文公(ふんこう、生年不詳 - 紀元前536年)は、春秋時代君主。姓は姒、名は益姑。桓公の子。紀元前550年3月、兄の孝公が死去すると、後を嗣いで杞伯となった。

文公
王朝
在位期間 前550年 - 前536年
姓・諱 姒益姑
諡号 文公
没年 紀元前536年
桓公

紀元前549年などの諸侯と夷儀で会合した。紀元前548年5月、晋・魯・宋・衛・鄭・曹などの諸侯と夷儀で会合した。紀元前545年夏、晋の平公に朝見した。紀元前544年、晋を中心とする諸侯の支援を得て、城壁を修築した。紀元前543年、晋・斉・魯・宋・衛・鄭・曹などの諸侯と澶淵で会合した。

紀元前536年1月、死去した。在位14年。

参考文献編集

先代:
孝公
の君主
紀元前550年 - 紀元前536年
次代:
平公