彦根インターチェンジ

日本の滋賀県彦根市にある名神高速道路のインターチェンジ

彦根インターチェンジ(ひこねインターチェンジ)は、滋賀県彦根市原町にある名神高速道路インターチェンジである。

彦根インターチェンジ
Hikone I.C.JPG
彦根インターチェンジ(出口料金所)
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 28
料金所番号 01-206
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0306.svgJapanese National Route Sign 0008.svg 彦根
起点からの距離 413.4 km(東京IC起点)
米原JCT (7.9 km)
(4.6 km) 多賀SA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0306.svg国道306号
供用開始日 1964年昭和39年)4月12日
通行台数 11,053台/日(2018年度)[1]
所在地 522-0023
滋賀県彦根市原町366
北緯35度15分32.3秒 東経136度16分44.15秒 / 北緯35.258972度 東経136.2789306度 / 35.258972; 136.2789306
テンプレートを表示

概要編集

歴史編集

道路編集

接続道路編集

料金所編集

  • ブース数:5

入口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC•一般:1

出口編集

  • ブース数:3
    • ETC専用:2
    • 一般:1

周辺編集

彦根バスストップ編集

彦根バスストップ(ひこねバスストップ)は、滋賀県彦根市にある名神高速道路彦根IC出入口の間に挟まれた場所にあるバス停留所。バス事業者では名神彦根(めいしんひこね)の名称を用いていた。

料金所の内側(高速バス用)と外側(路線バス用)の2箇所に存在するが、現在ではこのバス停に停車するバスは存在しない。

国鉄時代、湖東線東海道本線)は新快速草津以西でしか運転されておらず、彦根駅に停車する列車は普通列車(京都以西快速)が1時間に1~2往復程度(昼間)というまばらで不便なダイヤであったため、当バスストップを利用する者も多く、特急便も停車していた。しかし1980年代後半以降、新快速の米原方面への運転区間延長・増発・新型車両投入など琵琶湖線の輸送改善を次々に行うようになると、彦根から京都・大阪への移動にはJRの彦根駅を利用した方が利便性が良くなったため、次第にバスからJR琵琶湖線の新快速に転移するようになり、当バスストップの利用者は激減して廃止に追い込まれた[要出典]

歴史編集

  • 2002年6月1日 : 名神ハイウェイバス急行便の廃止に伴い、バス停も廃止となる。

編集

E1 名神高速道路
(27) 関ヶ原IC - 伊吹PA - (27-1) 米原JCT - (28) 彦根IC - 多賀SA/スマートIC(スマートICは事業中) - (28-1) 湖東三山PA/スマートIC - (29) 八日市IC

脚注編集

  1. ^ 滋賀県統計書 平成30年度(2018年度) 高速道路インターチェンジ別出入交通量 (PDF)”. 滋賀県総合企画部統計課 (2020年3月13日). 2021年1月23日閲覧。

関連項目編集