANA-BOON、米津、LOUDNESSら20組”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月18日). http://natalie.mu/music/news/147518 2016年4月13日閲覧。 
  117. ^ “「MONSTER baSH」第2弾はPerfume、MWAM、クリープ、米津玄師ら10組”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月1日). http://natalie.mu/music/news/145998 2016年4月13日閲覧。 
  118. ^ “SLS第2弾にPerfume、RAD、米津ら12組&日割り明らかに”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月20日). http://natalie.mu/music/news/147771 2016年4月13日閲覧。 
  119. ^ “米津玄師、新木場コーストで招待制ワンマンライブ開催”. ナタリー (ナターシャ). (2015年11月2日). http://natalie.mu/music/news/164726 2016年4月29日閲覧。 
  120. ^ “夏のスピッツ企画にコレクターズ、清水ミチコ、syrup16g、米津玄師ら”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月20日). http://natalie.mu/music/news/184202 2016年4月29日閲覧。 
  121. ^ “「ROCK IN JAPAN FES」第1弾でベビメタ、いきもの、UVER、ユニゾンら22組”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月15日). http://natalie.mu/music/news/183790 2016年4月16日閲覧。 
  122. ^ “サマソニ第5弾でゲス乙女、indigo、上原ひろみ、米津玄師ら”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月13日). http://natalie.mu/music/news/183377 2016年4月13日閲覧。 
  123. ^ “「SLS」にクリープ、ユニゾン、ブルエン、米津玄師、フレデリック、JUON追加”. ナタリー (ナターシャ). (2016年6月15日). http://natalie.mu/music/news/190964 2016年6月19日閲覧。 
  124. ^ “米津玄師、ザ・ウィークエンド初来日公演に出演「まさかこんな日が来るとは」(コメントあり)”. ナタリー (ナターシャ). (2018年11月22日). https://natalie.mu/music/news/308984 2018年11月22日閲覧。 

外部リンク