メインメニューを開く

教林坊(きょうりんぼう)は、滋賀県近江八幡市安土町にある天台宗仏教寺院聖徳太子により開かれたと伝わり、石窟に祀られた伝聖徳太子作の石仏「赤川観音」を本尊とする。寺名は林の中で太子が説法したことに由来するとされ、境内を真っ赤に染める紅葉の名所および巨石を用いた桃山時代の庭園で知られている。

教林坊
書院
書院
所在地 日本の旗 日本 滋賀県近江八幡市安土町石寺1145
位置 北緯35度8分20.0秒
東経136度9分50.2秒
山号 繖山
宗派 天台宗
本尊 赤川観音
創建年 推古13年(605年
開基 聖徳太子
正式名 繖山教林坊
別称 石の寺
文化財 庭園、書院、表門、木造釈迦如来坐像(市指定)
法人番号 5160005006996
教林坊の位置(滋賀県内)
教林坊
テンプレートを表示
書院の「掛軸庭園」
「遠州庭園」と本堂
総門

境内の地面は至るところで生して古刹然としており、小堀遠州作と伝わる庭には苔生した庭石、巨石が点在している。この様を白洲正子は著書『かくれ里』で『石の寺』と題し紹介している。

また、庭園に面した書院(市指定文化財)、土蔵、山門は江戸時代の茅葺きで、庭園と相まって侘びさびの風情を醸し出し、とくに書院からの眺めは「掛け軸庭園」と呼ばれ、四季折々に移り変わる山水画となる。

境内の施設編集

  • 本堂 等身大の十一面観音、仁王像、願掛不動明王等を祀る
  • 霊窟 - 本尊の石仏赤川観音を祀る
  • 太子の説法岩
  • 庫裏(書院) - 江戸時代前期築、茅葺、合掌造り、付書院に「掛軸庭園」
  • 表門 - 江戸時代
  • 総門 茅葺、江戸時代の長屋門を移転改築
  • 庭園
    • 書院西面庭園「遠州庭園」 - 桃山時代、伝小堀遠州作。巨石を用いて枯れ滝・鶴島・亀島などを表す池泉回遊式庭園
    • 書院南面庭園「普陀落の庭」 - 室町時代
  • 経蔵 茅葺、江戸時代
  • 水琴窟

寺宝、文化財編集

  • 市指定有形文化財
    • 庫裏(書院)
    • 表門
    • 木造釈迦如来坐像 - 室町時代
  • 市指定文化財名勝
    • 庭園
  • 未指定
    • 不動明王(秘仏)
    • 鬼の角
    • 鬼の掛け軸

行事編集

  • 紅葉ライトアップ 毎年11月15日~12月5日
  • 春秋会のお茶会 - 4月と10月
  • 香道の会 - 教林坊流

拝観編集

  • 開門日 - 春の公開:4月5月の土日祝休日 秋の公開:11月1日~12月10日それ以外は非公開。
  • 開門時間 - 9:30~16:30
  • 紅葉ライトアップ 11月15日~12月5日(17:30~19:00、18:30受付終了)
  • 拝観料 春 大人600円(20名以上550円)、小中学生200円。
  •     秋 大人700円(20名以上600円)、小中学生200円

交通アクセス編集

  • JR 安土駅 タクシー10分または徒歩60分
  • 名神高速道路竜王インターチェンジから車で20分
  • 名神高速道路彦根インターチェンジから車で40分
※駐車場あり(普通車80台・大型バス5台)バスは必ず事前連絡。4台目以降は回送ください。

周辺編集

参考文献編集

  • 「侘びさびのかくれ里 石の寺 教林坊」パンフレット(2012年11月8日閲覧)
  • 週刊仏教タイムス連載「荒れ寺復興録」(平成21年6月11日-8月27日、全10回)(2012年11月8日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集